2016.06.07 (Tue)

modrotisk 藍染

モラビアのStrážniceストゥラージュニツェに行ってきた。
モラビアの藍染を見るためだ。


1906年、ここストゥラージュニツェにチリル・ヨフさんが引っ越して来て、
藍染を始めた。


その後、息子のフランティシェク・ヨフ、その同名の息子フランティシェク・ヨフと続き、
今は5代目が活躍している。


そもそも企業として青染色の製造を始めたのはオランダのアムステルダムで、時は1678年。
その技法がドイツ、ボヘミア、モラビア、スロバキアへと広がったのだ。
1736年にはスロバキアのシャシュティンで製造されるようになった。


ヨーロッパで藍染?と首を傾げるかもしれないが、
ヨーロッパでも、と先入観を改める必要があるな。


現在、ストゥラージュニツェの工房はArimoという会社経営になっており、
建物の1階が工房、販売店、食堂などとして使われている。
その工房を入場料30コルナで見学ができるから、見学しない手はない。


工房に入ると、5代目だと紹介された美人染色師が白い生地に丁寧に型をあてていた。
完全なる手作業だ。


その生地を染色する。
5分浸して乾燥、これを5回行ってから、洗濯機で洗い乾燥させる、と言っていた。


そして完全に乾いたら生地のまま販売したり、手提げ袋やデーブルクロス、
ランチョンマット、エプロン、ネクタイなどを作り販売している。


ちなみにチェーン展開している雑貨店マニファクトゥラでも、
全店舗ではないが、ここの製品が販売されている。
ただ当然ではあるが直営店の方がお安い。


私はTシャツが欲しかったけれど残念ながらそれは無く、
ネクタイと思ったけど結構薄くてペラペラだったので、
無難に、手提げ袋とランチョンマット、65cm x 65cmの小さいデーブルクロスを買いました。


日本にはないチェコ、いや、モラビアらしいデザインの品々。
手作りだから同じデザインでも多少のバラツキがあるがそれも乙があって良い。
皆さんもおひとついかがですか。

↓ARIMOのウェブページ
http://www.arimo-modrotisk.cz/

スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
16:47  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.04.22 (Fri)

モラビアの大草原

ここ2、3年でしょうか?
よく聞かれます。
モラビアの大草原について。
「はぁ?なにモラビアの大草原って…?」
と思っていました。


よくよく聞いてみると、なんだか、「しぬまでに見たい絶景」で紹介されたようです。
モラビアの大草原。
私も画像を見てみました。
率直に言うと、「カメラマンが巧い。」
いやはや綺麗に撮っていますね~。


でもね、「モラビアの大草原ってどこですか?」という質問はですよ、
「東北地方の水田地帯ってどこですか?」と聞いているようなものなのです。
そうなると、ピンポイントでここですよ!と答えられますかな?
また人によっては、北陸でも中部でも近畿でも四国でも九州でも、
「おらが地方でも水田地帯はあるぞ!」と言いますよね。


こちらも一緒です。
ピンポイントでここがモラビアの大草原です!とは答えられないですし、
なにもモラビアに固執する事もなく、ボヘミアにも似たような風景はあるのです。
チェコは国全体がほぼ丘陵地帯でなので、春、緑が茂ってくると、
いわゆるモラビアの大草原なる景色がチェコ全土に広がるのです。


でもどうしてでしょうか?
ネットで紹介されたからでしょうか?
モラビアに牧歌的なイメージを勝手に持ってしまうからなのでしょうか?
モラビアの大草原を見ておこうという気になりました。
ネットですでに行かれた先輩方の投稿を見、紐解いてみるとポイントが分かってきました。
Nesovice、Nemotice付近だろう。
車が無いと不便。
自転車移動はベター。
e.t.c.e.t.c.


なるほどなるほど。
Kyjovにレンタル自転車屋があるからそこでレンタルして体力勝負で全域を見る。
もしくはNesoviceまで電車で行って一日かけて体力勝負でハイキングする。
色々考えましたが、結局は移動に便利な車でぐるりと周ることにしました。


ブチョヴィツェ、ネソヴィツェ、フヴァルコヴィツェ、ニトゥコヴィツェ、
ネモティツェ、コリチャニ、キヨフ・・・を幅広く周りました。
ただ車は移動手段としては便利ですが、小回りが利きません。
「あっこの景色!うっ今!」で急に駐車できないのは不便です。
運転しながら「ここで停められれば・・・」と何度も思いました。


それでも何とか停車できる場所を見つけ、停車しては写真を撮り、
よりよい景色を求めるがために舗装されていない道を走り、
駐車して歩いていると、驚いた野生のシカが目の前を走り去り、
身を潜めていたキジが驚き、キーキー鳴きながら飛び去り、逆に私が驚く始末。
それでも綺麗な景色を見る事ができました。


時期はいつが良いでしょうか?
ずばり、4月から6月でしょうね。
冬から春にかけての天候も左右しますが、リンゴの花や桜の花が咲いています。
そして牧草も長すぎず短すぎず、麦もまだ緑。
5月になれば菜の花満開で真っ黄色。


7月になったら麦は黄金色。
8月になったら刈り取られ。
秋麦というチャンスはあるかもしれないけれど、やはり緑は春でしょう。
だから麦が黄金色に変わる前までに行くのが良いです。


緑が波打ち、空に雲があれば雲の影が緑に写り、
毎日毎日、同じ場所で違う風景が見えるのですね。


ここ!というポイントはありません。
あなたのモラビアの大草原を見つけましょう。
それがボヘミアでもかまいません。
春には波打つ大草原がチェコで見れるのです。


その景色を見たら誰しも、
「あぁぁぁ~。」
と心の中で叫ぶこと間違いありません。

私の中のモラビアの大草原に行ってきました。




メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
23:50  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.08.26 (Wed)

レドニツェ・ヴァルティツェ景勝地 後

前回、8月頭に出掛けたレドニツェ・ヴァルティツェ景勝地について書いた。
あまりにも広すぎて時間が足りずエリア全域を周り切れなかった。
その悔しさが残り、先日また彼の地を訪問してしまったのだ。
もの好きな俺である。

まずはヴァルティツェから2kmほど奥地へ行った。
ここは景勝地エリアとしては最南端にある。
モニュメントはコロナーダだ。


コロナーダは丘の上に建っており、
ぶどう畑越しにヴァルティツェの町が一望できる。
月曜日以外はコロナーダの上に登れるのだけれど、
出掛けた日はドンピシャの月曜日でコロナーダニは登れず。
残念。


そしてここはもうオーストリアとの国境間近だ。
国境へ行けば今はなんのチェックも無く歩いて越境できてしまう。
しかし、昔は厳しいチェックをしていたであろう国境の建物が残り、
その建物は「鉄のカーテン博物館」なる展示場となっていた。
入場せず。


私は徒歩ではなく車で国境を越えた。
超えたすぐの所でぐるりと辺りを見回すと、
遠くにミクロフの町が見えた。
肉眼でははっきり見えたがカメラでは見えなかったか。


その後、再びチェコへ戻る。
舗装されていない裏道を通り、もうひとつのモニュメントへ向かった。
昔のオーストリアとチェコの国境に建てられた「国境の館」だ。


さて前座はこれぐらいにして、この景勝地のメインに行こう。
メインはやはりレドニツェ城。
まず脇目もふらず船着場へ向かった。
ボートに乗り水路でミナレットまで行くためだ。
2kmの距離を20分掛けて進む。
運賃は130コルナ。
舵をとる船頭は語る。
「レドニツェ・ヴァルティツェの水路、運河、小川はディイエ川の洪水対策のために作られた。
水位は年間を通して一定で、水深は1.5mほどだが、それと同じく1.5mの泥が沈殿している。
だから、ボートから落ちたら泥にはまって出れないから気をつけるように。
庭の木々には日本から持ってきた木もある。
ミナレットの頂上からは運が良ければウィーンのシュテファン寺院の塔が見える。
さらにはアルプスだって見えるのだ。」


前回、お城のガイドもシュテファン寺院の事を説明していたけれど、
本当に見えるのかな?しかもアルプスだって…。
確かにアルプスの終いはウィーンだけど、
よっぽど空気が澄んで天気が良くないと見れないだろうな。


一応ダメもとながらも期待を込めて、
302段の階段を登りミナレットの頂上へ進む。
天気は曇天だ。


レドニツェ城は綺麗に見えた。
列車の国境駅の町、ブジェツラフも見えた。
遠くを見ても、やっと風力発電の風車が見えるだけ。
さすがにウィーンまでは見えない。


再びミナレット船着場に戻り、今度は水路でヤン城に向かう。
約4kmの距離を40分掛けて進む。
運賃は160コルナ。
川沿いにはテントが張られている。
そばには釣り人がじっと座っている。
キャンプしながら釣りをしているのだ。
船頭の話によると、許可制で解放されているのだそうだ。
しかし一体、何が釣れるのだろう?
ナマズかな?


そんな川沿いの景色を眺めていると突然、城が見えてきた。
ヤン城である。


あえて瓦礫状で造られた19世紀初めのお城。
中世の古城をイメージしたのだろう。
ロマン主義である。


そこからは自分の足でレドニツェ城に戻る。
緑のトンネルを抜ける。


馬車が追い越して行った。


今回の訪問でもまだ全部見きれていない。
レドニツェとヴァルティツェの間にまだ見所があるのだ。
アポロン神殿や狩猟館など。
でも、とりあえず見たい物は見た。
景勝地も巡った。
レドニツェ・ヴァルティツェ・・・
そこそこに見たつもりになったが、ひとつ疑問が。
なんでここはユネスコなのかな。
ユネスコの基準が分からなくなってきている。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:33  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.08.25 (Tue)

レドニツェ・ヴァルティツェ景勝地 前

スイスとオーストリアに囲まれた小国がある。
その名もリヒテンシュタイン公国。
リヒテンシュタイン家は経済、地位共に強大な貴族であった。
今でこそわずかな領土しかないが、1945年まではチェコに所有地が存在していた。
始まりは13世紀、モラビア辺境伯で後のボヘミア王プシェミスル・オタカル2世が贈呈した。
最初はミクロフを贈呈され、その後、レドニツェ周辺を所有するようになる。
ミクロフはディートリヒシュタイン家の物となる。
それから700年もの間、レドニツェ・ヴァルティツェ地域はリヒテンシュタイン家の定住地となった。
この地域はウィーンから北に80kmと離れておらず、
面積は約280㎢あり、160㎢のリヒテンシュタイン公国よりも広いのだ。
チェコスロバキア誕生前のハプスブルグ帝国時代であれば立地条件も最高だったであろう。

リヒテンシュタインは居城をヴァルティツェに構えた。
ザ・バロックの威厳ある城が今も残っている。


18世紀終わりから19世紀に掛けてリヒテンシュタインは土地を大改造した。
川を作り、島を作り、森を作り、北米の木々を植林し、温室を作り、
いろいろな文化的モニュメントを作り、つまりは箱庭の実写版といえば良いのか、
一大テーマパークを作り上げたのである。
日本が誇る東京ディズニーリゾートの面積の140倍の面積にあたるのだ。


すでにあった城も改築し、夏の離宮、レドニツェ城も作った。
19世紀半ばに訪英し、イギリス風ゴシックに憧れ、そのスタイルで建設した。
チューダーゴシックと呼ばれている。


城に招待された者は、徒歩なり、乗馬なり、馬車なり、果てはボートで、
その広大な土地に作られた一大テーマパークを散策する事が出来たのである。


森のような木陰を進んで行くとローマ時代の水道橋が現れ、


その遺跡風も出現する。


そしてメインモニュメントのミナレット。
高さ約60mあり、上に登ることができる。
今回は登る時間すらなかったけれど、お城のガイドさん曰く、
天気が良く空気は澄んでいると、ウィーンのシュテファン寺院の塔が見えるのだそうだ。
本当かなぁ?
ミナレットは1794年から1804年にかけて造られた。
キリスト教の地によくミナレットを建てたものだ。
ちなみに設計者はJosef Hardtmuth。
彼はチェコ文具メーカーKooh i Noorの設立者のひとりでもある。


梢にはコウノトリが住まう。
池には魚もいる。
今回は時間の都合上、水道橋とミナレットしか見ていないが、
他にもオベリスク、ダイアナ神殿、アポロン神殿、ゴシック風の廃墟となった城、
コロナーダ、狩猟館…多くのモニュメントがある。
当時の人は冒険感覚で散策したのだろう。


現代に生きる人間だってワクワク感は同じだと思う。
しかし半日では数か所しか回れない。
丸一日使ってもきついのではなかろうか。
ベストは宿泊し自転車と徒歩でモニュメント巡りをするのが良いのだ。


近年、ユネスコ世界遺産巡りで当地に訪れる団体があるけれど、
城の近辺だけさっと見ただけでは、
「なんでここがユネスコなの?」
となるのは当然なのです。
リヒテンシュテイン家が100年以上もかけて造り上げた景勝地なのですから、
ゆっくり時間を掛けて景勝地全体を見て回らないと素晴らしさは伝わってこないのですよ。


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
12:26  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.08.06 (Thu)

ミクロフ

海抜363mの聖なる小円丘に登る。
スヴァティ・コペチェクと呼んでいるが、
山頂には聖セバスチャン教会と鐘楼が建っている。


スヴァティ・コペチェクからは人口7500人ほどの小さな町を見下ろせる。


ミクロフだ。


ここはもうオーストリアとの国境に近い。
超近い。
資料によれば町の起源は知られていないが、1082年、時のボヘミア王ヴラティスラフが、
オーストリアのバーベンベルグ家を倒してからこの地域がボヘミア領となったとある。
そのすぐ後、モラビアとウィーンを結ぶ交易路として丘に城が築かれた。


1249年から1560年まではリヒテンシュタイン家が、
1575年から1945年まではディートゥリヒシュタイン家が領有していた。


町の高台にあるのがミクロフの城だ。
第二次世界大戦で被害を受け、修復後は地域博物館になっている。
時間の関係で見ることができなかったが、城のワインセラーには巨大なワイン樽がある。
その巨大さといったらとてつもなく中欧で2番目に大きく、容量は1014ヘクトリットルもあるという。
ワインボトルにすると135000本分になる。
ちなみにミクロフはチェコワインの名産地なのだ。
ミクロフに出かけた際は是非ワインをお試しあれ。
暑い日に冷えた白ワインは最高だ。
もしくは白ワインと炭酸水で割った物も飲みやすい。
střikで通じるはずだ。


さて城に行き、テラスからスヴァティ・コペチェクを見た。


さらに敷地内を進んでいるとふと思い出した。
昔々プラハ城内の黄金の小道付近にあったモニュメントがミクロフ城に移されていた事を。
敷地内を歩き、探すと中庭に設置されていた。
懐かしさのあまりつい撮影。


広場にあるディートゥリヒシュタイン家墓所教会を見学し、
町から少し離れたコジー・フラーデクに登った。
山羊の小城という意味。
なぜ山羊なのだろう…?


ミクロフに来たのはもう15年ぶりぐらいか。
近くを通ることはあっても町に入ることはなかったものなぁ。
しかしまあ綺麗に修復されて可愛らしい町に戻ったものだ。


後日投稿予定のレドニツェ−ヴァルティツェ景勝地と併せて訪れる価値はある。
特に夏、まさに今だ。
自転車に乗ってブラブラ田舎道を走るのは最高なんだ!

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
11:43  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.05.21 (Thu)

プンクバ洞窟

チェコ東部、モラビア地方にはモラビアカルストなる地域がある。
このカルスト地方には少なくとも1000もの洞窟がある事が知られており、
安全とみなされた洞窟は一般公開されている。
その中でも特に有名で人気のある洞窟がプンクバ洞窟。

どこにあるのか?
まずは地図でBrnoから北に位置するBlanskoを探そう。
Blanskoの東一帯がモラビアカルスト地方なのだ。


プンクバ洞窟への道はふた通りある。
skalni mlynからとmacochaからだ。
詳しい地図であれば小さく記されているはずである。
5月19日時点ではskalni mlynの駐車場からプンクバへ続く道路が通行止めで通れない。
よってさらに車を走らせ丘を上りmacochaまで行かねばならない。
macochaはプンクバ洞窟の入り口のほぼ真上に位置している。

macocha深淵は深さがなんと138.7mもある。
上小橋から見下ろした景色だが、スマホを落とすかもしれないと恐怖したため、
下の様子がよく分からない画像になってしまった。


ちなみにmacochaとは継母と言う意味だが、こんなお話がある。

ヴィーレモヴィツェ村に農夫、奥さん、男の子マルティンの一家が幸せに暮らしていた。
しかし奥さんが病気で亡くなってしまう。
残された農夫とマルティンは悲しみに暮れていた。
年月も過ぎ、農夫は家政婦と結婚し、新たに子供も授かり、再び幸せな生活が戻って来た。
ただこの事はマルティンには不幸の始まりとなった。
自分の子供を特に可愛がった継母はいつもマルティンには冷たくあたり、叱り続けてたからだ。

ある日、農夫は新しい子供を連れて町に出掛けた。
家に残った継母とマルティン。
継母はマルティンに言った。
「森にはイチゴがいっぱいなってるから摘みに行きましょう。」
イチゴを一杯摘み、さら森を歩いていると突然、村人もあまり行かない所まで行きついた。
そこは息をのむほど深く、底無しと伝えられている緑の湖がある黒い深淵だ。

継母とマルティンは立ち止まり、そこから引き返そうとしたが、
継母は深淵の崖にとてつもなく立派なイチゴがあることに気づいてしまった。
そしてマルティンに優しく言った。
「あんな立派なイチゴを摘まない訳にはいかない。摘んでおいで。」

マルティンは怖がったが、継母に叱られるのを嫌がり断れなかった。
深みを覗いた時、継母の手がマルティンの背中に触れ、
マルティンは奈落の底へと落ちてしまった。

マルティンの叫ぶ声を聞きながら逃げる継母。
森の中を逃げ惑っていたが、彼女の罪は逃れられないものだ。
継母は良心に苛まれ深淵に戻って来、身を投じてしまった。

農夫が町から帰って来たが家には誰もいない、暗くなっても帰ってこない。
隣人に問うと、イチゴを摘みに行った事を知る。
あてもなく森を探しまわっていると、件の深淵にたどり着いた。
そこからかすかな泣き声が聞こえる。

農夫が深淵を覗きこむと、崖に生えている松の木の枝に吊り下がっているマルティンを見つけた。
大急ぎで村に帰りロープなど救助に必要な物を準備して深淵に戻り、なんとかマルティンを救った。
農夫は昏睡しきっているマルティンに尋ねた。
「お母さんは?」
と同時にマルティンの身に何が起こったのかも悟った。
そして、崖の中腹の茂みには引きちぎれた彼女のショールが見つかった。

それ以降、ここは継母、macochaと呼ばれるようになり、
今でも嵐の日には森を抜ける風や雷の音と共に、彼女の泣き声が聞こえてくるという。

不幸な継母のお話。

あぁぁ怖い。

話を戻す。
上小橋から280mほど歩くと下小橋に行くことができる。
下小橋から上小橋を見上げた。


再び上小橋へ戻りロープウェイでプンクバ洞窟入り口に向かう。
上小橋から洞窟入り口まで徒歩で行くことも可能だが、
その標高差は約100mもあるのだから徒歩だと途方に暮れてしまうので、
ここはロープウェイを利用するのをお勧めする。
往復90コルナ。


ロープウェイで下るとすぐプンクバ入り口が見つかるが、
只今、入り口ブースの大工事中であった。
この工事の関係でskalni mlynからの道が通行止になっていたのだ。
11:00、チェコの小学生一団と共に入場。
徒歩650m、ボート450mの大冒険の始まりだ。


いまだに成長している鍾乳石、残念ながらもう成長しない鍾乳石と両方あるが、
今も生き続けいている鍾乳洞である。


フクロウに見えたり、小人に見えたり、パイプオルガンに見えたり、
いろんな形に見える鍾乳石だが、全て自然の力で形成されている。


ロミオとジュリエット。
もう成長しない鍾乳石。
だからもう絶対にくっつかない。
あと10cmぐらいなのに…。
しかし仮に成長していたとしても10cm伸びるのに750年近くかかるそうだ。


カーテン。


天使。


と見て行くと突然外に出る。
とても神々しい。
実はここはmacochaの底である。


見上げると下小橋から小学生グループが手を振っているのが見えた。


そしてここからボートに乗ってプンクバ小川を進んで行く。
乗船中は撮影禁止である。
一度、マサリクホールで下船。


1920年、時のチェコスロヴァキア大統領T.G.マサリクが訪問した事から彼の名が付いた。


竹林。


再び乗船し、進む。
頭に気を付けないと怪我をするのは間違いない。
スリル満点の見学である。


そして1時間後、ついに見学終了。


人気があるため夏場は要予約だ。
たかが鍾乳洞と言うことなかれ。
スロベニアのポストイナ鍾乳洞の方がスケールはもちろんでかい。
でも、チェコにだって鍾乳洞があるんだ。
ぜひ出掛けてみよう!
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:08  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.02.14 (Sat)

キャットカフェ

前回アップしたトゥーゲンハット邸の見学予約まで時間がかなりあったので、
それまで時間を費やさねばならなかった。
ぶらぶらするには寒いし、近所は住宅地で何もないだろうと想像するも、
せめてカフェぐらいはないだろうかと期待しながら歩いてたら、
なんと200mほど離れた所にあった。


あるもんですねぇ。
で、即入店。
キャットカフェと言うから、生キャットがいるのかと思ったら、
生キャットはいないかった。
いなかったけど、メニューの表紙にキャット。


トイレの壁にキャット。


店内の壁にキャット。


床にはキャットの足跡。


ブレックファーストを食べた。


お会計をお願いするとレシートにもキャット。


後になってから↓WEBページを見たんだけど、実はカフェは4フロアもあって、
お好みの場所でコーヒーを飲めるようになっていたんだって。
知らなかったから上のフロアに行かなかった。
残念。

http://www.thecatcafe.cz

あとはねこんなコメントもあったんだ。


心配しないでお子様もペットもみんなで来ちゃってね。
だって当店は“子供とドッグフレンドリーカフェ”なんだから。

キャットカフェなのに…。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
21:44  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.02.13 (Fri)

TUGENDHAT トゥーゲンハット邸

20世紀初め、この地は大変貌を遂げた。
この地とはブルノ。
大きな村と呼ばれた小さな街だ。
旧市街は変わらずだったが、街が拡張され、
新しい住宅、学校、施設が次々と建ち始めた。

その時代の流れに乗ってか、ブルノを一望できる丘の上の土地を、
実業家のLow-beerが娘グレーテにに贈呈した。
婚約者でもあるフリッツ・トゥーゲンハットと住む家を建てるためである。
グレーテとフリッツの二人はミース・ファン・デル・ローエに設計を依頼し、
1928年から1930年にかけてモダン建築の住宅が建てられた。
ミース・ファン・デル・ローエはバウハウスの学長を務め、
3大現代建築、あるいは4大現代建築家に入っている男だ。


その住宅は2001年にUNESCO世界遺産に登録されている。


住宅は依頼主の名をとりこう呼ばれている。
トゥーゲンハット邸。

シンプル、機能的、広い空間を重視して設計された。
建築材も欧州のみならず、アジア、南米、アフリカから取り寄せられている。
インテリア、電気の差込口に至るまでローエがデザインしているのだ。

完成後、トゥーゲンハット一家は実際生活をしていたが、
彼らはブルノを去らねばならなくなった。
1938年5月である。
時は、オーストリアがドイツに併合され、ミュンヘン協定の4か月前の事だ。
チェコスロバキアの未来もどうなるか分からず混沌としていたのだ。
トゥーゲンハット氏は彼らが持つドイツでの情報網のおかげで情報収集し、
状況次第では一家の死は免れないと考え、国外退去の道を選んだ。
そう、彼らはユダヤ人一家だったのだ。

フリッツを除く一家はスイスに逃れた。
ブルノに残ったフリッツは個人所有物や家具の輸送手続きを済ませた後スイスへ、
しかし、スイスでも安全ではないと考え、1941年にベネズエラのカラカスへ移った。

WWⅡはドイツ兵が使用、1945年赤軍の解放の際は兵隊が使い、建物はかなり雑に使われた。
また、付近での爆撃の影響で被害を受け、自慢の窓も破壊されてしまった。
1945年から1950年の5年間はダンス&リズム学校の校舎として、
1950年からは国有化され、脊髄障害を持つ子供のためのリハビリセンターとして使われた。

1960年代に入ってから建物保護の気運が高まり、
1963年に文化財に指定される。
以降修復が行われるが、当時の建築材を集めることもできず、形だけの修復となっていた。

1992年8月、ここでチェコスロバキア分離独立のための調印式が行われたのは有名な話だ。

2000年に入ってからも修復はされていると言っていたが、遅々として進まずにいた。
私が初めて見学したのは2009年だっただろうか。
まだ修復されていない所もあった事を覚えている。

2010年から2012年にかけて大修復が行われた。
建設当初の資料をもとに、インテリア、エクステリア両方ともに、
オリジナルで残せるものは残し、無いものは全く同じ建築材を集め、
設備も再現し、当時の姿の邸宅に戻し、2012年から完全に見学が再開された。

と、トゥーゲンハット邸についての基本情報をざっと且つだらだらと書いたわけだ。


先日、ここを見に行った。
ただ単に気が向いただけだ。
しかし、わざわざ行って予約一杯で入場できないのは癪にさわるから予めWEBで入場予約をしておいた。
もし出掛ける予定のある方は予め予約をしておく事をお薦めする。
英語、ドイツ語、フランス語、チェコ語とあり、それぞれ時間設定がされている。
時間が制約されるから、よっぽど言語に堪能でない限り、どの言語で入場しても同じだろう。
だって、よく聞き取れないし、なに言ってるか分からないんだもの。
それでも、せめて、多少なりとも…と考えているならば、
英語での観光にして分かる単語をつなぎ合わせていけば良い。
コースは300コルナのコースと350コルナのコースがあるが、
できれば350コルナのコースを見た方が良い。
ほとんどの訪問客は350コルナのコースを見学している。
そして室内の撮影は有料だ。
なんと300コルナ!
でも仕方がない。
修復にだいぶ費用がかかっているんだ。
現地のガイドさんは確か200ミリオンユーロって言ってたもんな。

まず、テラスで案内を聞いた後に、玄関へ移動。
そこでこの機械に足を乗せるよう指示される。


足を乗せ、踏みつける。


すると、ソールラップで包まれた。


床を汚さないためである。
玄関の床はイタリア大理石だ。
ちなみにソールラップだけでなく靴下式靴カバーもあります。


部屋を見て行く。


子供部屋だ。
壁、天井、床、家具の色を統一し、より広く感じるようデザインされている。


子供部屋の窓も大きく、ブルノの旧市街地区が一望できるのだ。


アフリカ産のゼブラと呼ばれている木材。


クローゼットと思っていたが、中はなんと洗面台だった。


ひとつ下のフロアにメインホールがある。


部屋を仕切ることなくひとつのスペースに書斎、リビング、が配置されている。


そしてそれぞれのパートに趣向が施されているのだ。


温室もある。


床に埋め込まれたプラグ差込口。
こういう細かな所までローエのデザインだ。


中でもリビングあたるパートが一番広く大きな窓がはめられ部屋をより明るくしているのだ。
当時では超新しい設計だったのである。


バルセロナと呼ばれている椅子。
これ一脚6000ドルと言っていたっけ。


オニックスの衝立の後ろが書斎だ。


インドネシアのマカッサル産の黒檀を使った円卓。
この円卓は切り離し可能である。


ふたつの上へボタンと、ふたつの下へボタン。


キッチン。


盛りつけの間にあったエレベーター。
食事を運ぶのか?


その下のフロアー同じスペース。


エレベーターの通路。


空調設備のスウィッチ。
フレッシュエア-、循環、冷気とある。
冷房完備だったのだ。


空気貯蔵室に取り入れた外気の汚れをこのフィルターを通して取り除く。


そのフィルターされたエアーがこの木片を抜けると木の良い匂いを蓄える。


そのエアーが温められる。


送風機から各部屋に送られる。
暖房も完備していたのだ。


2本のチェーンが付いた機械もあった。


先ほどの上へ、下へのボタンを押すとこのチェーンが動き出す。


チェーンが稼働するとこの窓が開閉する。
下へボタンを押すと窓が降り、上へボタンを押すと窓が上がる。
ガイドさん曰く、窓は重さ600kg。


もしあなたもリフォームするならこんな家はいかがですか?
80年ほど前の設計だけど…。


トゥーゲンハット邸。
http://www.tugendhat.eu/


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
23:01  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT