FC2ブログ

2019.11.20 (Wed)

聞くに聞けない

30人グループの案内のためグループが宿泊しているホテルに行きました。
すでに昨日、空港にお迎えにいっているのでお客さんの様子はつかめています。
言わずもがな、がな、日本高度成長を牽引して頂いた世代が大半です。

専用バスに乗りプラハ城まで向かいました。
そこでバスを降りた後はずーっと徒歩見学となるので、バスには戻りません。
だから「荷物をバスに残す事なく、椅子周りも見回して、とにかく忘れ物が無いと確認できた方からバスを降りてください。」としつこく車内で伝えました。

グループ全員が降車し、プラハ城の安全検査も終え、さあ、衛兵と写真を!という時に、細矢のiphneが鳴り出しました。
電話に出ると、先ほど降車したバスのドライバーで、こう言います。
「もしかしてだけど、だれか、バスにパルカを忘れてるぞ。」
細矢「えっ、パルカ?」
ドライバー「そうパルカだ。パーティーとかでドレスアップする時に頭に乗せる毛だよ。」
細矢「いやいや、パルカは何か知ってる。本当にパルカか?日本でパルカはかなりデリケートな案件なので、30人を前にして大きな声で、パルカ忘れた人いませんか?なんて聞けない。だから車庫に保管しておいてくれないか。誰かこそっり言ってきたら、タクシーで車庫まで取りに行かせる。」
ドライバー「確かにデリケートな案件かもだ。理解した。車庫でキープしておく。」
午前9:30ゴロの出来事です。

パルカ パツカ パツラ カツラ

ただ今、正午を過ぎました。
いまだに申し出る者無し。
グループ内の方の物でなければよいけれど、聞くに聞けないカツラ事情。


スポンサーサイト



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
12:18  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.11.19 (Tue)

勝手な妄想

今朝は珍しく小学校そばの停留所からバスに乗りました。
通学する子供たちが楽しそうに話しながら歩いています。
停留所に着くと、お母さんと男の子2人がこれまた楽しそうにお話をしていました。

バスが停留所に近づいて来ます。
男の子2人は話をしています。
男子A10歳と男子B8歳ぐらいかな。
男子A「あっ、バスが来た。」
男子B「ほんとだ。ところで今どこに住んでるんだっけ?」
男子A「〇〇だよ。忘れたのか?」
男子B「「あーそうだっけ。」
男子A「そうだよ。チャオ。」
お母さん「チャオ!」
男子B「チャオ…。」
で、その家族は別れました。
男子Bはバスに乗車する前に小声で「〇〇か…」と呟いたのです。

細矢も同じバスに乗り、たまたま男子Bの2席離れた所に着席しました。
すでに勝手な妄想をしている細矢は男子Bが気になってなりません。
細矢の妄想はこうです。
・両親は離婚している。
・月1か2でお母さんと会う日を過ごした。
・翌朝、お母さんとお兄さんがバス停まで見送りに来た。

そんな色眼鏡で男子Bを見ています。
男子Bは着席すると手袋を外し、ガラケー携帯で誰かに電話をしました。
多分お父さんではないかと推測します。
一言聞こえたのは「残念だけど違うよ。」
お父さんは「お母さんと一緒かい?」とか尋ねたのではないでしょうか。
その後、何度か電話をかけようとしては止め、リュックの中に入っているお弁当(多分このお弁当もお母さんぎ準備してくれたのでしょう)を出して嬉しそうに眺めて、再びリュックにしまいます。
ちょうどその時バスが停留所に止まり、そこへお父さんと男子Bと同じくらいの男の子が乗車し、男の子は男子Bの真向かいに座りました。
男子Bはその親子をチラ見し目を伏せます。
そして両手を合わせお祈りするかのような素振りをしています。
何を考えているのでしょうか?
妄想の中にいる細矢は切ないシチュエーションしか思い付かないのです。
そしてバスは男子Bの目的とする停留所に着き、男子Bは下車しようと出入り口に移動しました。

細矢は妄想しつつも男子Bのバス内での行動を一挙手一投足、初めから見ています。
手袋を外してその手袋をリュックにしまわず椅子に置いた時、すでに「これは下手すると忘れるぞ。」とも予想していたのです。
ひょっとしたら妄想がその予想の手助けをしたのかもしれません。
もしかしたらお母さんからプレゼントされた手袋だったら…。
そんな事だったら泣くに泣けないではありませんか。

男子Bが席を離れた後、彼が座っていた席を覗き見ました。
するとその手袋があります。
「ほら、やっぱり!」
慌てて手袋を拾い男子Bに手渡そうとしましたが、男子Bはすでに下車していて、人波に隠れてしまいました。
細矢も下車し男子Bを探します。
どこだ、どこだ、あっ、いた!
小走りで近づき、無言で手袋を差し出すと、男子Bは一言、「あっ、ありがとう。」

良かった!
お母さんからプレゼントされた大事な手袋は彼の元にちゃんと戻る事ができたんだ。

朝から良い事をしました。
と、自画自賛の細矢です。
一日一善!
皆さんも良い一日をお過ごし下さい!

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
08:44  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.10.03 (Thu)

りんごとももこ

午後プラハ市内観光の仕事があった。
その前に時間があったので旧市街を歩くことにした。
するとなんだか日本人の撮影隊がおり、撮影をしているではないか。
「あーまた旅番組か何かだろう。」と思いながら、通り道なので撮影場所に近づく細矢。
すると友人のチェコ人がコーディネートしていた。
その友人と2,3言葉を交わしたが、友人は忙しいようで、すぐその現場を離れてどこかへ行ってしまった。
細矢は「誰がいるんだろう?」と思い、現場をよく観察すると、なんと、なんと、りんごとももこがいるではないか。
いや、りんご姐さんとももこ姐さんだ。
そう、ハイヒール。
インターネット動画では各々が出演する番組しか見てないので、目の前に2人揃っているのがとてもありがたく感じた。
2人揃うと神々しいのだ。
で、少し撮影の間がありそうだったので、細矢はハイヒールさんに近づき声をかけた。

細「すみません、一緒に写真撮ってもらって良いですか?」
りんご「あー、いまあかんねん、ごめんね。」
細「あ、そうですね。大丈夫です。」
りんご「旅行で来てんの?」
細「いえ、住んでます。」
りんご「えっ住んでんの。」
ももこスタッフに向かい「住んでんねんて。」
りんご「なにしんてんの、ここで?」
細「ツアーガイドやってます。」
りんごスタッフに向かい「ツアーガイドやて、こういう人雇わなあかんで。」

ごく僅かのキャッチボールだったけれどテレビそのままに気さくな感じでした。
知らんけど。

high heelに会えてhigh healingの細矢でした。


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
12:35  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2019.05.27 (Mon)

プラ夫とちえ子 散歩注意




メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
10:09  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.05.24 (Fri)

プラ夫とちえ子 歩き食べ注意




メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
21:36  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.05.21 (Tue)

プラ夫とちえ子 スリの被害にあわないため



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:41  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.05.17 (Fri)

プラ夫とちえ子 ATM




メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
20:45  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.05.02 (Thu)

10年ひと昔

ひと休み的な時間があったので、昔のブログを読み返してみた。
なんか「しっかり書いているな。」と我ながら感心した。
外国旅行のネタも昔の方がしっかりしている。
イタリア編もスペイン編もフランス編も、「しっかりした」のレベルは超低いけれど、今よりもしっかり書いていた事が手に取るように分かる。
くだらない文章による「クックックッ」笑いも、“ようこそここへ”、昔の方が多い。

先月せっかくウズベキスタンに行ったのに、まとまりも何もない、ただ雑なブログを投稿してしまった事を気にしているのではない。
だって、あれはあれで、細矢としては意図して投稿した内容だったのだから…。
でも、なんだか、最近、集中してブログを書けなくなった。
身の回りにはたくさんネタはあるのに。
ウズベキスタンで文在寅とニアミスして観光に支障があったとか、プラハ市ポリスが理不尽なやり方で外国人ドライバーから罰金を巻き上げている場面を目撃したとか、細矢宛にオーストリアからスピード超過による罰金110ユーロの請求が届いたとか、ユーロ加盟15周年を祝福する構内放送が地下鉄の駅であったとか、なにかとネタはあるんだ。
でも、それらネタを使って文章を書き上げる事が出来ない。
歳をとったのか。
意欲を失ったのか。

2009年5月に書き始めたプラハでピヴォも今年で10年になりました。(2010年は書いていないけど)。
平成も終わり新しい時代令和が始まり、多分これからはブログという手段が流行らなくなるでしょう。てか、もう流行ってないか…。
何か新しい手段、もしくはパターンを考えないといけないかもしれませんね。
まあ、しばらくは模索しながらブログを続けていきますが、何かアイデアありませんかね。

プラハでピヴォ 令和元年


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
17:44  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT