2012.09.30 (Sun)

プラハカフェ巡り vol.55

「やっぱ高っけ! まじ高っけ! さすがプラハ中心地。さすがヴァーツラヴァーク!」

久々のプラハカフェ巡りで感が鈍ったわけではない。
ここもいつかは紹介せねばなるまいと思っていたカフェで、
先日たまたま思い出したので出掛けたのだった。

値段は高いとは聞いていたがこれほどとは…。
そんな驚きの値段を持つカフェはここだ。

カフェ トランバイ

ほぼ100年前に製造され、1970年代初めまで現役で走っていた旧型車両。
その車両をカフェとして利用し、ヴァーツラフ広場で営業している。

ここにカフェ・トランバイがあるのは昔の名残からだと想像する。
40年ほど前までトラムは国立博物館からムーステクまで、
いわゆるヴァーツラフ広場を縦に走っていたのだ。

昔の車両を使っている珍しいタイプのカフェなので客は来るが、
この日は気候が良かったせいか車両の中には誰一人いなかった。

さすがヨーロッパ。


お客は皆、隣接されたオープンテラスに座っていた。
彼らを写真に収めてはいないが、私もそれに倣った。


テラス席に座りトラム車両を眺め、メニューとにらめっこ。


メニューの値段を見ると確かに高い。
チェコ人が見たら確実に「イエジシ!」と吠え狂うはずだ。
それほど高いのである。
注)イエジシとはマンマ・ミーア的な意。
実際オーマイガットではないけど、そんな意味合い。

その高いメニューの中からコーヒーではなくピヴォを注文。
仕事上がりと言うこともあり、喉を潤したかったのだ。
ピヴォはチェコのバドワイザー、ブドゥヴァル。

500mlで95コルナ。
日本円に換算すると約400円。
近所には30コルナで飲める店もあるのに!!
「イエジシ!」
ちなみにエスプレッソは85コルナ。
「パネ ボジェ!」

もちろん旧市街に行けばもっと高い店はある。
カフェ・トランバイが珍しい店構えとはいっても、
そこまで高い値段を取るほどの店かな???
疑問は残る。

もう来ることはないだろうな。
いや、もう来ない。
そう断言できる。

スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
22:00  |  カフェ巡り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.09.29 (Sat)

ドクターフィッシュ

ここ数年、プラハ市内にはマッサージ屋さんが増えてきた。
マッサージと言っても色々なマッサージがあるわけだが、
中でもタイマッサージが群を抜いて多い。

「街を歩けばタイマッサージに当たる。」
ぐらい、いたる所で営業している。

値段は平均で1時間600~800コルナぐらいかな???
日本円に換算すると3000円~4000円だから、
日本の値段設定とあまり変わらないと思う。
もしかしたら日本の方が安いかもしれない。

マッサージ師は本場タイからやって来たプロフェッショナルだけど、
やはり十人十色で、当たり、外れがあるのは否めない。
以前とあるタイマッサージに行った時のこと、
マッサージ師のおばさまが背中のマッサージ中に急に立ちあがり、

"I go to toilet."

と言っていきなりトイレに行ってしまった。
彼女のお取り込み中は代役が来たけれど、
トイレ帰りのマッサージ師から受けるマッサージって…。

おっと、そんな話ではない。
話を本題に戻そう。
それらタイマッサージ屋では全店舗ではないけれど、
客引きの一環もあるのだろう、ドクターフィッシュが働いている。

水槽、水の管理システム、魚の購入と先行投資すれば、
経営者はえさ代、魚件費、社会保障を気にしなくても良いのだ。
しかも、好奇心旺盛で興味津津の人は是が非でも試してみたくなるのだから、
店頭に設置しておけば自然と客も集まるので集客力も高い。
経営者にしてみればドクターフィッシュは素晴らしい労働力なのである。

「ドクターフィッシュって何?」
ズバリ、これでしょう。
写真 12-09-26 12 43 52
古くなった角質を食べてくれる魚くん。

アトピー性皮膚炎などに効くとされ人気を即している反面、
管理が行き届いていないと感染の恐れがあると最近報道されている。

水槽に足を入れる前に、まずシャワールームで膝下をきれいに洗浄する。
その後、ドキドキの入水タイムである。

恐る恐る足を入れると、あっという間にドクターフィッシュが群がってくる。
歯がない魚なので噛みつかれることはないから痛みも感じず、
「チュパチュパ」細かく吸いついてくるが、全然くすぐったくない。
苦手な人もいるだろうが、見ているとなかなか可愛らしいが、
必死の形相で足の角質を貪っているようにも見える。
写真 12-09-26 12 43 18
終わると確かにドクターフィッシュが吸いついていた所はすべすべになった。
恐るべし食欲。
25分間で600コルナ。

おぉ~、良い稼ぎ頭ですな~。

今回はツェレトナー通りにある店で体験しました。
写真 12-09-26 12 44 22
日によって違いますが、タイ人風の人形を背負った客引きがコマーシャルしています。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
14:15  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.09.27 (Thu)

プラハの子午線

pražský poledník (14°25´17˝)
プラハの子午線 東経14度25分17秒

写真 12-09-25 13 42 52

プラハ旧市街広場の中央付近、ヤン・フス像のそばに何気なく敷かれている銅線。
それを囲む石畳の石は周りのそれと違う。

写真 12-09-25 13 43 18
この子午線によって昔はプラハの時をコントロールしていたようだ。

時は17世紀、まだ時計が出回っておらず、共通で正確な時間を誰もが分からなかった時、
「この影の場所を持って正午にしましょう。」
と決定された線。それが東経14度25分17秒だったのだ。

では何の影を?
写真 12-09-25 13 44 06
銅線のそばには写真のような装飾が敷かれている。
聖母マリア記念柱が立っていたことを示す記念碑で、
1652年にヤン・イジー・ベンドゥルによって高さ14mの記念柱が造られた。
その記念柱の影が銅線上に写った時がちょうど正午だったのである。

「うそぉ~」
思うかもしれない。

昨日9月26日の13:05に銅線上に立ってみた。
写真 12-09-26 13 07 16
影は線に沿ってほぼぴったり。

「13:05?正午じゃないじゃん!」

あわてるな、昔はサマータイムはなかったのだ。
サマータイムの13:00は冬の時間の12:00なのである。

サマータイム期間中は13:00に、
冬の時間はちょうど正午に立ってごらんなさい。

小さな喜びを得られますよ。


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
11:20  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.09.22 (Sat)

チェスクロで麺・巻

「せっかくここまで来て、なんでそれ食べるかな?」
あなたは言われた事ありますか?

そんな事言われたって!!!
だって試したかったんだもん。

そりゃそうだ。
文句は言えまい。

でも、ここで?
チェスクロで?


まさかついにこれ系がオープンするとは!

ジャパニーズレストラン ボン。
情報をゲットした時、次チェスクロに来た時は必ず試すと決めていた。

だから今日の昼食は迷うことなく、自然と足がボンに向かっていたのである。

まだ新しいからか、店内は落ち着いている。

メニューを見るとラーメンとあったのでチェコ人ウェイトレスに注文した。
すると、十数秒後、お店のママが血相を変えてやって来て言う。

「あなた日本人ですね?プラハでツアーガイドしてますよね。
ここのラーメンはインスタントです。インスタントなのです。
だからあなたの望むラーメンではないので、私はこれをオススメします。」

実に正直ではないか!

いや待て、他国民だったならば有無を言わさずインスタントを出したのか!
辛ラーメンを出したのか!
そう、オーナーは韓国人なのであった。
さすがに韓流ブームと言ってもラーメンまでブームに乗る必要はないのだから、
ママが薦めてくれた韓流うどんにオーダーを変更した。

シーフードたっぷりで250kc。
ピリ辛でイケる。

「物は試しだ!」
心も大きくなった私は、空腹だったのでカリフォルニアロールも同時に注文した。

コメがちょいと柔らかく250kc。

セットメニューもあったけれど、決して安くはない。
メニューも少ないし、どちらかと言うと値段も高めだ。
でも、中欧の料理に疲れ、「またじゃがいもか~。」と嘆き、
プラハやウィーンの和食店まで我慢できず、
「もう中欧料理は耐えられん!何としてもアジア料理だ。」
と言う、年輩の旅行者にはここらで東亜料理も良いでは?

いかが?
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
23:50  |  チェスクロ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.09.21 (Fri)

プラハで食べるvol.13 フォーッ!!

チェコにはベトナムと中国からの移住者が多い。
もともと共産党政権時に労働者として入って来たそうだ。
民主化後もチェコに残留し、中国人は中華料理屋を、
ベトナム人は洋品店、食料品店を主に経営するようになった。

だから、味はいまいちの所が多いけれど、
チェコには地方に行っても中華料理店がある。
ベトナム料理はと言うと、プラハ中心部でも探すのが困難で、
郊外にあるベトナム人マーケットまで足を運ぶしかなかった。

ところがここ数年、中心部でもベトナム料理店を見かけるようになり、
昼どきはチェコ人客も入店しフォーをすすっている。
さすがにズルズルと音を立ててまで、とはいかないが…。
ヌードル文化が浸透すればラーメンも夢ではない!

「あぁ、ラーメンが食べた~い。」

ということで、今回はラーメンではないがフォーをすすることにした。
写真 12-09-21 11 52 25
メトロB線、トラム停留所、Národní třída(ナーロドゥニー・トゥシーダ)そばの店。

まず手始めに、ネムクオン。
生春巻きを頂く。
写真 12-09-21 12 07 42
結構なボリュームだ。

そして、フォーボー。
牛肉のフォー。
写真 12-09-21 12 09 47

そのままでもイケるが、お好みで味付けが可能である。
写真 12-09-21 12 11 10
辛いのかニンニク味か。
赤いのはかなり辛い。
調子乗って入れすぎると、食事中発汗するので注意が必要だ。

生春巻きは65コルナ。
フォーは105コルナ。

安い上に美味しい。ボリュームもある。
そりゃ、チェコ人も来ますな。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
16:07  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2012.09.19 (Wed)

細矢、チェコを飛ぶ 訂正

男、機長よりコメントにて以下の通り訂正が入りました。
重要ポイントなので、一読頂けますと幸甚に存じます。


1. 家計図を見たら、3世じゃなくて7世だということがわかった。
祖父、父と同じ名前(ファーストネーム、ファミリーネーム)だから、
日本の中学校で模擬試験の回答用紙には確かに「3世」と書かされたけど。:-))
2012-09-16 08.38.45

2. 飛行機を斜めにすることによって空気抵抗が増えて、
降下速度が上昇する(早く下に降りれる)。
着陸のときに滑走路に対して高すぎるときに使うテクニック。
前進速度を落とすのは禁物!!
2012-09-16 09.00.54

よろしくお願いします。
[広告] VPS

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
21:26  |  チェコネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  編集  |  Top↑

2012.09.17 (Mon)

細矢、チェコを飛ぶ

男が子供のころ抱いていた夢は、パイロットになる事だった。
大空を飛びたい。

男は言う。
「ああ、人は昔々、鳥だったのかもしれないね。
こんなにも、こんなにも、 空が恋しい。」
ん?どこかで聞いたような…。

しかし、政治体制、教育機関、男自身の視力の問題、
などで、夢をあきらめていた。

ところが、チャンスはあるものだ。
男は一年間、努力した。
もちろん夢を叶えるためだ。

そして今年の5月、ついに夢が叶った。
ウルトラライトというクラスのライセンスを取得したのだ。
その男の名は、フランティシェク・ハヴリーチェク3世。
IMG_4410.jpg
(写真掲載の許可は得ております。)
日本語べらべらのチェコ人である。

男が免許を取得したと聞き、ぜひ同乗したいと願い出ると、快諾してくれ、
ついに昨日、9月16日に大空を舞うことになった。

でも、5月にライセンス取得。
今は9月だから、ライセンス取得からたった4カ月しか経っていない。
その4カ月間、何度もインストラクターと共に飛んだり、
一人で飛んだりしていたようだが、いろいろ話を聞くと、
家族、友人が同乗するのは、私で3人目なのだそうだ。
ちなみに男の家族はまだ誰一人として乗っていない。
そして、私は初の日本人同乗者だったようである。
恐怖は感じないが、緊張はする。

プラハから車で約20分ほど北上し、
ロウドゥニツェにある小さな空港からフライト。

空港に着くと、空港と言っても野っぱらなのだが、
格納庫にはいろいろなタイプのセスナが駐機していた。
IMG_4385.jpg

その野っぱらにも。
IMG_4388.jpg

そして、私が乗るエアプレーンはこれだ。
IMG_4387.jpg
ユーロスター OK EURO-07

男はフライト前の点検。
IMG_4383.jpg

私は写真撮影。
IMG_4384.jpg

フライト前に記念撮影をした。
IMG_4391.jpg
私は身長165cmと小柄だから、飛行機の大きさもこれで検討付くのではないだろうか。
大男のチェコ人は乗れないのではないかと心配になる。
現に、男はインストラクターからこう言われたそうだ。
「あまりのおデブちゃんは乗せないほうが良い。」

計器のチェックも終え、
IMG_4393.jpg

いざ滑走路へ。
IMG_4394.jpg
滑走路はアスファルトではない。

テイクオフに向けスピードを上げる。
IMG_4395.jpg

飛んだ!!
IMG_4396.jpg

まず空港から北上し、テレジーンを見下ろす。
IMG_4401.jpg
写真でしか見た事はなかったが、確かに星型の保塁に囲まれていた。
テレジーンについてはまた後日紹介しよう。

そして近所のリトムニェジツェ。
IMG_4402.jpg

日系企業もあるロヴォシツェの郊外にある池。
IMG_4405.jpg
写真には写ってはいないが、ヨットハーバーがあった。

ドイツはドレスデンに向けた高速道路の工事現場。
IMG_4406.jpg
この高速ができたら、プラハ―ドレスデンがさらに短時間で行くことができる。

男は進路を西に移した。
IMG_4408.jpg
高度約3000フィート。900mぐらいだ。
時速は140km。
あまり速くはないが、燃費との兼ね合いがベストなスピードなのだそうだ。

見下ろすと炭田。
IMG_4415.jpg
まだ現役営業中である。

モストという町の空港が見えてきた。
IMG_4420.jpg
ここも滑走路は柴。

一度ランディング。
IMG_4422.jpg

そしてすぐテイクオフ。
IMG_4423.jpg

遠くに山脈も見える。
IMG_4426.jpg

空からの景色は見ていて楽しい。
IMG_4427.jpg
この日は風もなく、好天で、最高のフライト日。
揺れも全くない。

ハーズンブルク城上空を旋回し、
IMG_4429.jpg
進路を南東に取る。

向かうはチェコの聖なる山、ジープ山。
IMG_4433.jpg

お椀を逆さまにした様な形の山だ。
IMG_4434.jpg
伝説がある。
父祖チェフが部下と共に山頂に登り周囲を見渡した。
すると川が流れ、肥沃した土地が広がっている景色が見え、
定住するにふさわしい場所だと考え、彼ら一族が定住し始めた。

それ以降、父祖チェフの名がこの地域の呼び名になった。
現在の国名と関係があるのは説明せずとも想像が付くであろう。

山頂には聖イジ―礼拝堂が建つ。
IMG_4435.jpg
一度山頂に登ったことがあるが、現在は周囲を見渡すことはできない。

ジープ山を一周し、そろそろ空港に戻る時間となった。
IMG_4438.jpg

徐々に着陸態勢。
IMG_4441.jpg
滑走路に対し機体を少し斜めに向けて入ると速度を落としやすいのだそうだ。

ランディング。
IMG_4443.jpg
着陸後ちょっと揺れた。
まあそんなものなのだろう。

管制塔脇の駐機場に戻る。
IMG_4446.jpg

お疲れさん。
所要55分ほどのナイスフライトだった。
IMG_4447.jpg

満足し、余韻に浸っている私を尻目に、
男は空港関係者と真剣に話をしていた。
彼らが話し、指差す場所に目をやると、驚きの事実が!
IMG_4448.jpg
「おいおい、マジですか?」
着陸直後の揺れはこれが原因だったのか?

男曰く、テイクオフの前からすでに、
「空気が甘いからな。」
と言われていたのだそうだ。

知らぬが仏。

タイヤの交換作業に移る男と空港関係者。
IMG_4451.jpg
「ジャッキはないんかい!」

この辺がとってもチェコ的である。

パンクと修理の写真は載せない方が良かったかもしれぬ。
だって、せっかく乗りたいと興味を持った方にはかなりネガティブな写真だから…。

でも、私はまた乗ってみたい。
次回は違うコースをお願いするつもりだ。
IMG_4411.jpg
今回のフライトはとても楽しかったので、
機長、またよろしくお願いします。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:45  |  チェコネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2012.09.15 (Sat)

チェスクロでカレー

「せっかくここまで来て、なんでそれ食べるかな?」
あなたは言われた事ありますか?

そんな事言われたって!!!
だって食べたいんだもん!

そりゃそうだ。
文句は言えまい。

でも、ここで?
チェスクロで?
2012-09-15 13.25.34

カレー?
2012-09-15 12.28.43
インドレストラン

いつだったかな?
今年の初夏だったか?
いきなりオープンし、カレー好きの私としてはかなり気にはなっていた。
でも、チェスクロに来る時はいつもカレー腹ではなかったし、
チェスクロまで来てカレーって?という思いもあった。
さらに、いくら人気観光地と言っても需要が少なすぎるから、
レベルは低いだろうという勝手な判断で、立ち寄ることがなかった。

ところが、今日は完全にカレー腹。
まさにカレー曜日だったのだ。
「カレーを食べたいねと私が言ったから、9月15日はカレー記念品」
完全な盗作ではあるが、それぐらいカレーが食べたくなっていたのだ。

2012-09-15 11.48.01
それでも店への期待値は低かった。
が、はずれでも良いじゃないか。
今日はチェコ料理なんて食べたくないんだ。
どうしてもカレーでないとだめなのだ。

意を決し店に入ると店員がインド系の方だったので、
期待値バロメーターの針は否が応でも上がった。

2012-09-15 12.03.08
それでも無難な所で、チキン ビンダルーを選択。
たっぷり入っているように見えるけれど、かなりの上げ底であった。
他に白米、ガス入りの水を注文。

チェコ人向けで甘めかと思いきや、一口目から辛味しっかりだったので、
中盤頃には額から汗が流れおちた。
店には申し訳ないが、予想以上美味しい。
今度はラム ビンダルーでも食べてみよう。

あっ、値段は、カレー、ライス、水とチップで240コルナ。
まあ、美味しかったし、観光地だから仕方あるまいが、ひとつ吉報。
平日は11:00~15:00までランチメニューがあるので、もっとお手頃の値段で頂ける。

でもね、チェスクロに3泊ぐらいするのであれば試してみても良いけれど、
半日、1日の超短期間しか滞在しない場合は、
「せっかくここまで来て、なんでカレー食べるかな?」
って言われても仕方ないよね。

せっかくここまで来たからには、まずチェコ料理をお勧めします。
ただ、どうしても…という方に紹介したまでです。

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
23:20  |  チェスクロ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT