2014.06.28 (Sat)

フランツ フェルディナンド

1914年6月28日。
「オーストリア皇太子サラエボで暗殺される。 サラエボ事件。」
こんな文が歴史教科書の年表に記されていたことを覚えている。

ボスニア ヘルツェゴヴィナを視察中のオーストリア皇太子と皇太子妃ジョフィエが、
首都サラエボで共に暗殺をされたのである。


歴史について詳しく書くわけではないが、このサラエボ事件が原因となり、
第一次世界大戦が勃発したのは有名な話だ。


オーストリア皇太子の名はフランツ フェルディナンド。
ハプスブルク家はフランツ ヨーゼフとエリザベートの甥っ子で、
本来、皇位継承からはかなり離れた地位にいたのだが、
運命のイタズラか皇位継承者になった。

ちなみに彼が伴侶として選んだジョフィエはチェコのホテク家の出で、
ハプスブルク家とは比べものにならないぐらい位の低い家系だったため、
フランツは彼女との交際を内密にしていた。
ハプスブルク家にはいろいろと結婚に関するしきたりがあったのである。

しかし、ある日、テニスをしていた際、侍女が好奇心を抑えられず、
つい、フランツのペンダントのロケットを開けて中を見てしまったのだ。
すると驚くことにロケットの中にはジョフィエの写真が入っているではないか…!
2人の仲が世間に知れ渡ってしまった。

周囲からの批難、冷たい眼差しにも負けず、フランツはジョフィエを愛し、
守り、いろいろと条件を飲み、結婚したという美談がある。

フランツは皇位継承からは遠い地位にあったので、
そもそも皇位自体が頭になかったから軍の道へ進んだ。
大砲、鉄砲などを扱う能力に長けていたそうだ。
それもあってか彼の趣味は狩猟だった。


旅先で時間があれば狩猟に出掛け、生涯30万頭近くの動物を仕留めたという。

プラハから南に約50kmほど行くと、フランツ フェルディナンドが所有していた城がある。
コノピシュテェ城。


ここには彼が仕留めた動物のうちの約3000頭が剥製になってインテリアを飾られている。
他にも彼が趣味で集めていた数多くのコレクションが展示されているのだ。

このコノピシュテェ城を購入した際、城を自分の好みに立て直したのだが、改装中に世界旅行をした。
その旅行中には日本にも立ち寄っている。


長崎から入国し、横浜から出国。
几帳面な彼は日記を記していた。
よってオーストリア皇太子のフランツ フェルディナンドの視線から見た明治の日本を知ることができる。
興味がある方は是非チェックしてみてください。


日本では時間が無く、狩猟に出掛けられなかったが、
奈良公園で鹿を見たときどうしても狩猟熱が高まってしまったそうだ。
すると、その熱を感じ取った鹿がフランツに突進して来た。
なんて文を読むと笑ってしまう。

まさに100年前、そのフランツ フェルディナンドが暗殺をされた日。
第一次世界大戦が勃発した日。

1914年6月28日。



スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
20:10  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.06.27 (Fri)

スーパー3Dマシーンでプラハを飛ぶ

さて、プラハには、いつまで続くのやら…。と、自分には直接関係ないのに心配になってしまう事物がある。

アトラクション、レストラン、バー、なんかスペシャルなサービスのことだ。

つい最近だが、モステツカー通りに、あるアトラクションが登場した。
その名もFly Prague。


ちなみにモステツカー通りはムーステクと旧市街広場を結ぶ通りだ。

なんだろう?と気になるも、どうせ高いだけで子供だましのアトラクションだろう。そして結局、客が入らずにすぐに閉店してしまうアトラクションなのだろう!とネガティブ満載イメージしか持てなかった。

しかし、好奇心がネガティブを打ち負かし、Fly Pragueのカウンターに近付く私。
カウンターにいるCAらしき係員から情報を得、搭乗は次回にしようと考えたが、やはり思い立ったが吉日、今搭乗するか!と思い直し、フライトチケットを購入。
値段は245コルナ。
決して安くない。
むしろ高いぐらいだ。


CAの支持に従いスーパー3Dマシーンに乗り込む。
更に支持に従いシートベルトを付ける。
スーパー3Dマシーンは揺れるようだ。


座席のそばにメガネがあり、それを装着するとテイクオフだ。
このメガネに映像が流れるようになっている。


メガネの中の映像を写真で紹介できないのが残念だが、映像はプラハを上空から撮影した街の景色だった。
ヴァーツラフ広場、旧市街広場、カレル橋を上空から移動しながら見下ろせる。
しかも前後左右、上下、どこを向いてもそのアングルで街が見えるのだ。
街並みを知っているだけになんか嬉しい。

ただ現実の景色ではない。
スーパー3Dなのだ。
メガネを装着したおっさんがマシーン上でキョロキョロしている姿をはたから見たらさぞかし滑稽だったのだろうな…。

さあ、いつまで続くのか?
私はもう体験したので2度目の搭乗はないと思うが、興味のある人は早めに搭乗することをお勧めします。

Fly Prague




メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:29  |  プラハで観る  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.06.23 (Mon)

チェコダービー

プラハを流れるヴルタヴァ川沿い、中心よりは大分上流に、
普段は使っているの?と首を傾げたくなる駅がある。


でも写真にもあるように、ちゃんと利用客はいるのだ。
催し物がある時は、と前提が付くけど。

6月22日、午前中にソフトボールの練習試合をし、
午後、有志を募りその駅に出掛けた。
この日、催し物があったからだ。

その会場入り口。


その会場の室内。


その会場のスタンド。


その会場のメインの場所。


そう、競馬場でした。
この日は運良くチェコダービーだったので、会場は結構な盛り上がりを見せていた。
日本の競馬場に行ったことがないから比較はできないのだが、
あまり怪しい人もおらず、しかも観客には女性が多いのに驚いた。
その女性たちは髪飾りを付けたり、羽飾り付きの帽子をかぶったりして豪華に着飾っている。
まるで19世紀の貴族のようだ。

チェコといえどもヨーロッパ。
やはり競馬は紳士淑女のスポーツなのだろう。


この日は8レースあり、ダービーは7レース目。
我々が到着したのは第2レースが始まる前。
到着後は懐を満たすための準備として、
まずピヴォとクロバーサで胃袋を満たした。


そしていざ勝負。
20コルナから掛けられる。
馬券の種類は単勝、複勝、馬連単、複とあり日本とあまり変わらない。
ただ枠番はない。


競馬新聞らしきものを持っている人もいたが、
プログラムのレースと出走馬の情報を見ながら予想をする。
このプログラムは入場券を買ったらついてきたものだ。
あ~でもないこ~でもないと予想するも全然当たらない。
当たらないのも日本と変わらないな。


しか~し、第7レースのダービーで予想的中!
ど本命だったけど当たった快感を得て終えることができた。


あぁ楽しかった。
って…小学生の日記だ…。


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
13:32  |  プラハで観る  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.06.21 (Sat)

プラハを探す 21.6.1621

今回のネタは日本人会会報が先行しました。
恥ずかしながらわたくし、月刊の日本人会WEB会報に雑文を投稿しているのです。
ブログ版では多少手を加えたけれど、6月号にはこんなネタを書いたのでした。

〈21・6・1621〉
異教はまだ良い。
異端はより悪い。

キリスト教徒にとって、キリスト教を知らない者にキリストの教えを浸透させるのは易しく、
また、その教えを理解しない、あるいは、できない者は可哀想な人なのだそうだ。
しかし、キリスト教を知っているにも拘らず、
違う教理で理解している者に対しては、対応が変わってくる。
違う教理の信仰なんて許せない!
だから力尽くでも目覚めさせなければならない!となる。
これは自称正統派キリスト教カトリックの言い分だ。

キリストは神ではないから神よりもワンランク下だ!とか、
いやいや、神もその子イエスも聖霊も共に一体なんだ!とか、
パンとワインの両方を拝領すべきだ!とか、
パンだけの拝領で十分だ!とか・・・、
キリスト教ではない私にはどうでも良い話だけれど、
当人たちにはそうではなく、とっても重要な事なのだそうだ。

さて、1526年からチェコはハプスブルク家の統治下に入った。
ハプスブルク家がボヘミア王になった訳だ。
ハプスブルク家はバリバリのカトリック信仰者である。
当時、チェコにはカトリックではない教理を信仰する者が多かった。
しかし支配者はカトリックだ。
当然、カトリック優遇策はあっただろうし、信仰の自由は認められなくなってくる。
カトリックでない者たち、カルヴァン派、ルター派、フス派の精神を汲む者たち、
これらをプロテスタントと呼ぼうか、彼らはカトリックに対する反感が募る。

1618年5月23日、ついに怒りが爆発した。
プロテスタントのチェコ貴族はプラハ城内のチェコ事務所に押し掛けた。


そしてこの部屋で仕事をしていた王国知事のヴィレーム・スラヴァタとヤロスラフ・ボジタ・マルティンツ、
そして書記官のフィリップ・ファブリクスの三人を捕らえ、担ぎあげ、窓辺に向かった。


そして、なんと窓から投げ落としてしまったのだ。


この事件がもとで戦争が勃発する。
30年続いたから30年戦争と呼ばれるようになった宗教戦争である。

ちなみに投げ落とされた者たちは運良く助かった。


「天使が救ってくれた。」とカトリックは語っている。

30年戦争は文字通り30年かかっているが、チェコでは投げ落とし事件の2年後で終わった。
1620年11月8日日曜日、プラハの西方ビーラー・ホラで蜂起軍と国王軍が対峙した。
ビーラー・ホラの戦いである。


蜂起軍は21000人、国王軍は28000人ほど。


この戦いは2時間もかからずに国王軍が圧勝した。
つまりカトリックが勝利したわけだ。


その結果、チェコでのさらなるカトリック化が強化されたのだ。
カトリックに改宗すれば罪は免れたが、
チェコのアイデンティティを強く持っている者はプロテスタントが多かったため、
「カトリックに改宗するぐらいなら国を捨てる。」と国外逃亡。

戦いに参加した有力者27名は1621年6月21日プラハ旧市街広場で処刑された。
処刑は一般公開で朝5時から9時までに執行され、
しかも、処刑された27名のうち代表格12名の首は見せしめとして、
カレル橋の旧市街塔に吊らされたのだ。

旧市街広場に建つ市庁舎の壁には処刑された27名のリストが設置されている。
IMAG0308.jpg

そして彼らを偲ぶべく、石畳には21.VI.1612と27個の十字架がデザインされている。


393年前の今日の出来事。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:41  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.06.12 (Thu)

ドイツで食べよう ホワイトアスパラ

お隣ドイツ、春の味覚はシュパーゲル。
チェコではちょっと品のよろしいレストランにしかないけれど、
ドイツでは春になると、スーパーでも山積みされるし、
ドイツ料理屋に行ったらシーズン料理として大抵の店でおいている。
シュパーゲル・・・。
アスパラガスのことだ。
しかも緑ではなく白。

シュパーゲルが登場すると「春が来た!ほほほい!」と、
ドイツ人も大喜びなのだそうだ。
今月までがシーズンである。

シュパーゲルクリームスープ。


茹でシュパーゲル。


茹でシュパーゲルを付け合わせとしてシュニツェルや魚のフライを食べている人もいる。
私は純粋にシュパーゲルだけにした。
溶かしたバターかオランデーズソースで食べる。
オランデーズソースはバターと卵黄を使って作ったソース。
でもね・・・わたし思ったのだけれど・・・
しょう油マヨネーズで食べるのが最高だ・・・。

まだ間に合う。
ドイツに行ったらシュパーゲルを食べよう。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:56  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2014.06.07 (Sat)

足漕ぎボート

6月に入った。
先月とは打って変わって良い天気になった。
つまりピヴォ日和になったわけだが、そのピヴォをさらに美味しく飲むための作戦がある。
この作戦はあくまでも自論だし、天気に左右され、暑過ぎず寒過ぎず、ちょうどまさにこの気候が適当で、脚力が必要だからカラダを動かすのが苦手な方には向かない。
その作戦たるや、タイトルの通り足漕ぎボートだ。


カレル橋から国民劇場付近には貸足漕ぎボート屋が何件かある。
金額の比較はしていないが、私が利用した店は1時間250コルナだった。
他の店も大差ないと思う。
そして身分証明書をデポジットてして預けなければならない。


手続きを終え、足漕ぎ開始!
射撃島を周るコースを取った。


川上りはキツイ。
しかし下りは楽チンである。
当たり前か…。
知った街だけれど見る位置、角度で雰囲気が全然異なるので楽しい。


結局、射撃島を2周し、あとはゆっくりと漕ぎ漕ぎ波止場へ戻る。
下船し上陸する時、足がガクッとなってしまった。
ふくらはぎがパンパンだぁぁぁ。


でも一度足漕ぎに出掛ける事をオススメする。
良い運動だし、景色も良いし、そして何よりも、その後のピヴォが最高に美味いから!




メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
12:27  |  プラハ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.06.05 (Thu)

アンペルマンの真実

アンペルマン

東ドイツの歩行者用信号機のキャラクターだ。
東西ドイツ統一後、アンペルマンは姿を消したのだが、アンペルマン支持者の声を後押しに復活した人気者だ。

アンペルマンは「進め」と「止まれ」を指示している。




しかし想像力を働かせて見てごらん。

ソロソロと進め君が近づき、背後からいきなり、「アンペルマン!」と叫びながら浣腸。


浣腸を喰らった止まれ君は驚きのあまり仰け反りながら両手を広げ、「うぅっアンペルマン!」


と言っているかのように見えませんか?

そう思うと、もうそうとしか見えない。

アンペルマン!
うぅっアンペルマン!
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
08:50  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |