2015.02.26 (Thu)

天文の月

昨日2月25日はほぼ半月でした。
半輝きの月を見た夜20時前は南西の空、
天高く位置し、地球を見下ろしていました。


旧市街市庁舎の天文時計を見ると、
月を現わす球体は銀と黒の半々です。


しかも輝きも同じく、上弦の月になっています。


月は天高く登っていました。
ですから天文時計の月も中心から離れた所に位置しているのです。
さらに天文時計の円盤では9時が東、12時が南、15時が西となっています。
となると、月は南西に位置しているではありませんか。


ちなみに今の日の入の時間は17時40分ごろです。
20時前と言う事は日の入から2時間たっています。
縁の黒色の所に記されている金字の数字を見てください。
2の所です。
金色の手が2の所にいるのが分かります。
さらにさらに金色の太陽が分かりますか?
あとひと月もすると春分の日ですから、中心と外側の間に位置しています。
その後、夏至に向かって外側へ移動していくのです。


天文時計のオリジナルは15世紀の初めです。
すごいですね。
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
08:22  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.02.22 (Sun)

イヴァンチツェ

私は1860年7月24日にこの町、イヴァンチツェで生まれました。
本当に小さい町です。
町には今、9500人ぐらいの人が暮らしているようですが、
私が子供の頃は6500人ぐらいしかいませんでした。


一番の最盛期は16世紀でチェコ兄弟団が定住して印刷所を設立していた頃でしょう。
そして私が生まれる前ですが、1848年以降はこの地域での産業の中心地となったのです。
でも小さい町には変わりがありません。


町のシンボルはやはり教会です。
聖母マリア被昇天教会と言います。
教会の塔はこの町の象徴です。
私がこの町を描く時は大体この教会の塔が描かれています。


そうです。
私は画家です。
アールヌーヴォーと呼ばれるようになった時代に運良く成功を収めることができました。
そして私の作品が日本人の女性からも人気がある事を知ってとても喜んでいます。


申し遅れました。
私はアルフォンス・ムハです。
この町にも少ないですが展示品がありますので、
お越しの際は見学して行ってください。
写真撮影は禁止ですが…。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

A・Mucha
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
19:56  |  アルフォンス・ムハ スラブ叙事詩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.02.21 (Sat)

あの雑誌の表紙コレクションin DOX

君子危うきに近寄らず。
君子でない僕にはあまり関係のない諺かもしれないけれど、
本当に危うかったら、君子でなくても普通は危うきには近寄らないでしょうね。


DOXではいま、あの雑誌の表紙コレクションを展示している。
「表現の自由と宗教への冒涜」で問題になっているあの雑誌の表紙コレクションである。

プラハ市も展示期間中は危うい場所だと考えたのであろう。
DOXの周りは一部駐車禁止で、警察関係の車両が待機しており、
出掛けた時は警察官ふたりと機関銃を持った警察官ひとりがパトロールしていた。
駐車可能の場所には近隣住民の車が停まっているが、あんな厳戒態勢でお出迎えされると、
「ここに駐車している車が突然爆発したら…」
なんてネガティヴイメージをしてしまう。


入り口に入るとまた警察官がおり、厳重なセーフティチェックとカバンの中チェックを受ける。
しかし何ですね。
ここに配備される警察官や働いているスタッフも大変だし、
それよりも近隣住民にとっては大迷惑な展示なのだろうな。
そんな展示を見てきた。

表紙コレクションのコーナーにはカバンの持ち込みが禁止されているので、
コートの他に持っているカバンなどもクロークルームに預ける。
さらに表紙コレクションは写真撮影も禁止だ。
まあそれら表紙は一部WEB画像で見れるから、
もし見たい方はWEBで検索してください。


DOXに展示されている表紙コレクションは1970年代の物からあったけれど、
ほとんどが2000年以降に発行された物で、その中の4分の1ほどの風刺対象者はサルコジだった。
サルコジが相当に物議を醸していたことが分かるであろう。

ちなみに余談だが、サルコジが大統領に選出された時、
猿子王子だと思っていた人がいたんですな~。

それら表紙には風刺画と共にフランス語の風刺文が書かれていて、
展示ではそのフランス語文がチェコ語と英語に訳されているから意味は分かる。
ただ意味は分かっても、その時の背景と人物像を分かっていないから、
風刺文と風刺画の本意までは読み取れなかった。

サルコジの風刺画が多数あったけれど、他に別の政治家、政治一般、宗教、スポーツといろいろ風刺されていた。
ローマ法皇も司教も、オバマもブッシュ、サッカーフランス代表も、
当時の話題が風刺の対象になっているのだ。
だから例の問題となったあの風刺画も、出版社側にしたら、
ただただ普通に風刺しただけだったのだろう。


でもね・・・表現の自由って一体・・・なに?
そして宗教への冒涜って。

思想、主張は生きている人の数だけあるのだから、
これが正論であると決める事は出来ないけれど、
他人様に危害を与え得るような物はダメだ。

特に宗教を対象にするなんて論外である。
宗教を対象にしたら争いしか起こらない。
ごく単純にそれぞれの信者が各々信ずる神へ崇拝だけしていれば問題はないはずなのに、
そこに政治、経済、権力などが絡んできて、さらにそれぞれの教理を正当化し、
主導していこうとするから争い事が起こってしまう。
それについてみんなは歴史で知っているはずではないか。


そもそも、それぞれ一神教の神様はナンバー1の神は私であると主張したのだろうか?
信者が自分が信ずる神様をナンバー1に置きたいと願っているだけなのではないか。
もちろん一神教だから、他を認めたくない気持ちは分かるけれど、
それを理由に戦え!と叫んでいるのは信者の方であって、
天上にいる神はオイオイと驚くと共に嘆き悲しんでいるのではないだろうか。
そんな発想に至るのは、私が八百万神を素晴らしいと考えており、
一神教徒の人達が可哀そうに見えているからだろう。

でも、神への冒涜はよろしくないですね。
神を冒涜するとバチが当たるんです。
そんな事を考えながら表紙コレクションを見ていました。

注)プラハでピヴォは政治、宗教などの思想を持たないブログです。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
10:00  |  プラハで観る  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.02.20 (Fri)

kostka vanilková

アイスクリームがあった。
パッケージが可愛かった。
女子ウケするかもしれないと思った。


そのアイスクリームを買った。
中身はチョコレートにコーティングされた普通のバニラアイスだった。


ひとかじりアイスクリームを食べた。
味は至って普通だ。
値段も10コルナと普通だった。


パッケージが可愛いいアイスクリームだった。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:27  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.02.17 (Tue)

バンベルゲル ツヴィーベルンを食べた。

バンベルグと言うドイツの街に行った。
行ったことないつもりでいたけれど、街に入ったら記憶が蘇ってきた。
あれ?来てるかも…。
あ~来てるな…。
あっ!来てるじゃん。
忘却の彼方にいた記憶が蘇ってくる。
その時って、ドラマや映画によくあるシーン、
あの記憶を失った人が記憶を取り戻すシーンを彷彿させるものがあった。
そう、頭がクラクラしてきたんだな。
嘘ではないよ。
本当にクラクラっとして、ボォーっとした後、
あっ繋がった!ってなったんだよ。
そんな経験はなかったから、なんだか少々怖くなりましたね。

でもこれは食べていないのは覚えていた。
バンベルゲル ツヴィーベルン。
玉ねぎの挽肉詰めである。


まるまる一個の玉ねぎをくり抜き、中に挽肉を詰めただけで、味は日本の方が知るハンバーグと変わりないのだけれど、玉ねぎが微塵切りされていない分、玉ねぎの食感が強く、味も甘い。
ちなみに、バンベルグ一帯は玉ねぎの産地なのだそうだ。


あと、燻製ビールが有名だ。
この日は運転手だったからレストランでは飲めなかったので瓶ビールを購入した。


黒ビールで本当にスモークした味がする。
ひと口ふた口と口に含んだ時はあまり美味しく感じないが、2本目3本目となったらクセになりそうになりましたとさ。




メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
18:55  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.02.16 (Mon)

場所は知ってるから不在タイムを探せ!

ちゃんちゃかちゃんちゃん
ちゃちゃんちゃちゃんちゃん
ちゃんちゃかちゃんちゃん
ちゃちゃんちゃちゃんちゃん

城の衛兵と写真と思ったら~
箱はか~らでした~。
ちっくしょう!


たまにいなくたって、いいじゃないのぉ~。
だめよ~だめだめ!

箱がからっぽだったから中がどうなってるのか覗いてみたぜぇ。
ワイルドだろぉ~。


警備員に怒られたって、そんなの関係ぇねぇ!
ハイッオッバッピー!


で調子に乗って衛兵の気持ちになってみた。
ちっちゃい事はきにするな。
それワカチコワカチコ~!


すると彼らを発見。
もしかしてだけど、もしかしてだけど、
彼らも、らっすんごれらい、しに行くんじゃないのぉ。


変なブログで、ごめんね、ごめんね~!
許してチョンマゲ…。
お前アホちゃうかぁ?と聞かないで。
アホちゃいまんねん、パーでんねん。

ではバイナラ。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
18:10  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.02.15 (Sun)

世界で一番美しい乳製品屋さん ナンバー1はオンリー1です。

美人母娘さんをご案内しました。
プラハではなくドレスデンをです。
ドレスデンはプラハから150kmしか離れていないので、
180kmも離れているチェスキークルムロフより近いですし、
道中ほぼ高速道路なので圧倒的に行きやすいんです。
しかも個人的にドレスデンは好きだから行くのも苦にならないんです。
でもいつも日帰りなんです。
1度は宿泊してじっくり滞在し、郊外の見所へも出掛けてみたいと考えているのですが、
「わざわざ泊まるほどではない感」が募ってしまい宿泊に至っておりません。

今回も多分にもれず日帰りで、しかも私の都合により駆け足見学になってしまいました。
すみません。
しかし、ここを案内する事ができたんです。
私も存在は知っていたのですが、まだ行った事が無かった場所でした。
だから「やっと来れた。」って感じで、
美人母娘さんよりも私が満足してしまったようです。
テヘペロです。


ここはどこかと言うとですね、
世界で一番美しい乳製品屋さんなんです。
1998年にはギネスブックにも登録されているんですよ。
名前はdresner molkerei gebruder pfund。

ただ店内は写真撮影厳禁です。
かなり注意が厳しく、店員さんが血眼になって見張っています。
だから残念ですが、WEBページの写真を借りるしかありませんでした。
http://www.pfunds.de/
villeroy&bochのハンドペイントタイルで全面装飾された店内は鮮やかの一言に尽きます。
milk shop

しかし想像していたほどショップは広くありませんでした。
そこへ、たまたまだったのかもしれませんが、外国人団体客ではなく、
ドイツ人団体客が押し寄せて来ました。
ドイツ国内でも人気があるのでしょう。
大柄のドイツ人団体客の間に埋もれた小柄な我々は、
ゆっくり商品を見る事も出来ず、ひとまず2階へ逃げました。
2階はカフェ&レストランになっているんです。
とりあえず、そこで休憩がてらブランチを取ることにしました。


私は12時までオーダー可能な朝食セット。


美人お母さんはチーズスープと飲むヨーグルトとダイナミックなパフェをオーダーし、
美人娘さんは欧州7カ国チーズ盛り合わせをオーダーして欧州チーズ部門を制覇し、
他に新鮮ミルク、そしてこじんまりとしたパフェをオーダーしていました。

ウェイターさんの説明では欧州7カ国はイタリア、スイス、フランス、
スペイン、オランダ、イギリス、スウェーデンだったのですが、
説明を聞いた瞬間にどれがどの国のチーズだったか忘れてしまいました。


そして当店ご自慢の新鮮ミルク。
新鮮ミルクは特に風変わりな味も匂いもなく、ごくごく飲める、ごく普通のミルクでした。
でもね、飲食店でわざわざ買ってまでミルクを飲まないですよね。
強いて言ったら銭湯あがりぐらいじゃないですか。
だからカフェで堂々とミルクを頼むのは何か新鮮な気分になりました。

ミルクの隣に写っているナプキンにあるイラストがカフェ&レストランのシンボルのようで、
ナプキンだけでなく、メニューの表紙、壁の絵、
レストランのWEBサイトにもこのイラストがあったのですが、
ナプキンにある彼を良~く見てください。
この彼はミルクを飲めているんですかね。
服にダラァっとこぼしている風に見えるのは私だけでしょうか。
それともこういうメッセージがあるんですかね?
「ミルクが口から肛門までさらっと流れ落ちるぐらい美味しいですよ。」


ミルク、チーズ、美人母娘さんはパフェまで完食しました。
食後しばらくの間、「もう、乳製品はいい。」が、
我々の合言葉になったのは言うまでもありません。

そして綺麗なショップに戻り、ミルクキャンディー、
ミルク石鹸などのお買い物をしたのでした。
私も上げる人いないのにこんなに買っちゃったんです。


ドレスデンにある世界で一番美しい乳製品屋さんでした。


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:04  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.02.14 (Sat)

キャットカフェ

前回アップしたトゥーゲンハット邸の見学予約まで時間がかなりあったので、
それまで時間を費やさねばならなかった。
ぶらぶらするには寒いし、近所は住宅地で何もないだろうと想像するも、
せめてカフェぐらいはないだろうかと期待しながら歩いてたら、
なんと200mほど離れた所にあった。


あるもんですねぇ。
で、即入店。
キャットカフェと言うから、生キャットがいるのかと思ったら、
生キャットはいないかった。
いなかったけど、メニューの表紙にキャット。


トイレの壁にキャット。


店内の壁にキャット。


床にはキャットの足跡。


ブレックファーストを食べた。


お会計をお願いするとレシートにもキャット。


後になってから↓WEBページを見たんだけど、実はカフェは4フロアもあって、
お好みの場所でコーヒーを飲めるようになっていたんだって。
知らなかったから上のフロアに行かなかった。
残念。

http://www.thecatcafe.cz

あとはねこんなコメントもあったんだ。


心配しないでお子様もペットもみんなで来ちゃってね。
だって当店は“子供とドッグフレンドリーカフェ”なんだから。

キャットカフェなのに…。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
21:44  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT