FC2ブログ

2019.11.03 (Sun)

充電ベンチ

へー、こんなのあるんですね。
充電ベンチ。


QRコードを読み取らせる必要があり、しかも充電時間はどれくらいなのか?
試さなかったから分からず。


忘れるかもしれないし、置き引きにあうかもしれない。
お話好き女子には問題ないかもしれないが、充電中はずっとそこにいなければならない。
便利なようで便利ではない気がする。

でもこんなのあるんですね。

スポンサーサイト



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
14:04  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.09.13 (Fri)

豚に乗る子供

いやあ、最近全然アップしてません。
書く意欲が湧かない。
朝起きて、仕事に行って(と言ってもプラハを散歩するだけ)、ビール飲んで、寝て、朝起きて、の繰り返し。
仕事が終わっても、市内に観光客が多すぎて、まあこれは嬉しい悲鳴なんだろうけれど、ゆったり街歩きも出来ない。
カフェでも行こうかなと思っても街中は混んでいるし、値段も高くなっている。
プラハでピヴォの目的は観光客が利用しやすい中心地、観光地でどんな物があるか、何を食べられるか、などを紹介する事なので、プラハ1区以外の事物を頻繁に紹介するのはそのポリシーに反するけど、そろそろプラハ1区から離れなければならないかな。
と、呑気に考えながら旧市街広場を歩いていました。
するとこんな装飾を発見したのです。
広場に面したこの建物。

アインシュタインのレリーフがあるのですぐ分かります。

そこに道化師やブタ面の装飾があるではありませんか。
笑うんですけどー。


さらにさらに注意深く見ると雌ブタにまたがっている子供がいるじゃないですか。


何を意味してるのかな?
皆目見当がつかない。

みなさんも見つけてみて下さい。
ではでは。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
08:28  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2019.08.08 (Thu)

もうあの頃のそれと違う

おいおい、久々来たら、なんか違う壁になってますやん。
自由に落書きできる言うても主旨違ごうてますよね。
愛、自由、平和を求めるなら理解できるんやけど…
でもなんかちゃうって。
デカデカと漢字って…なんやねん。
もうこの壁に落書きできんようにして下さい。
それとも関係者皆さまにはご面倒やけど、またまた全面真っ白に塗ってリセットして下さい。


年取ったんかなあ。
ジョンレノンの壁ではなくなっている事に驚きを隠せない細矢が話も出来ないエセ関西弁で叫ぶ。
えろーすんません。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
18:44  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2019.02.24 (Sun)

この場所見た事ありますか?

あれ?ここプラハじゃん。
あっ、プラハだ。

日本のテレビコマーシャルを見ていて気付く事があります。

もしくはヨーロッパ舞台のCMを見て、あやしいぞ?と思った時はプラハだと疑って見ています。

そうそう、インターネット動画で毎日日本のテレビ番組を見ていて、CMも飛ばさず見ているのですよ。

で、みなさん、以下の写真は日本のテレビコマーシャルで登場するんですが、何のCMだか
分かりますか?
全写真の場所は同じCMで出てきます。
みなさんも見てると思いますよ。








あと団地と団地側の階段がCMで登場するのですが、プラハのどこだかまだ分からずです。
どこなんだろうな…。

さあ、何のCMだか分かりました?
答えはiPhone XR「あふれる色」です。

ではまた更新します。

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
18:45  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.10.23 (Tue)

聖ペトロ教会 Na Poříčí

プラハ新市街にはNa Poříčíの聖ペトロ教会があります。
Poříčí集落の教区教会として12世紀の半ばに建てられました。
ロマネスク様式の教会です。
そのロマネスク様式がゴシック化され、フス戦争や30年戦争を経て、火事、落雷などの被害も受け、バロック化され、19世紀に入って再ゴシック化再ロマネスク化されて、オリジナル風に戻って今に至る教会です。


実はこの教会で皆さんもご存知のチェコ有名人が結婚式を挙げています。
その有名人は誰かと言うと、教会入り口に記念プレートが設置されているので探してみてください。


記念プレートにはチェコ語で紹介されていますが、「この教会で1873年11月17日にアントニーン・ドヴォジャークとアンナ・チェルマーコヴァの結婚式が開かれました。」とあります。
あの著名な作曲家で、日本で慣れ親しんだ呼び名ですとドボルザークですね。


現在、聖ペトロ教会のご近所にはHANABIと言う名でプラハでも大人気の寿司レストランがありますので、もしそちらでお食事の際はドヤ顔でウンチク語るウンチくんになってみてはいかがですか?
「あの教会でドボルザーク、いやドゥヴォジャークが結婚式を挙げたんだぜ。」
さらに「本当は姉で女優のジョゼフィーナに好意を持ってたんだけど、結局、妹のアンナと結婚したんだ。アンナはドゥヴォジャークより13歳年下で元は教え子だったんだぜ。」ってね。



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
21:43  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.04.24 (Tue)

デンドロロギツカー庭園

春秋恒例行事になっているタイヤ交換。
その春バージョンの季節です。
えっまだ?と言う方もいらっしゃるかもですが、先日までジョージア旅行に行っていたので、やっと今日、タイヤ交換に行きました。
朝8時半の予約に合わせて毎度お馴染みのトヨタ通商プラハチェストゥリツェ店に行き手続きをすると、タイヤ交換だけなのに、よっぽど混んでいたのでしょう、タイヤ交換終了予定時間が16時ごろだとなりました。


まじ?まあいっか、どうせ暇だし。


と言う事で店を出ました。
店を出て、さて家に帰るかどうするか、家に帰るのが普通なのだろうけれど、送迎を頼まなかったから自力で帰らないといけない。
バス乗ってから地下鉄に乗り換えて、またバスに乗り換えて…、ああ面倒だ。
でも、ここにいても何もない。どうしよう。


あっそう言えば近くに公園があったなあ、そこに行ってみよう。
てなことで公園に行きました。


dendrologická zahrada
デンドロロギツカー庭園と言って、
入場料が大人70コルナ掛かるけれど、興味もあるし入園することにしたのです。


りんご、さくら、ツツジ、シャクナゲ、チューリップ、ぶな、かば、ハンノキ、トネリコ、カエデ、コブシ、マツ、石…いろんな花木がありました。


さらにカモ、白鳥を見、カッコウやその他いろんな小鳥のさえずりを耳にしなが、リラックス状態で公園を歩けるのです。


しかし公園の一面に沿って高速道路D1が走っているので、鳥のさえずりの中に車の走行音も聞こえます、てか、車の走行音の中に鳥のさえずりが聞こえる場所もあります。


のんびりと歩いてはいましたが小腹も空いたので、公園内のカフェでエスプレッソとサンドウィッチを食し、また公園内のベンチに座り村上春樹の1Q84を読み、また公園を歩き、とぶらぶらしていたらもう14時になっていました。


おぉー、なかなかの時間だ。


公園を出て近くの家具屋と家電屋を冷やかし、トヨタ通商プラハチェストリツェ店に戻ったのが15時半過ぎ、タイヤ交換を終えた愛車が店内パーキングに戻ってくるのが見えました。


はい、ハルのタイヤ交換終了!


なかなか良い公園ですから、ぜひ散歩にどうぞ。


これからシャクナゲの季節です。
って、チューリップやん!


デンドロロギツカー公園でボーッしました。


春だけど天の川。


秋のタイヤ交換は10月になるからまた紅葉でも見に公園に来るかな?
でも寒くなると思うので分かりませんね。
ではまた。


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
19:03  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.12.31 (Sun)

ガントレット

へぇ、これってガントレットって言うんですね。
だいぶ前にお客さんから聞きました。
複線の鉄道が幅狭の区域を走行するためにそこだけ単線になる鉄道レールの事だそうです。


マラーストラナを走るトラムに沿って歩くと簡単に見つかります。
大ヒントはマロストランスケーナームェスティからマロストランスカー区間です。


なんだか珍しい敷設らしいのですが、ボクには、さっぱり、わかりません。
ただ、あのレールを見るたびに、それぞれの思いが相互に近づきひとつになるも、結局はふたつに分かれてすれ違う、ってセンチな思いになるだけです。
って、ふっ、くだらん。


2017年最後のプログです。
2018年も変わらずくだらぬ事を書いていきます。
チェコネタをもっと増やした方が良いかもしれませんね。

それでは、日本は新年ですが、あと3時間ほど2017年を満喫します。

2018年が皆様にとりまして最高の年となりますように!

細矢

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
21:01  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.09.04 (Mon)

アートか?雑か?

ストラホフ修道院。
綺麗な図書館があり、ビアレストランがあり、レストラ地獄(Peklo)があり、プラハの景色が一望できるポイントがありと、いつも修道士さん、信者さん、観光客の人で賑わっている…ほうだ。
その中庭。
ゴミ箱が設置されている。
プラハを歩いていると、プラハはゴミ箱の多い街だと感じる。
ストラホフ修道院の中庭にあるゴミ箱はPNPとライオンのマークが付いている。
PNPとはpamátník národního písemnictví の略で、国立文学記念館とでも訳せるのだろうか。
しかし、ゴミ箱を見てみるとPNPとライオンが逆さまになっているのに気がつく。


わざと逆さまにしているのか。
プラハ的ギャグなのか。
それとも真面目なアートなのか。
あーだこーだと勝手に想像を膨らませながら中庭の奥地へ進み他のゴミ箱も探してみる。
中庭の奥の方に進むとライオンとスロバキアの紋章でデザインされた盾を持つライオン像が凛と立っている。


そのライオン像のそばにゴミ箱があった。
PNPライオンのマークはどうなっているかと注視してみると、なんてことはない。
いたって普通じゃん。


つまりPNPライオンの付いたゴミ箱は単なる土管で、その土管の中にゴミ箱となる円筒形の箱が入っているということになる。
となると、誰かが土管を雑に置いたためにPNPライオンが逆さまになってしまい、しかも誰も気にせず、誰も注意せず、そのまま逆さPNPライオンで置かれているのか…。
いやいや、ここはプラハだぜ。
逆さPNPライオンだってきっと真面目なアートのはずさ。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
14:41  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT