2018.04.23 (Mon)

Zbirov ズビロフ

プラハとドイツのニュルンベルクを結ぶ重要な交易路に、Via Carolinaもしくはニュルンベルク街道と呼ばれる街道がある。
今はその街道をヒントに高速道路D5が走っている。
その街道をプラハから約50kmほど走ると、ズビロフ城が建っている。


ロマネスク、ゴシック、フス時代、ルネサンス、バロック、古典主義、アール・ヌーヴォーとさまざまな様式を持ち合わせているお城だ。
つまり古くから存在し、立地、情勢などを含め重要なお城だった事が分かる。


もとはこの地域の貴族が、そしてプシェミスル・オタカル2世が、カレル4世が、ジクムンドが、ルドルフ2世が所有し、特にルドルフ2世の時代に大改修されルネサンス化された。
17世紀の30年戦争で多大な被害を受け、19世紀に入るまで荒れ放題となってしまった。


1868年に、プロイセン生まれの鉄鋼王Bethel Henry Strousbergが購入し、ネオルネサンスの城に大改修をした。彼はこの地を鉄鋼の町、いわゆるチェコのマンチェスターにしようと考えていたが、製鉄で失敗し破産してしまう。
その後、コロレド・マンスフェルト家が購入したが、マンスフェルト家はこの城では生活せず、賃貸として活用した。


第二次世界大戦中はナチスドイツが没収し使用、戦後はチェコスロバキア軍が利用し軍事機密拠点となった。2004年に軍撤退後、ガストロ-ジョフィンが所有し2005年より一般公開される。
現在はホテル、レストラン、結婚式、見学ツアーなど、多くの訪問客が訪れるお城だ。


ちなみに、ここはテンプル騎士団との縁もあり、その事もあって2012年1月にレオナルド・ダ・ヴィンチの肖像画がイタリア以外で初めて公開された城でもある。
実はそのテンプル騎士団は1307年10月13日金曜日に時のフランス王フィリップ4世の意により一斉逮捕され異端審問を受け活動禁止、その後1312年には教皇クレメンス5世により騎士団禁止令を受けた。13日の金曜日…。そうご存知の13日の金曜日の所以のひとつとも言われているのだ
現在もズビロフ城では月一ペースでテンプル騎士団の団員が集合しているそうだ。

あっ、チェコネタだとこれの方が大事だった。
チェコ代表するアール・ヌーヴォーの芸術家、アルフォンス・ムハ(ミュシャ)がスラブ叙事詩を描くためズビロフ城をアトリエに使い、約20年ほど家族と共に生活をしていた。そう、これこれ。
で、ムハはスラブ叙事詩のためのモデルを雇っていて、その多くはズビロフの住民だったそうで、現在になってスラブ叙事詩の詳しい資料本が出版されたのだけれど、その資料本には多くの製作中の写真もあり、その写真にズビロフ在住者の祖父母がモデルとして写っていて驚いた。なんて話もあるようです(お城のガイドさん談)。

ズビロフ城にはムハ物はあまり無いのですが、同じ空間でインスピレーションを受けてみませんか?


スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
10:23  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.09.15 (Fri)

SOOS

フランティシュコヴィ ラーズニェの北東約6kmの所に221haの広さで国立自然指定地SOOSが広がっています。
チェコほぼ最西部の町Chebのそばでもうドイツとの国境に近い所です。


この地域はその昔、暖房のための泥炭、入浴のための泥、耐火煉瓦生産のための珪藻土を採掘しており、ミネラルウォーターからはバスソルトが取れ、木材を伐採し家畜のための草を刈っていました。
しかし1964年にそれら採掘を中止して、自然保護区に指定されたのです。


SOOSではたくさんのミネラル源泉があり、地中からポコポコと赤茶色の水が湧き出しています。
春になると水量も多く、かなり綺麗な景色が見えるとSOOS係員が言っていましたが、湿地に作られた自然トレイルを歩いていると、水が少なくても結構面白いのです。


堆積している泥炭や珪藻土が広がり、その表面にはクレーターのような丸穴が開いており、そこから二酸化炭素を含んだ水泡がプクプクと出ています。
モフェッタ、炭酸泉と言うようです。
冬になるとその炭酸泉が凍り、柱のようにもなると写真で見ました。
地質学好きにはたまりませんね。


この湿地には特徴的な動植物がおり、鳥類で100種、昆虫に至っては1000種類も生息しているそうです。
カワセミや黒ツル、ミズグモや多種の蝶など、こちらは生き物好きにはたまらない場所となるのです。


もちろん、地質にも生き物にも興味がない方でも、自然の作り出した芸術的な風景の中をただただ歩くだけでも構いませんから、散歩好きにはたまらないでしょう。


私は今回、自然トレイルを歩きながら炭酸泉にのみ目が行ってしまっておりましたが、もし次回、季節を変えて来るのならば、そのような動植物にも注目してみたいと思いました。
特に鶴を見てみたいですね。
いつチェコに飛来して来るのでしょうか?
チェコは越冬地なのか、それとも春?夏?


もし冬に来るのならば、写真で見た炭酸泉が凍って柱になっている状態を見てみたいです。


そして係員が水量の多い春が綺麗と言っていたので、やはり春にまた来るしかありません。
一面が水で覆われ、花も咲き、確かに綺麗な景色が想像できます。


さてあなたはどの季節のSOOSを見てみたいですか?


それほど広くない自然トレイルで1時間もあればひとまわりできます。
あと入場料が掛かります。
90コルナでした。


さあ、みんなも行ってみましょう。




メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:51  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.09.10 (Sun)

RIMOWA

今やスーツケース界では一番人気のかもしれないRIMOWA。
プラハにも高級店通りになったパリ通りに店舗を構え、毎日のようにC国のツーリストがどデカイスーツケースを買って、ゴロゴロゴロゴロパリ通りを引きずり歩いている。


わざわざ記すまでもないが、このRIMOWAは1898年に創業され、本社はドイツのケルンにある。
そして現在はドイツ、ブラジル、カナダ、そしてチェコに工場があり、あのスーツケースを生産しているのだ。
だからあなたが持っているRIMOWAはひょっとしたらチェコ産かもしれない。
チェコ工場はPelhřimovの工場地帯にある。しかし残念ながら直営店やOutlet店は無い。
あったら良いのになぁと思うが、無いのだから仕方がない。


敷地外から工場を覗き見ていたら、スーツケースの元なのか、中央部が空洞のプラスチック板の束が置かれているのを見つけた。
これがあの人気スーツケースになるのだろうか?
とすると、どう加工したらあの形になるのだろう?
工場の中を見てみたい。
見学できないのだろうか…。


ウェブサイトを見ても見学については触れていなかった。
ヒュイーン、ガチャン、ヒュイーン、ガチャンと機械がプラスチック板を縦横左右に回転させながらプレスしているのだろうか。
検品はやはり人の目なのか。


やっぱり工場の中を見て見たいな。

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
06:45  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.09.08 (Fri)

コステレツ ソーセージ

スーパーマーケットでハムサラミコーナーに行きますか?
カウンターに並んで「〇〇何グラム下さい?」と販売員に頼んで買いますか?
それともすでにパッキングされた物を買いますか?
私はどちらかと言えばカウンターに並ぶ方ですが、面倒な時はパッキングハムサラミを買い求めます。
まあ、こんな前置きはどうでも良いのですが、ハムサラミコーナーに並んでいるパッキングハムサラミで奇妙で一回見たら忘れないであろうロゴを知りませんか。


その会社の名前はKostelecké uzeninyと言い、訳すとコステレツのソーセージとなります。
プラハから南東へ約150kmの所にあるKostelecと言う町に工場があります。


プラハからユネスコ世界遺産Telčに行く時は大体、工場の脇を通ります。
私も何度も通り、見かけていたので、いつかここに立ち寄ってソーセージやサラミを買いたいと思っていました。
そうです。
販売店が併設されているのです。


先日やっと工場に立ち寄る事が出来、直営店でソーセージ2種類とサラミ、そしてプラハハムの缶詰を購入しました。
しめて308コルナ。
マヨネーズをサービスしてくれました。


さて一回見たら忘れないだろう奇妙なロゴとはどんなロゴかと言うと、前の写真にもありましたが、↓こんなロゴです。


あー知ってるー!
って声が聞こえて来ましたよ。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
17:26  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.01.05 (Thu)

蜂蜜入り蜂の巣

先日、チェコ有数の温泉地でもあるカルロヴィヴァリに出掛けた時の事です。
確かに前からあったと認識はしていましたが、人間て面白いものでその時に興味がないと見えて来ないようで、前までは全く気にかけていなかった物に目が止まったのです。
それは「蜂蜜入り蜂の巣」でした。


カルロヴィヴァリの郊外にあるDalovice村の養蜂家が販売元で、蜂の巣もそのまま食べられるようになっているから、必要なだけ手で割って調理に使用する事ができるます。


一欠片割って食べてみると、まあ普通にハチミツでした。
ただハチミツは口の中で溶けてなくなるのですが、残った蜂の巣を噛み続けているとなんかチューインガムのようになってしまったので、飲み込むのを諦めてしまった事もご報告せねばなりません。
多分、熱いティーとかクッキングに使えば問題ないのではないかと思います。


値段はひと瓶78コルナでしたので、日本円にしたら400円ぐらいです。
面白いし安いですよね。
他の町でも販売しているのかどうか分からないのですが、もしカルロヴィヴァリに出掛ける機会があったらお土産にひとついかがでしょうか?


フジーデルニーコロナーダとマーケットコロナーダの間にオプラトキと言うウェハースを売っているお店があって、そこで売っていましたよ。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:25  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.09.07 (Wed)

ピーセクの石橋

プラハから南へ110kmほどの所にピーセクという町がある。
1243年に設立されている。
実際にはもっと前、旧石器時代から人類が生活していた形跡はあるが、ピーセクと言う名が、1243年にヴァーツラフ1世が発行した文書に初めて登場するので、1243年設立となっている。
町にはオタヴァ川が流れ、その昔は金が採掘されていた。
しかし町の設立の目的は金採掘だけでなく、Zlatá stezkaと呼ばれた中世の通商行路を守る目的があった。
Zlatá stezka 黄金の道。

13世紀後半、プシェミスル オタカル2世の命により、橋が建設された。
全長約110m、幅は6.25mと小さい橋ではあるが、プラハのカレル橋よりも古いのである。
これにより、Zlatá stezkaはバルト地域と地中海地域が結ばれたのである。

また橋は鹿の橋と呼ばれていたのだとか…。
昔話によると、最初に渡ったのが予期せね事に森から出没した鹿だったんだとか…。
ただ、ほとんどの住民は古い橋と呼んでいた。
2007年になってやっと、ピーセクの石橋 と決まり、名前については一件落着となった。
2002年の大洪水では増水した水面から橋に立つ聖人像の姿のみが見えるほどまで増水し、橋自体は水没してしまっている。
その後、迅速な修復工事のおかげもあり、今も13世紀後半の姿を残すピーセクの石橋を見、渡ることができるのである。


そうそう。
ピーセクは橋だけではない。
町も可愛らしいので、プラハから南に出かける際は立ち寄ってみてはいかがだろうか。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
10:38  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.08.27 (Sat)

アドルフ ロース

仕事柄いろいろ人と会え、いろいろな場所に行ける。
橋の視察旅行、ダムの視察旅行、ホップ畑、保育園、車工場、ビール工場、チェコハイキングツアー、サイクリングツアー、マラソンツアー、合唱…。
ぼくはそれら分野の専門家ではないけれど、日本から来るお客さんのヘルプとして付き添うのだから、ある程度の事は勉強しておかなければならない。
だから付け焼き刃的な所があるのは否めないが、広く超浅く知識を入れる努力をしている。

今回はアドルフ ロースについてだ。
1870年にブルノで石工の子に生まれた。


1893年から3年間アメリカに滞在し、シカゴ万博を訪れた際に刺激を受け、それが彼の建築スタイルの礎となった。
「装飾は罪だ」と言う言葉を残し、ロースが設計した住宅の外観にデコレーションがない。
室内にいる時は外観なんて見えない。
ならば、インテリアのデザインを重視せねば。
しかし、装飾的な物は要らない。
自然の良い資材を使えばそれがそのまま装飾になる。
と言うコンセプトだったようだ。


またロースによると、「空間内の個々の部屋に平はない。」と言う事で、室内に入ると、共有スペースは壁やフロアで隔てられていない。
それを「ラウムプラン」と呼んでいる。


インテリアには高価な資材が使われている。
大理石、トラバーチン、楓、マホガニー、レモン、サクラ、梨、ガラス、シルク、銀糸…インテリアを見ていて飽きる事が無い。


リビングルームにある椅子は色々なデザインがあり、統一性が無い。
ロース曰く、リビングルームにいる人のその時の雰囲気、体調、気分は皆が同じではないので、その人がその時に座りたいと思う椅子に腰掛けるべきなのだそうだ。


部屋の左右対称、空間の明暗、床に敷くカーペット、棚に置く小物にもこだわりを持っていた。
しかもシンプルで使い易さも重視している。


ちなみにここはプラハにあるミューラー邸。
1928年にフランティシェク ミューラーの依頼で建てられたが、周囲の建物との調和が取れないデザインのため、なかなか建築許可が下りず、1929年6月にやっと許可が下りて、その後10か月で完成させている。


室内の撮影は禁止されていたのに、今回の見学では携帯のカメラであれば撮影OKとなんだか決まりの悪い許可をもらい、撮影をした。


さて、アドルフ ロースはピルゼンでも仕事をしている。
当時ピルゼンはシュコダ社や関連会社のおかげで、富裕層が多く住み、彼らが住む住宅の設計依頼があったのだ。


ロースはピルゼンでインテリアの設計、建物を含めた設計を合わせ、13軒の設計を手掛けた。


第二次世界大戦、その後の共産党政権下で大ダメージを受けてしまったが、13軒の内の8軒がなんとか残り、大修復をし、現在は4軒で一般公開されている。


1930年頃の近代建築、インテリア好きには是非見て頂きたい代物である。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
12:08  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.08.25 (Thu)

Prim

東ボヘミアにNové město nad metuí という町がある。
その町には産業がありまして、日本ではまだマニアの人にしか分からないかもしれないけれど、ここからなかなかの物が提供されている。
本当になかなかの物だ。


その工場見学。
従業員50人ほどで、そのなかなかの物を作っている。


部品も他社から取り寄せることなく全て自社製だというのがここの自慢だ。


いろいろな機械のそばには、なかなかの物のための部品が無造作に置いてあった。
その部品は全部小さい。


そのなかなかの物の心臓部を形成する歯車、ネジ、芯棒みたいな物がこれまた無造作に小分けされていた。


見学を進めて行く。
あっ、なかなかの物の顔の見本表だ。


そうです。
なかなかの物とは時計でした。
ここはPrimと言うチェコ時計の工場だったのです。


オメガでもなく、ロレックスでもなく、パテックフィリップでもなく、セイコーでもなく、とにかくマイナーだけど良い時計が欲しい!という人はmade by czechのPrimをチェキラー!!
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
16:48  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT