FC2ブログ

2020.01.31 (Fri)

想像力下品化

想像力。
思考力。
分析力。
それはその人の人格を特定できてしまう。
と思う。
いきなりなんなん?
となりますが…。
あなたはこの彫刻を見てなにを想像しますか?
ブルノのとある建物にある彫刻です。


4人の屈強な男が建物を支えている。
しかし屈強なのにもかかわらず、男たちの表情はなんだかだらしない。
左2人。


そして右2人。


4人揃って腰あたりに布を巻いている。
「ムキムキやけど。あそこはちょいとお見せできかねるんですわ。すんまへん。おかみはん。」
って想像してしまう細矢。

だーかーらー
おおきなイチモツをください!
おおきなイチモツをください!
プラハの男も驚くほどの、ウィーンの男が憧れるほどの、おおきなイチモツをボクにください。
(どぶろっくより)


お願いしますわ。

ってね。
細矢の人格やばし!

ちなみに建物はU Čtyř mamlasůと言って、写真の4人はマムラスと言うのだそうだ。
マムラスとは、簡潔に言えば「なーんにもできない人」。
いろいろヘルプしたがるけど、やることなすこと上手くいかないんだそうです。
スポンサーサイト



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
11:21  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2020.01.30 (Thu)

ブルノでラーメン

仕事の関係でブルノに来ました。
ブルノはチェコ第二の町です。
大きな村なんて呼ばれていたけれど、いやあ、おしゃれになったもんだ。
ラーメン屋さんもあるしね。


とんこつ、醤油、味噌の3点のみ。
今回とんこつを食べてみした。


スープの上面は熱々なんだけど、底の方とかき混ぜると温度が下がってしまうのは日本人には少々物足りないけれど、こってり濃厚でうまし。
煮卵も豚肉もうましうまし。
チェコ人も続々と入店して来ました。
ちなみにお値段195コルナ。
Ramen Brno
ブルノ本駅からトラム1番で行けます。
駅から歩いても20分かからないので、行きはラーメンのために、帰りは腹ごなしとして歩いてみてはいかが?
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
19:36  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2020.01.18 (Sat)

牡蠣をたずねて二百二十里

早朝4:30に自宅最寄りのバス停からバスに乗りました。
そして地下鉄に乗り換え、再びバスに乗り換えます。
行き先はヴァーツラフ・ハヴェル空港です。
仕事ではありません。
お正月明けは仕事が薄いので連休があり、飛行機に乗って牡蠣をたずねに行くことにしたのです。
飛行機になんか乗ったら、「ボーっと飛んでんじゃねーよ。」ってグレちゃんに叱られちゃうけれど、どうしても牡蠣をたずねたくなっちゃったんです。

(全部オイスター)

ヴァーツラフ・ハヴェル空港を定刻より15分遅れで離陸したOK630便は定刻より4分早く8:21に目的地の空港に到着しました。
ここはブリュッセル・ザヴェンテム空港です。
ベルギーに来ました。
まずザヴェンテム空港のベルギー鉄道窓口に行き、目的地までの切符を購入します。
ルートは空港駅からブレダのりかえ&ローゼンダールのりかえのクルイニンゲン-イヤーセーケ行きです。
って、国境超えちゃってここはまたまたオランダです。

(牡蠣殻のフェンス、高さ40cmぐらい)

牡蠣だからフランスじゃないかと思いました?
それともタイトルからだとイタリアはジェノバだと思ったかもね。
ちゃいまんねん。
オランダなんです。
オランダで美味しい牡蠣が食べられるんですわ。

(左手二個スペシャル、右手二個インペリアル)

クルイニンゲン-イヤーセーケ駅からバス599番に乗り走ること5分、鉄道駅からひとつめのバス停が最寄りになります。
そこからさらに徒歩8分、目的店に到着しました。
ジャスト12時過ぎのお昼時です。
なんとまあ、牡蠣ランチのために約7時間半も掛けて来たんだって、アホですね。

(店内は清潔感あり、お店の人もテキパキ)

お店の名前はOesterij。
ここは要チェックです。


めちゃくちゃ美味しかったんだから。
ってなことでインペリアルを追加。


前菜を終えた後はメインにしました。
牡蠣三昧!


グラタン


ボイル
ソースは2種類からチョイスできる。
写真のソースはOesteleijesソースで、もうひとつはホーランドソースでした。


パン粉付きオーブン焼き
オイルソースが最高でした。


細矢の好みだと順位はこんなかんじでしま。
生牡蠣
グラタン
オーブン焼き
ボイル
ボイルはホーランドソースにしていたら順位が変わったかもしれないな。
生牡蠣はひとつから注文でき、その他の牡蠣メニューは牡蠣は3個単位での注文になります。
また別メニューにムール貝も色々あって、そちらも頼もうか…と思ったけれど、キリが無いからやめました。


生牡蠣はいくらでも食べられたなあ、マジ美味しかったもんなあ、って、初めは満足していたけれど、駅で列車を待っている時は少し虚しさを感じました。
正味何分の滞在だった?
あっという間だったじゃん。


でもいいんです。
美味しかったんだから。
帰路はローゼンタール経由でアントワープに移動し、夕方の街をそぞろ歩きして、ビールをしこたま飲み、アントワープに宿泊します。


アントワープ…
牡蠣をたずねて二百二十里?
母をたずねて三千里?
ちがーう。
アントワープはフランダースの犬です。


だから細矢もアントワープに宿泊すると決めてから、フランダースの犬全52話をYouTubeで見直してみました。
1975年に放送されたあの有名なアニメです。
1975年と言うと細矢はまだ4歳になる年だったので、はっきり言って記憶もまばら、その後も当アニメを見直していないので、今回改めて見直してみたら結構新鮮でした。


パトラッシュとの出会いについても覚えておらず、ヌレットおばさん、ミシェルおじさん、ジョルジュとポール、ハンス、コゼツ、そしてアロアなどの出演者も全く覚えていないのでした。


あらすじは超漠然と知っていたはずなのに、なんか初めて見た感じがし、確かに悲しいお話だけれど、細矢の勝手な記憶ではもっと悲惨だったような気がしていたので、ああこんなものだったのか?と少々拍子抜けした所もあったのです。


そして最終回を見た時は、「絶望も頂点に達すると後先考えられなくなるんだな」と、後先少ないおっさん細矢が家でひとりアニメを見ている姿、あーこわ。カオスじゃん。


でもって、この日はもうルーベンス先生には会えなかったので、ビールを飲みに行ったのです。


ラガー、エール、ブロンド、トリプルなどいろんな種類があって、どの店も「うちは何種類ビールがあります」の看板を立てています。


何種類か飲んだけれど、トリプルが美味しかったな。


ただ、チェコビールに飲み慣れていると、ベルギービールは甘い。
美味しいけど甘すぎる。
で、アルコールも強い。


最後にピルスナータイプを飲んだけれど、これも甘いんですね。
そんでもって思いました。
ビールも美味しいし、魚介もあるし、エビコロッケなんて最高だしで、ベルギーに住んだらやばいな。痛風、糖尿になるぞ。


そして翌日。
まずルーベンス先生の作品に会いに行きました。
聖母マリア大聖堂の中にある3枚。
ネロが見ていた聖母マリア被昇天


ネロが天使に運ばれる前にやっと見れた2枚。
キリストの昇架


キリストの降架


そしてそばに建つ聖カルロス・ボロメウス教会の中にある聖家族の帰還


絵についての詳細は、すでたくさんの方がブログなどで説明しているのでここでは割愛します。


ルーベンスの家は以前アントワープに来た時に行ったので今回はやめました。
さらにアントワープからトラムで20~30分ほど走るとホーボーケンという町があって、って、法宝軒??なんかラーメン屋の名前みたいな町だ。
そこがフランダースの犬のネロが住んでいた村のモデルだと言うことなので立ち寄ってみようと考えたのだけれど、こちらの街の魅力に負けてしまいました。

&


ただ今空港行きのバス待ち中です。
帰路はライアンエアーにしました。
スムーズに行けば22時半には自宅にいることでしょう。
来週からはありがたいことにお忙しくさせてもらうので、しばらくは、おとなしくチェコにおります。







メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
16:31  |  外国旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2020.01.10 (Fri)

彼女に会いに行きました

早朝4:30に自宅最寄りのバス停からバスに乗りました。
そして地下鉄に乗り換え、再びバスに乗り換えます。
行き先はヴァーツラフ・ハヴェル空港です。
仕事ではありません。
久しぶりのお休だったので、飛行機に乗って彼女に会いに行くことにしたのです。
飛行機になんか乗っちゃったら「ボーッと飛んでんじゃねーよ。」ってグレちゃんに叱られちゃうけれど、どうしても彼女に会いに行きたくなっちゃったんです。


ヴァーツラフ・ハヴェル空港を25分遅れで離陸したOK616便は定刻より5分遅れの8:45に目的地空港に到着しました。
さてここはどこかと言うと、アムステルダム・スキポール空港です。
オランダに来ました。
まずスキポール空港のオランダ鉄道窓口に行き、既に購入済みのオランダトラベルチケットなる物をバウチャーと引き換えました。
このチケットで、オランダ鉄道だけでなく市営の地下鉄、トラム、バスなど、ほとんどの物が乗り放題になります。


そして9:27発のデン・ハーグ行きのインターシティに乗ります。
向かうはマウリッツハイス美術館です。


そうここに会いたい彼女がいるんです。
細矢は初顔合わせなんです。
ドキドキが止まりません。
でもいきなり会ってもつまらないので、まずはレンブラント先生を拝みました。


あと、ルーベンス先生とブリューゲル先生の合作も。


よし、では、彼女を拝みに参ろう。
でもその前に、こっちを先に観てしまおう!と思ったのに、ちらっと彼女の顔が見えちゃったんだよなぁ。
あああ、見えちゃった。
でもまずこちら、「デルフトの眺望」です。
フェルメール先生が描いた35点(未だ判明していない)の作品の中で、たった2点の風景画のひとつです。


あと「ディアナとニンフたち」も。


そして本命です。
多くは語りません。
「真珠の耳飾りの少女、青いターバンの少女」などと呼ばれています。


で、肖像画ではなくトローニーなのだそうな。
実在しない人物を想像で描いた人物画の事をトローニーと言うんだって。
ipioneのポートレートで撮影してみました。


10分ぐらい貸切状態で謁見できたので、満足した細矢はマウリッツハイス美術館を後にし、トラムでフェルメールが生活していた町、デルフトへ向かいました。
フェルメールが眠る旧教会。


新教会。


その塔にも登り。


フェルメールが描いた2点の風景画のもう一つ「小路」のモデルとなった場所だと確定した所。


「デルフトの眺望」を描いた場所。


デルフトの町を超駆け足でまわりました。
残念ながらデルフト焼きの工房には行けませんでした。
でも、今回の旅の目的はフェルメールなので満足です。
そのあと、列車にてアムステルダムに行き、閉館時間まであと1時間半しかありませんでしたが、国立美術館の鑑賞です。
時間が無いので、まず、フェルメールに直行します。
牛乳を注ぐ女


青衣の女と恋文(撮影せず)を鑑賞し、小路を!と意気込んでいたら、小路は特別展の方へ移されており、観ることができませんでした。あらあら。
で、レンブラント先生の「夜警」ただいま絶賛修復中ですが、鑑賞し、まあ、ゴッホなど観て国立美術館を後にしました。


最後にアムステルダム中央駅そばのラーメン屋でラーメンを食し、スキポール空港に戻りました。


ただ今19:44。
プラハ行きのOK619に搭乗しました。
この調子だと22時にはプラハにいるのでしょう。
なんと贅沢な日帰りオランダ・フェルメール巡りだこと。

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
19:47  |  外国旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2020.01.02 (Thu)

新年豆料理

チェコでは新年にお豆の料理を食べるんですよ。
お金が貯まるよう、健康になるよう、痩せるよう、などなどいろんな理由があります。
細矢も元旦の昼食にホスポダ(居酒屋)で豆料理を食べました。
メニューにもNovoročná čočka(新年の豆)とあって、当ホスポダでは145コルナで提供していました。750円ぐらいです。


これを食べたから、今年はお金持ちになれるかな?
ただ、一緒にビールをしこたま飲んじゃったから、健康には良くないし、痩せるどころの話ではないな…。

この豆料理は味はしっかりしていたけど、結構さっぱりしていました。
新年豆料理は恐らくクリスマスで食べ過ぎ、大晦日で飲み過ぎた人たちに、胃腸を落ち着かせて下さいね、って言う料理なんだろうね。
七草粥みたいなもんかな。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:19  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2020.01.01 (Wed)

新年おめでとうございます。

皆さま新年おめでとうございます。
ご存知の通り2020年子年です。
そしてオリンピックイヤーですね。
オリンピックの影響で今年は日本からの海外旅行者数も減るだろうというのが、旅行関係者の間ではもっぱらの噂になっていますが、本当でしょうか?
もしそうなら2018,2019に比べれば暇になりますね。
じゃあどこに行こうかな?
なんてのんびり構えていられません。
でも2020年を楽しく健康に過ごすために2019年を写真で振り返ってみました。

1月 寒かったようです。


2月 ガイド仲間が冬季休暇中で人手不足。
忙しかったようです。


3月 あまり良い写真が残っていませんでした。
多分忙しかったのでしょう。


4月 ウズベキスタンに行きました。


5月 忙しかったー。記憶にある。


6月 確か忙しかった。


7月 クロアチアに弾丸旅行しました。


8月 忙しかったような…


9月 忙しかったはず。


10月 忙しいなと言った覚えがある。


11月 ヨルダンに行きました。


12月 お忙しくさせて頂きました。


てなことで、2019は楽しく旅行もできたけど、忙しかったみたいです。
忙しいなんて贅沢な話ですね。

2020年も楽しい年になるように頑張ろう。
皆さんも素晴らしい2020年を作ってください。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:32  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.12.23 (Mon)

クリマー巡り

去年の12月はチェコのクリスマスマーケットを結構巡りました。
詳細は「プラハでピヴォ クリマー巡り」で検索を!
でも、まだ行っていない町もあるので今年もチェコクリマーを巡れば良いのに、格好つけて別国のクリマーに行ってみました。
友人2人を引き連れて、まずシュツットガルトに向かいます。


今回の道路状況の中、途中事故渋滞もあり、プラハからは車で約6時間掛かりした。
シュツットガルトのクリマーは世界最大級規模と言われていて、4か所マーケットがあります。
そこを歩いて回る事ができるので、ぐるぐるぐるぐる、周りました。


で、これとこれが目を引きましたね。
サーモンと


サバ


サーモンはサンドイッチに。


サバはそのまま。


いやあ、美味しかった。



翌日、列車にてストラスブールへ日帰り小旅行です。


細矢がホットワインやフランスビールも飲みたいので、車では移動しません。
しかもネットで調べたら列車移動の方が速いのでした。


で、結論から言うと、「やっぱりフランスだぁー」です。


クリマーも綺麗だったけれど、日本人はダメなんかねー、フランスって聞いた瞬間、なんでもよく見えてくるんです。


で、で、クリマーではご飯を食べずにビストロに行っちゃいました。


クリマーではジンジャーブレッドと白ワイン、チーズなどを購入。


さらに翌日、シュツットガルト郊外のアウトレットに行って小爆買いをし、プラハへの帰途途中ローテンベルクに寄ってクリマー堪能。


細矢はもう何回来たかな?


いつ来ても可愛い町です。


で、で、で、プラハに帰ったとさ。


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:59  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.12.21 (Sat)

大きな鯉の歌

せまいタライの数あるひとつ
黒いサカナのせまい世界で


大きな鯉の思いは届く
大きな網もつあなたのもとへ


あなたと出会い時は流れる


思いを込めた尾びれふるえる


いつしか二人互いに響く
時に激しく時に切なく


響くは届くアタマ尾ビレへ
優しい捌きは世界を変える


ほらあなたにとって
大事な人ほどすぐそばにいるの


ただあなたにだけ届いて欲しい
響け鯉の歌


ほーらーーーー


ほーらーーーー


ほ らーーーーーーー


響け鯉の歌


今年もやってきました。
MONGOL800 小さな恋の歌より

2011 鯉の季節
2012 鯉の予感
2013 鯉するフォーチュンクッキー(削除される)
2014 それいけカープ(鯉)
2015 鯉のバカンス
2016 鯉一夜
2017 鯉食ったっていいじゃない
2018 もう鯉なんてしない
2019 大きな鯉の歌
2020はどうしようかな…?
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:09  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT