2017.09.15 (Fri)

SOOS

フランティシュコヴィ ラーズニェの北東約6kmの所に221haの広さで国立自然指定地SOOSが広がっています。
チェコほぼ最西部の町Chebのそばでもうドイツとの国境に近い所です。


この地域はその昔、暖房のための泥炭、入浴のための泥、耐火煉瓦生産のための珪藻土を採掘しており、ミネラルウォーターからはバスソルトが取れ、木材を伐採し家畜のための草を刈っていました。
しかし1964年にそれら採掘を中止して、自然保護区に指定されたのです。


SOOSではたくさんのミネラル源泉があり、地中からポコポコと赤茶色の水が湧き出しています。
春になると水量も多く、かなり綺麗な景色が見えるとSOOS係員が言っていましたが、湿地に作られた自然トレイルを歩いていると、水が少なくても結構面白いのです。


堆積している泥炭や珪藻土が広がり、その表面にはクレーターのような丸穴が開いており、そこから二酸化炭素を含んだ水泡がプクプクと出ています。
モフェッタ、炭酸泉と言うようです。
冬になるとその炭酸泉が凍り、柱のようにもなると写真で見ました。
地質学好きにはたまりませんね。


この湿地には特徴的な動植物がおり、鳥類で100種、昆虫に至っては1000種類も生息しているそうです。
カワセミや黒ツル、ミズグモや多種の蝶など、こちらは生き物好きにはたまらない場所となるのです。


もちろん、地質にも生き物にも興味がない方でも、自然の作り出した芸術的な風景の中をただただ歩くだけでも構いませんから、散歩好きにはたまらないでしょう。


私は今回、自然トレイルを歩きながら炭酸泉にのみ目が行ってしまっておりましたが、もし次回、季節を変えて来るのならば、そのような動植物にも注目してみたいと思いました。
特に鶴を見てみたいですね。
いつチェコに飛来して来るのでしょうか?
チェコは越冬地なのか、それとも春?夏?


もし冬に来るのならば、写真で見た炭酸泉が凍って柱になっている状態を見てみたいです。


そして係員が水量の多い春が綺麗と言っていたので、やはり春にまた来るしかありません。
一面が水で覆われ、花も咲き、確かに綺麗な景色が想像できます。


さてあなたはどの季節のSOOSを見てみたいですか?


それほど広くない自然トレイルで1時間もあればひとまわりできます。
あと入場料が掛かります。
90コルナでした。


さあ、みんなも行ってみましょう。




スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:51  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.09.10 (Sun)

RIMOWA

今やスーツケース界では一番人気のかもしれないRIMOWA。
プラハにも高級店通りになったパリ通りに店舗を構え、毎日のようにC国のツーリストがどデカイスーツケースを買って、ゴロゴロゴロゴロパリ通りを引きずり歩いている。


わざわざ記すまでもないが、このRIMOWAは1898年に創業され、本社はドイツのケルンにある。
そして現在はドイツ、ブラジル、カナダ、そしてチェコに工場があり、あのスーツケースを生産しているのだ。
だからあなたが持っているRIMOWAはひょっとしたらチェコ産かもしれない。
チェコ工場はPelhřimovの工場地帯にある。しかし残念ながら直営店やOutlet店は無い。
あったら良いのになぁと思うが、無いのだから仕方がない。


敷地外から工場を覗き見ていたら、スーツケースの元なのか、中央部が空洞のプラスチック板の束が置かれているのを見つけた。
これがあの人気スーツケースになるのだろうか?
とすると、どう加工したらあの形になるのだろう?
工場の中を見てみたい。
見学できないのだろうか…。


ウェブサイトを見ても見学については触れていなかった。
ヒュイーン、ガチャン、ヒュイーン、ガチャンと機械がプラスチック板を縦横左右に回転させながらプレスしているのだろうか。
検品はやはり人の目なのか。


やっぱり工場の中を見て見たいな。

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
06:45  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.09.08 (Fri)

コステレツ ソーセージ

スーパーマーケットでハムサラミコーナーに行きますか?
カウンターに並んで「〇〇何グラム下さい?」と販売員に頼んで買いますか?
それともすでにパッキングされた物を買いますか?
私はどちらかと言えばカウンターに並ぶ方ですが、面倒な時はパッキングハムサラミを買い求めます。
まあ、こんな前置きはどうでも良いのですが、ハムサラミコーナーに並んでいるパッキングハムサラミで奇妙で一回見たら忘れないであろうロゴを知りませんか。


その会社の名前はKostelecké uzeninyと言い、訳すとコステレツのソーセージとなります。
プラハから南東へ約150kmの所にあるKostelecと言う町に工場があります。


プラハからユネスコ世界遺産Telčに行く時は大体、工場の脇を通ります。
私も何度も通り、見かけていたので、いつかここに立ち寄ってソーセージやサラミを買いたいと思っていました。
そうです。
販売店が併設されているのです。


先日やっと工場に立ち寄る事が出来、直営店でソーセージ2種類とサラミ、そしてプラハハムの缶詰を購入しました。
しめて308コルナ。
マヨネーズをサービスしてくれました。


さて一回見たら忘れないだろう奇妙なロゴとはどんなロゴかと言うと、前の写真にもありましたが、↓こんなロゴです。


あー知ってるー!
って声が聞こえて来ましたよ。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
17:26  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.09.07 (Thu)

ミクロフ地域ワイナリー Pavlov村

SONBERKワイナリー滞在時に、ミクロフ地域ワイナリーの地図を見ました。
そして地図とSONBERKワイナリーから見た景色とを照らし合わせて思いました。
「貯水池の向こう岸に行ってみよう。」
SONBERKは地図上では大きな貯水池の上、真ん中より右手にあります。


車で移動する途中、道路工事の関係で交通規制があり、目的地までは貯水池沿いに進めず、パーラヴァ丘の裏側へ周り、丘を越えて貯水池まで戻らねばなりませんでしたが、丘にある村々にも小さなワイナリーやワインセラーがあり、ワインセラーの店先に「冷やし中華始めました。」ばりに季節物でもあるブルチャークの看板がこれでもかと並んでいました。
村を出れば周りはぶどう畑で、遠くにディイエ川貯水池が見えてくるのですが、貯水池に近づくにつれてその景色が不思議とクロアチアとかモンテネグロの海辺の町や村に近づいている錯覚を覚えました。
潮の匂いもしなければ魚介レストランも無いのにです。
でも不思議な事になんか海辺の村、アドリア海の小さな村にいる感じがしてなりません。


なにがそうさせるのか考えました。
遠くに見える乾燥した白い土地、背の高く無い木々、空気の感じ、村に建つ単廊式の教会と赤い屋根の小さい家がそう感じさせるのかもしれません。


でも村に建ち並ぶ田舎風バロック装飾の家並みはチェコ感丸出しですから、それを見ると現実に戻ってしまいます。


さて村を歩いていると、そこそこ大きめのワイナリーではぶどうの除梗破砕作業が行われていたようで、ぶどうの皮で山積みのコンテナがありました。


隣り合って茎が山積みにされていました。
ワイン作りの季節です。
良い時期に来たと思いました。


ワインセラーやワイナリーの並ぶ小道を歩きます。


すると本当に小さいワイナリーでは1人の職人さんがぶどうの除梗破砕作業をしている所を見る事が出来ました。
これだけ小さいワイナリーだとワインの生産量も限られますよね。


さてTopolanskýと言う小さなワイナリーに立ち寄りました。
ここでも白ワインとロゼしかなかったので、「赤ワインは作っていないのですか?」と尋ねてみました。
すると店を切り盛りしている男前のおばさんがしゃがれた渋い声で答えました。
「パーラヴァは白じゃん。」
なるほど、ここパーラヴァ地区は白ワインメインだから赤は見かけなかったのですね。


試飲係にはまずブルチャークを飲んでもらいました。
モラビア、つまり本場で飲んでいるからかもしれないが…と前置きしながらも、プラハで飲むより断然美味しいと感想がありました。


さて、立ち寄った村の名前はPavlovです。
村の紋章がぶどうと鯉と言うオシャレな紋章でした。


ちなみにここパヴロフでも白ワインを購入しています。


モラビアでワインを飲みたいけれど、ミクロフ、ヴァルティツェ、ズノイモなど大きめの町ではなく、小さな村のワイナリーで飲んでみたい方にはPavlovは是非オススメです。もしくはパーラヴァ丘の小さな村に立ち寄ってみてください。
この季節、9月中であればブルチャークも飲めますよ。
でもしつこいようだけれど、錯覚であるのは百も承知なのだけれど、Pavlovは海辺の田舎村の感じがしたんですよね。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
12:44  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.09.06 (Wed)

ミクロフ地域ワイナリー SONBERK

6月だったかな、プラハにある旅行会社のスタッフが興味ある話をしてきたのです。
-ソムリエの田崎真也さんって知ってます?田崎さんがお薦めのチェコワインを紹介しているんです。それがSONBERKと言うワイナリーで赤ワインのMerlotを推しているんです。-
その後、スタッフが実際にそのワイナリーSONBERKと近所のGOTBERGに出掛けて美味しいワインを楽しみ、ボトル購入したと言う話を聞きました。

なるほど。
それならば行かなくてはいけない。と思いながらも7月と8月は行けずにいたのですが、やっと行けました。


ぶどう畑を一望できる所で有料で試飲ができます。
遠くに見えるディイエ川を貯めたダムとパーラヴァの丘も絶景です。


しかし試飲メニューには赤ワインは見当たらず、白ワインしかありませんでした。
そこで、「赤ワインのメルローがめちゃくちゃ美味しいと聞いたのですが…」とワイナリーの女性に尋ねてみました。
そうしたら、驚愕の答えが返ってきたのです。
「確かにメルローは美味しいのですが、もう販売だけしかなく、しかも1本1970コルナするのです。」

はぁ?チェコワインで1万円!
これはさすがに手が出ません。

そこで白ワインから試飲ワインを選びました。
しかし、私は車だったのでプラハから引き連れて行った試飲係に2種類のワインを飲んでもらいました。
一品目は2015年Pálavaで、このワインは賞を獲得し、すでに残り80本しかないと言います。
試飲料1杯75コルナで、ボトルの値段は1077コルナでした。80本しかないと言うから購入するかどうか迷ったけれど、さすがに手が出ません。
試飲係の方曰く、濃厚で口に旨味が残る、との事でした。
そして、二品目は2015年のリースリングを選んだようです。試飲料は25コルナでボトルの値段は320コルナでした。


これなら手が出そうです。
そこで細矢はSONBERKワインを2本買いました。
ワイナリーの女性が2015年と2012年が当たり年だと言うので、2015年のリースリングと2012年のソーヴィニョンです。


SONBERKはPopiceと言う小さな町にあります。
地図で探してみて下さい。


チェコの著名人も出掛けているようですし、大型バスもワイナリー見学に来ていました。
↓ウェブです。

http://www.sonberk.cz/cs/


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
20:05  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.09.04 (Mon)

アートか?雑か?

ストラホフ修道院。
綺麗な図書館があり、ビアレストランがあり、レストラ地獄(Peklo)があり、プラハの景色が一望できるポイントがありと、いつも修道士さん、信者さん、観光客の人で賑わっている…ほうだ。
その中庭。
ゴミ箱が設置されている。
プラハを歩いていると、プラハはゴミ箱の多い街だと感じる。
ストラホフ修道院の中庭にあるゴミ箱はPNPとライオンのマークが付いている。
PNPとはpamátník národního písemnictví の略で、国立文学記念館とでも訳せるのだろうか。
しかし、ゴミ箱を見てみるとPNPとライオンが逆さまになっているのに気がつく。


わざと逆さまにしているのか。
プラハ的ギャグなのか。
それとも真面目なアートなのか。
あーだこーだと勝手に想像を膨らませながら中庭の奥地へ進み他のゴミ箱も探してみる。
中庭の奥の方に進むとライオンとスロバキアの紋章でデザインされた盾を持つライオン像が凛と立っている。


そのライオン像のそばにゴミ箱があった。
PNPライオンのマークはどうなっているかと注視してみると、なんてことはない。
いたって普通じゃん。


つまりPNPライオンの付いたゴミ箱は単なる土管で、その土管の中にゴミ箱となる円筒形の箱が入っているということになる。
となると、誰かが土管を雑に置いたためにPNPライオンが逆さまになってしまい、しかも誰も気にせず、誰も注意せず、そのまま逆さPNPライオンで置かれているのか…。
いやいや、ここはプラハだぜ。
逆さPNPライオンだってきっと真面目なアートのはずさ。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
14:41  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.09.03 (Sun)

アルトシュテッテン城

プラハから南、ターボル、トゥシェボン、ハラームキーとひたすら走る。車で。
国境を超えオーストリアに入り、オーストリアビールで有名なズヴェッテルを抜けて今度は南西に進路を取る。遠くに川霧がかかっているのが見える。あと少しでドナウ川だ。しかしドナウ川までは行かず、その手前に建つアルトシュテッテン城に向かった。
プラハから車で3時間半。


この城は前々から見学したいと思っていた城で、城を目にした時は「やっと来た。」と感動もひとしおであった。別に城自体は超立派と言う訳でもないから、城だけ見ても感動する事は無いのだけれど、プラハでツアーガイドと言う仕事をしているため憧憬の念が強まっていたのであろう。
その理由はなぜか。
答えは、ハプスブルク家皇太子フランツ フェルディナンドと妻ゾフィーのお墓が有り、現在も彼らの曾孫アニタ ホーエンベルクが所有している城だからだ。


ハプスブルク家はオーストリアの貴族だし、プラハの一ガイドがなぜフランツ フェルディナンド一家に興味を持つのか皆さんには理由が分からないかも知れないけれど、プラハでツアーガイドをしているからこそ、不思議とフランツ フェルディナンドに親近感を持ってしまうのである。
何故なら、彼ら一家はプラハから南に50kmほどの所に建つコノピシュテェ城を所有し生活していたからだ。
そのコノピシュテェ城の案内を何度もしていて、勝手にではあるが自然の流れでハプスブルク家のメンバーの中でもフランツ フェルディナンドにかなりの親近感を持っていたのだ。
だから、彼のお墓のあるアルトシュテッテン城はぜひとも訪れたいと、同志を募り墓参りに出掛けた訳である。


そもそも、フランツ フェルディナンドって誰?
と言う方に、以前にも紹介しているけれど再度ざっくりと紹介しよう。
オーストリア皇帝フランツ ヨーゼフの甥でオーストリア皇太子である。
本来、皇位継承権には程遠いポジションにいたのだけれど、皇帝フランツ ヨーゼフの弟マキシミリアンがメキシコで殺され、息子のルドルフがウィーン郊外のマイヤーリンクで自殺し、フランツ フェルディナンドの父親カール ルドヴイークも没しと、不幸な事に短期間で継承者が次々と亡くなり、ついにはフランツ フェルディナンドに皇位継承権がまわってきたのだ。それが因果か、1914年6月28日にサラエボでセルビア人のガヴリロ プリンツィプに暗殺されてしまった。
そしてご存知の通り、その暗殺事件(サラエボ事件とも言う)がきっかけで第1次世界大戦が勃発してしまった。


私は10年前にサラエボに行きその暗殺現場も見たけれど、現場には「まさにその場所」とマークがあり、そばには小さな資料館があって当時の様子が展示されていた。
さらにもう15年ぐらい前か、ウィーンの軍事博物館に行き、そこに暗殺時に乗車していた車や軍服もあった事も記憶している。
さらにさらに暗殺者ガヴリロ プリンツィプが投獄されていたチェコ北部のテレジーンにも行った。
それらの資料がアルトシュテッテン城にも展示されている。


続けてフランツ フェルディナンドの紹介。
先述の通り、皇位継承権からは遠い存在だったので砲術を学び軍に属し、趣味に没頭していた。
他には結婚相手を選ぶのは大変だった。
爵位関係なく好きな女性を選ぶことはまず不可能に近かった。
それでも結婚相手に選んだ相手はハプスブルク家よりも大分位の低いチェコの貴族ホテク家のご令嬢ゾフィー。
内密に慎重にバレないようにお付き合いしていたけれど結局隠しきれず、テニスをしている時に懐中時計の蓋にゾフィーの写真を忍ばせているのが発覚し、一大スキャンダルとなってしまった。


ハプスブルク家や近しい人は結婚には猛反対。
フランツ フェルディナンドは反対者との戦いを戦い抜きなんとか結婚にこぎ着けた。
子孫の皇位継承権放棄、子孫はウィーンで埋葬しないなどの条件つきで…。
結婚式もひっそりとしたものだった。


1892年から1893年にかけて世界旅行をしている。


日本にも訪れていて、長崎入国、横浜出国だった。


箱根富士屋ホテルに宿泊したのは有名な話だ。


ちなみにエジプトではファラオのミイラにもなっている。


またフランツ フェルディナンドは多趣味な人でもあり、狩猟と収集への力の入れようは半端ではなかったらしい。
コノピシュテェ城ではフランツ フェルディナンドは「狩猟記録なる物を付けていた。」と聞いてはいたが、物を見ていなかったので半信半疑だったが、アルトシュテッテン城にはその記録が展示されていた。
1880年から1909年までの記録で、動物の種類や場所で捕獲した動物の頭数が記されていてる。
合計はなんと272349頭。
たしかにコノピシュテェ城の案内で狩猟で約30万頭の動物を撃ったとは聞いていたし、私自身も案内していたが、この狩猟記録を見てやっと納得できた。
余談ではあるが、日本では狩猟をする時間がなかったらしい。
しかし奈良公園を散策中、鹿を見てどうしても撃ちたい衝動に駆られていたら、背後から鹿にツノで突かれたそうだ。


さらには研究熱心な人でもあり、オーストリア ハンガリー二重帝国に住む人々の言語分布図と言うのも作成している。


そんなフランツ フェルディナンドと妻ゾフィーが眠るアルトシュテッテン城に行って来たのです。


詳しく書き始めたら終わらないのでもう辞めます。
ちょっとしたオタクですね。



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
16:56  |  オーストリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.08.31 (Thu)

ブルチャーク

ここ数年、初ブルチャークはここで飲んでいる気がする。
この奥にあるVinoteka。
旧市街はUhelný trhにあり、有名なエステート劇場を背にRytířská通りを直進したら三角形の小さな広場に繋がるのだが、その三角形の一辺にこのヴィノテカはある。


ブルチャークの時期になると、つまり今から9月中であるが、ヴィノテカがブルチャークを仕入れていれば小さく張り紙で「ブルチャーク有り」と教えてくれる。


ブルチャークは季節限定で鮮度が売りだから、ちいさなヴィノテカでは大量に仕入れない。
そのブルチャークはポリタンクに入れられ、グラス売りで販売している。


私はドゥヴェデッチ頼んだ。
200mlの事で、普通のワイングラス1杯分である。
これで30コルナ。


ブルチャークは過去にも紹介しているけれど、ざっくり言えばこうだ。
発酵中のぶどう汁。ワインになる前の若ワイン。

相変わらず甘くて美味い。
季節物だからぜひ9月中チェコ滞在の方は飲んでみて下され!
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
16:11  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT