2017.08.31 (Thu)

ブルチャーク

ここ数年、初ブルチャークはここで飲んでいる気がする。
この奥にあるVinoteka。
旧市街はUhelný trhにあり、有名なエステート劇場を背にRytířská通りを直進したら三角形の小さな広場に繋がるのだが、その三角形の一辺にこのヴィノテカはある。


ブルチャークの時期になると、つまり今から9月中であるが、ヴィノテカがブルチャークを仕入れていれば小さく張り紙で「ブルチャーク有り」と教えてくれる。


ブルチャークは季節限定で鮮度が売りだから、ちいさなヴィノテカでは大量に仕入れない。
そのブルチャークはポリタンクに入れられ、グラス売りで販売している。


私はドゥヴェデッチ頼んだ。
200mlの事で、普通のワイングラス1杯分である。
これで30コルナ。


ブルチャークは過去にも紹介しているけれど、ざっくり言えばこうだ。
発酵中のぶどう汁。ワインになる前の若ワイン。

相変わらず甘くて美味い。
季節物だからぜひ9月中チェコ滞在の方は飲んでみて下され!
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
16:11  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.08.29 (Tue)

KANTÝNA

KANTÝNAまたまたアンビエンテグループの食堂だ。
ドロウハー通りにあるNaše masoの店舗広いバージョンと思ってくれても良いかもしれない。
ただメインは肉。
店内に入るとすぐ左手に肉屋さんがあり、その場で部位を選んでグリルしてもらうか、テイクアウェイができる。


と、その前に肉屋さんの少し奥に設置されている会計コーナーから注文カードを受け取る事を忘れないように。
このカードを肉など注文する時に担当者に渡し、担当者は何を注文したかカードに記す。
このカードは精算の時に必要になるので、店を出るまでカードは無くしてはいけない。


裏面はドリンク用になっている。


さらに奥に進むと調理済みの肉料理コーナーとドリンクコーナーがある。
ここのピヴォはピルスナーウルケルで500mlが47コルナだったから決して高くはない。


カルパッチョ。


ビーフタルタル。


豚のクビ肉。


付け合わせに温野菜を頼んだ。
ちなみにキャンティーンだから相席よろしくである。
そして調子に乗って頼みすぎると結構値が張るし、食べ切れない。
でも畏まらず、軽い気持ちでしっかりしたステーキを食べたい肉好きにはもってこいの店である。


こんどはビーフサーロイン?Tボーンステーキ?
どうしようかな。
カルパッチョやタルタルをテイクアウェイして家でまったりワインと、ってのも良いな。

KANTÝNA
Politických vězňů 1511/5, 110 00 PRAHA 1

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:18  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.08.28 (Mon)

バブルワッフル

プラハ旧市街広場にある某高級ガラス店と某有名コーヒーショップの間にあるメラントリホヴァ通りに新たな風を吹かせるかな?女子受けしそうな物が現れた。値段からまず言おう。109コルナもしくは5ユーロ。
その名もバブルワッフル。


場所が場所だけに、しかも値段からして、ハナから外国人ターゲットなのだろう、メニューボードにはチェコ語表記がされていない。


ワッフルをその場で焼いてもらい、メニュー通りトッピングをセットしてくれる。
私はストロベリーにしてみた。


バニラアイス、いちご、キットカット、ホイップクリーム抜きである。


すこぶる食べ辛い。
しかしワッフルは美味しい。
なんだろう、なんか懐かしい味。
ワッフルだけでもいい感じです。

一度ぜひどうぞ。一度ね。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
08:08  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.08.24 (Thu)

季節限定?抹茶シャーベット

ヴルタヴァ川からNáprstkova通りをベツレヘム広場へと歩いて行く。
すると、左手にドーナツ屋さんが見つかる。
ここのドーナツ屋さんも新しくオープンした。
店頭にある看板にはMatchaとある。
マッチャ、抹茶である事は予想できる。


マジ抹茶なのかな?
疑いの余地があるのは否めないが、抹茶を試してみようではないか!となった。
店に入ると店舗は狭い。
ガラスショーケースの中にはピンクのドーナツ、茶色のドーナツ、緑のドーナツがあり、さらに緑の小型ドーナツがあった。
ピンクはストロベリー、茶色はチョコレート、緑はピスタチオだと店員さんは言う。
抹茶は?と尋ねたら、緑の小型ドーナツは抹茶だと返答があった。
そして、ガラスショーケースの上に機械があり、中には緑のシャーベット状の物がゆっくりと回っている。
機械のそばに寄ってみると、Matcha ice creamとある。
抹茶アイスクリーム…なの?
???だけど、これは失敗しても良いから食べなくてはいけない。
そこで抹茶アイスクリームを頼んだ。
なんだかミルクを入れたら抹茶ラテになるような事を店員さんは言っていたけど、ここはオーソドックスにいこうではないか。


ひとくちスプーンで掬い、口の中へ入れる。
なるほど、紛れもなく抹茶だ。
抹茶かき氷が溶け始めてシャーベットっぽくなっているやつのまだ少々硬いバージョンである。
これは美味い。
ショーケースにあった抹茶小型ドーナツが細切れされてシャーベットに浸かっており、残りをドーナツのままで食べられるからなんかお得感もある。
これで55コルナ。
アンコとバニラアイス、もしくは練乳がトッピングであったら金時かき氷プラハタイプだ。

まだ寒くはない。
店もいつまで続くか分からないから、ぜひ抹茶シャーベットを頂いてみてはいかがでしょうか?
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
12:03  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.08.01 (Tue)

夏だとまだ怖いかな

2週間より少し前かな、パリ通りを歩いていたら、旧新シナゴーグのそばで開店していた。
オイスターの店。


オイスターは好物のひとつだけれど、さすがに7月、8月に食べるのは違う気がする。
なんか怖いから。
怖いよね、なんか。


フィッシュバーガーやオイスターのグラタンもあるみたいだけど、やっぱりオイスターを生で食べたい。
だから店だけチェックして9月以降にトライしてみようと思う。

もし度胸のある方は是非お先にトライして感想をお聞かせください。

海無し国でビバ生牡蠣!
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:12  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.06.03 (Sat)

PURO

どこで紹介されていたんだっけ…。
なんかで見たんだ。
で、今日、まさに日和だったので食べた。
ズムルズリナを!


ストロベリーとバニラ。

PUROとはイタリア語で清潔なって意味で、それ目指して営業するのがモットーであるようだ。

中心地ではカプロヴァ通りにあります。


andelatは最近長蛇の列だから、こちらも試してみてはいかがかな?
http://www.purogelato.cz/home/
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
16:34  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2017.05.27 (Sat)

2度目のプラハで紹介されたレストランはグッド!

私はミーハーである。
テレビ、ラジオで紹介された事物、有名人が食べた物、見た物、行った所、そういった物を見、食べる事に興味を覚える。
ましてやそれがプラハだったなら尚更である。

先日、2度目のプラハと言う番組を見た時の事、知っている人は多分、前回に続きまたそのネタか…と思うかもしれないが…、番組でNext doorと言うレストランを紹介していた。
インペリアルホテルのそばにある比較的新しいレストランである。
以前そばを通った時に確かに気が付いたが、店内も綺麗すぎるし、店名も英語名だし、高いだけのレストランだろうと気にも留めていなかったが、2度目のプラハで紹介されたのである。
だからそこはミーハー、行かねばならない。

番組では店のコンセプトを紹介していた。
それによると「150年ほど前にあった良きチェコ食文化を復活させる。」とあった。
なるほど、2度の大戦、そして共産党時代に良き文化が失われた事は事実である。
だからそれを復活すべく、1850年ごろのレシピの通りに古いチェコ料理を提供するという事なのだ。
紹介されていた料理で特に目を引いたのがザリガニのスープ。
昔はよく食べていたらしいが川の水質汚染などでザリガニがいなくなり、自然消滅してしまった料理との事だ。
これはもう絶対に行かなければならない。
という事で、ミーハー細矢これを食べるために今日、Next doorに行って来た。

そのザリガニスープ。


濃厚な色合い、ほのかなカニの香り、スプーンひとくち口に入れると少し薄い感じがしたが、食べ進めていくにつれ濃厚さが増していく。
これは美味しいスープだが、159コルナ。
なかなかの値段である。
しかし、それだけの価値はあると私は思った。

そしてメインはカモか仔牛かいろいろ悩んだ結果、スヴィチコヴァにした。
このソースの味で美味いか美味く無いかが判断できるからだ。
クネドリーキも別皿で運ばれ、皿に盛り付けてもらう仕組みで、クネドリーキは4枚きた。


まずソースをフォークで掬いひとなめしてみた。
ソースが舌先に着陸した瞬間、ソースの香りが口の中に一気に拡散された。
多分、今まで食べたスヴィチコヴァの中でもベスト3には入るソースだ。
そしてお肉も柔らかくソースに絡みやすく抜群だ。
220コルナぐらいでこれもなかなかの値段だが、旧市街地で同値段を払うのであればここはオススメだし、一度はここのスヴィチコヴァを食べでみて欲しい。


デザートはトヴァロフチーズのクネドリーキにケシの実のアイス。


とにかく他の料理も食べてみたくなる魅力的なレストランであった。


たまにはチェコ料理を、と言う方にオススメのレストランである。

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
17:27  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.11.30 (Wed)

YUNIKU 焼肉

ナーメステーミールに最近オープンした。
https://m.facebook.com/Yuniku-Charcoal-BBQ-833558723447766/
YUNIKUという焼肉屋さん。
アドレスはslezská3番地だ。
すでに出掛けられた方も多く、いいね!の声が半端ない。


炭火でじっくり焼く。


煙はこいつが吸い取ってくれる。


準備万端だ。


付け合わせ。


肉。


肉と野菜。
あとホタテも追加。


焼く。


完食で満腹。


11月はオープン記念で30%割引だったので、4人で2100コルナとナイスな値段。
仮に30%プラスしても2800コルナほどだ。
これはありだ!
しかも煙吸い取りシステムで臭くならない。
ぜひお試しあれ。
ただ要予約だ。

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
00:13  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT