2015.04.25 (Sat)

チェコハイキング Ještěd イェシュテェトゥ

今年の1月ごろであったか・・・
日本の旅行会社で働いている方からこんな問い合わせがあった。
「チェコでのハイキングツアーを考えているのですが、良いコースはありますか?」
「あそこやあそこなんかはどうなのでしょう?」

むむむ。
スイスでもなくオーストリアでもなく、チェコでハイキング?
最高峰1602mしかないチェコで・・・?
日本からわざわざチェコまでハイキングをしに来るのにふさわしいコース・・・?
確かにチェコにもたくさんのハイキングコースはあるし、実際わたしも何か所か歩いている。
━きれいな景色だなぁ。━
と思った場所もあるけれど、それはここに住んでいるからそう思えるのであって、
日本からわざわざチェコまでハイキングをしに来るほど風光明美なポイントはあまりない。

4000m級の山々が連なるアルプスではその山々を見ながら、
のどかなハイキングコースをのんびり歩き楽しむことはできる。
実際にわたしもスイスのツェルマットやミューレン、グリンデルバルド、
他にもイタリアのアオスタやフランスのシャモニーなど、
超有名ポイントに行ってハイキングをした時はめちゃくちゃ楽しかった。
それがあるからか、ヨーロッパまでハイキングをしに来るなら、
もしくはヨーロッパでハイキングをするなら、混んでいようが高かろうが、
なんだかんだ言っても、断然、スイスが一番だという考えを持ってしまっている。
そこに来てチェコでハイキングの問い合わせだ。

「わざわざチェコまではどうでしょうかね~、
日本人ハイカーが満足するほどの設備はないですしねぇ、
やっぱりスイスなのではないですか?」

その旨回答をしてみたけれど、旅行会社の方はこう返してくる。

「でも・・・スイスが一番と言うのは分かるのですが・・・
それでもハイキング好きの方々は色々な場所を歩きたいので、
比較対象も兼ねてハイキングをしに来るのは良いと思うんです。
ただ10km歩くとかそんなに本格的なものではなくて、それほど登り降りもなく、
バス駐車場からきれいな景色の見れるポイントまで歩いてまた戻ってくるぐらいの、
手頃なコースが無いかなと考えているのです。」

むむむむむ。
ハイキング好きの方が色々な場所を歩きたいというのは納得できるけれど、
後半部分はなんだか違う気がするなぁ。
それはハイキングではなくてただの観光になっているぞ。
で、さらには、「チェコではこんな所があるみたいですけれど・・・」
と場所指定もされたのである。
旅行社側が現場事情を分かっているのか分かっていないのかはさておき、
今後ハイキングツアーが出ても良いように時間のある時に歩きに行こうと思う。

長々と前置きがあったけれど、第一弾はJeštědだ。
「頂上までロープーウェーで登り、頂上のレストランで休憩をして、
そこからゆっくり歩いて降りてくるのはどうだろうか?」
という企画案が旅行社にはあるようなのだ。
その通りで、Ještědはふもとから頂上まではロープーウェーで登れ、
頂上にはテレビ塔付きホテル&レストラン、展望台になっている。


Ještědは標高1012m。
チェコ、ドイツ、ポーランドと3国の国境が交わる所のチェコ側、
プラハからであれば北約100kmほどに位置するリベレツのそばにそびえている山だ。
ちなみにリベレツにはとある日系企業が進出している。


しかし残念な事に、出掛けた当日から数日間、ロープーウェーはメンテナンスのため運行休止。
仕方なく、頂上までは車で登ってしまった。
実はホテルがあるから頂上より少し下まではバスでも行けるのである。
そこでなによりもまず、頂上にあるレストランで休憩を取った。


アイスクリーム。


にがいエスプレッソ。


それから周りを小ハイキングをする。


地図によると赤岩という場所にヴューポイントマークが記してあったので、
そこを目指して頂上まで戻る周回コースを選択した。


砂利道、岩道、雪解け水でドロドロの道を進む。


見上げると頂上の建物が見える。
だいぶ降りてきた。
今回、車は頂上にあるのだから結局これをまた登らねばならない。


赤石ヴューポイントからの眺め。


地図で周辺を見てもヴューポイントマークが記されているのはここだけだった。


道標を頼りに進んで歩き歩き、最終的には頂上に帰りついた。


本日のハイキングでの歩行距離はたった4.5km。
個人的にハイキングは好きだから、ツアーが出ても良いように色々下調べしておこう。
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
20:07  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.04.15 (Wed)

チェコメン総パットとマット

プラハのメトロA線が4月7日から延長しました。
今まで終点だったDejvickáから4駅も延びてモトル病院まで行けるようになったのです。
でもですよ。
立地を考えたら、A線の場合は今回の延長ルートではなく、
そのまま直進して空港方面に伸ばしたほうが絶対に良かったのです。
なぜDejvickáから空港方面へ延長しなかったのか不思議でなりません。
なんかチェコってる感じがします。


それはさておき、延長前はDejvickáから空港行きバス119番が発着していたのですが、
延長後は2駅先のVeleslavín駅発着に変更されました。
よって今後メトロA線を利用して空港に行く場合はVeleslavín駅に行かなければなりません。
しかしメトロは延長されたのですが、全ダイヤが終点まで行くのではなく、
以前通りDejvická終点のダイヤもあるのです。
ですから空港に行く際にDejvická終点のメトロに乗っていた場合は、
面倒でもそこで一度下車し後続を待たねばならないのです。
全ダイヤがせめてVeleslavín駅まで行ってくれれば良いのにと思うのですが、
そういかないのがチェコらしくてたまりません。
そう、チェコっているのです。


しかも新ルート開業日決定の話題が出た時、こんなおバカなニュースで盛り上がりました。
「Veleslavín駅のホームから空港行きバス発着所のあるバスターミナルへは階段のみ。」
へっ?と誰もが耳を疑いました。
いずれはVeleslavín駅も空港発着駅として利用されなくなる日が来るかもしれませんが、
まさか、エスカレーターがないなんて…。
若いツーリストは頑張って荷物を運べるかもしれません。
でも年配者はどうはするのでしょう?
もしケガ人がでたらどうなるのでしょうか?
後日、「重い荷物を運ぶために空港からポーターが派遣される。」
という超チェコい話も追加されたのです。

誰もが首を傾げましたが、その話は真実だったようです。
今日の午前中、空港お迎えがあったので、
どんなものか実際この目で確かめ、ついに立証する事ができました。
実はエスカレーターはあるのです。
ホームから地上へと1st&2ndとエスカレーターは2機あります。
この件についてはすでに明らかにされていました。


しかし地上に出る最後、本当に最後が階段のみになのです。
それが問題となった階段なのですが、段数はたった31段しかありません。
そのたった31段をエスカレーターにしなかったばっかりに…
パリみたいに苦労してスーツケースを運ばねばならないのです。


それをヘルプするためにわざわざ人件費を払い、
派遣されたポーターが汗水流し階段を上り下りしているのです。


空港から来るバス停側の階段にはこんな看板がありました。
「リフトあちらです。」
いやいやリフトって…
ツーリスト用のリフトではないことは明らかです。


ちなみに笑い話にもなりませんが、プラットホームに設置されている時計には、
なんと、Veleslavín駅の名前が入っているのです。
そこはどうでも良い所なのに…。
そんな所にお金使ったのですねぇ。
チェコい。


この話題を知った時に即座にひらめきました。
「チェコメン総パットとマット」じゃないかと。
パットとマットについては以前も書いたのですが、
チェコ人なら誰でも知っているアニメのキャラクターです。
パットとマットという兄弟は、たぶん、天才なのです。
なんでも自分たちでできるのです。
でも、あと一歩、最後の最後で必ずヘマをやらかすのです。
要するにチェコってるんです。

チェコ国民が彼らを愛おしいと思っていることは知っているのですが、
それをわざわざ実写版でしなくても良いのにね。
と思いませんか?

チェコいとは私の造語です。
口をあんぐり開けて呆れ驚きおののく様の意の事です。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
23:24  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.04.10 (Fri)

AKBマジ春

今日はAKBコジハル、いや、AKBマジ春の天気だ。
暖かいから公園でぼーっとしていたい。
AKBマジ春である。
こんな日は仕事をする気にならないし、
仮に仕事していても、とてもとても集中なんてできない。
しかも金曜日の夕方なんて言ったら、仕事する気なし度はさらに倍だ。
倍率ドンッ、さらに倍、16、18、4、6、16。
で、はらたいらさんに全部。
ってな感じだ。
わからんだろうなぁ。

そんな誰もが浮かれてしまう陽気、AKBマジ春の夕方、旧市街広場にある高級ガラス店でぼーっとしていると、外で「ガンッ」と何か壊れる音がした。
なんだろう?と音のした所へ赴くと、パルドヴィツェナンバーのトラックが、通れもしないメラントリホバ通りに進入しており、何かにぶつかったらしい。
ゆっくりと後退している。


あらまぁ。
AKBマジ春だから仕事する気にならなかったのかな。
でもって何にぶつかったのかな?
と辺りを見ると、石畳の上にある物体が数個転がっていた。


これはガス燈の受けにある装飾ではありませんかぁ。


この装飾にぶつかった音だったのですね。


警察も来なかったし、誰も通報していないし、壊れた装飾はいつ直されるのか楽しみである。
春だから誰にも気にされず、夏を終え、冬までそのままだったら、ちょぉ笑うんですけどぉ。

AKBマジ春でぼくの頭がも軽くなってしまったかなぁ。
ちょぉやばいんですけどぉ。



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
19:00  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.04.09 (Thu)

ちゅうねんだもの

一時帰国からプラハに戻り一週間が経った昨日、昼過ぎからずっと寝た。
と言うか寝るしかなかった。

あの楽しくも怒涛の不摂生日本満喫滞在からくる疲労を回復させる事なく、逆に不摂生を取り戻すべく木、日、月とジムに通い筋肉を痛めつけ、さらに色々と飲み会があり内臓を疲れさせてしまったツケが回って来たのだろう。
ちゅうねんだから…遅れてやって来る筋肉痛はあまりにも酷く、バンテリンを塗り対処していたが治まる気配は一向にない。
かえって第二波、第三波と遅れてやって来た筋肉痛が疲労増に拍車をかけ、そのせいか身体がパンパンに膨れている感じがし、ボーッとしてきた後に寒気を覚え、さらには体温が上昇してきた。
これはヤバイ…と直感した私は寝るしかないと判断し、午前の仕事を終えて帰宅後、14時頃から気分が良くなるまでずっと寝ることにしたのだ。

さっとシャワーを浴び、かぜ薬を飲んで、寒い寒いとブルブル震えながら寝床に入る。
本当に疲れていたのだろう。
すぐ眠りに落ちた。
寝入ると今度は今までかいたことがない量の寝汗をかき、だんだんと身体が軽くなる感じを得、徐々に落ち着いて来た。

今朝は9時半頃に目覚め、体調は完全とは言えないがかなり回復している。
ちゅうねんだけど…回復が早くて良かった。
今15時半、16時からの仕事のためプラハ城にて待機中だ。

しかしあれですね…無理はいけません。
ちゅうねんだもの。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:30  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.04.06 (Mon)

プラハの印

一時帰国からプラハに戻ってきてからぼちぼち1週間経つのだけれど、
プラハ熱、チェコ熱、さらにはヨーロッパ熱が高まらない。
寒いからなのかもしれないけれど、「街を歩いて新たな発見を!」と言う気分が出ない。
イースターのお祭りで市場も出ているけれど、どこかに出掛けようと言う気にならない。
だから、初心に帰って昔のノートを見直してプラハ熱をまた高めていこうとしている。
昔のノートを見ると、字が汚すぎて何を書いているのか分からない所もあるけれど、
よくもまあ・・・我ながら感心する。


プラハは496k㎡でユネスコ世界遺産に指定されている区域は8.66k㎡。
ちなみに日本のおもな都市はこうなっている。
東京の中央区が10.18k㎡
横浜の西区が7.04k㎡
名古屋の中区が9.38k㎡
京都の中京区が7.38k㎡
大阪の中央区が8.88k㎡
福岡の中央区が15.16k㎡

プラハの標高は平均で235mで弘法山や高根山や気仙沼の亀山が同じ高さになっている。
プラハ市内を流れるヴルタヴァ川は31kmあり、川幅の最も広い所は330m。
なるほどなるほどと読み返している。

ちなみにプラハの歴史地区、フラッチャニ、小地区、旧市街、新市街には、
もともとそれぞれの地区に自治があり、各地区で紋章を持っていた。
1784年になってやっと4つの地区が統一されて王家の首都プラハと相成り、
旧市街の紋章がプラハ市の紋章として使われるようになったのである。
だからその地区に行けば統一前に使用していた各紋章を見つけることができる。

プラハ城の西側に位置するフラッチャニは1本の塔。


プラハ城の南に位置する小地区は5本の塔。


新市街は2本の塔。


中心も中心の旧市街は3本の塔だ。


旧市街の紋章には2タイプのデザインがある。
塔の下にある門に剣を持った兵士の腕があるかないかだ。


14世紀には銀色の3本の塔と門のある城壁のデザインで紋章が造られ、
15世紀に入り塔と城壁が金色に変えられた。
当時は剣を持つ兵士の腕は無かったのだが、1649年30年戦争終結の際、
プラハ旧市街は死守され、その時から剣を持つ兵士が門に描かれるようになった。

プラハ市民は言う。
あなたがプラハに相応しければ開門の紋章でお出迎えしてくれますが、
もし相応しくなければ、剣を持った兵士があなたを待ちうけていますよ・・・と。

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
14:34  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.04.02 (Thu)

あっというまジャポン 2015春 さくら

さくらを見た。
日本のさくらは何年ぶりだろう。
プラハでもさくらは咲くが圧倒的に日本のさくらがきれいだ。
そう、断言しよう。
さくらと紅葉は日本が世界一きれいなのだ。
だからさくらを見に行った。
東京の代表的なさくらの名所を激混み承知で行ってきたのだ。

上野公園






靖国神社






武道館、大きな玉ねぎ


千鳥ヶ淵




みなさんのお国でもさくらの名所はおありでしょう。
もし、おらが桜をご覧あれ!という方はぜひ写真を送って下さい。
冗談ではなくぜひお願いします。
その写真を見ながら花見したいのです。
昨日、あっというまジャポンからプラハに戻ったのですが、春はまだ遠くにありにけり。
寒いのです。


吹雪く卯月の古都プラハ
ピヴォ桜絵で花見かな


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
13:05  |  日本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.04.01 (Wed)

あっというまジャポン 2015春 鴨シー

別の甥、姪を連れて鴨シーに行った。
本来、彼らも秋田行きのメンバーに入っていたのだ。
でも、それがファイナルアンサーかどうか尋ねたら、ふたりは、ただ電車に長時間乗って、仏壇に線香をあげて、また帰ってくるだけの旅はつまらないと言った。
じゃあどこへ?と聞いたら、小声で、かもしー。
鴨川シーワールドのことだ。
ちなみに秋田に行った彼の弟と妹で、4月から5年生と4年生になるのだ。

ってことで、朝5:00起きで電車で鴨シーまで行く。
東京駅で京葉外房線への乗り口へ移動していると、舞浜にある夢のランドに行く女子で一杯だ。
くまとかいぬとかねずみのグッツを身につけ、オシャレしている女子達が楽しそうに歩んでいる。
乗車した列車内もそれ系女子が圧倒的に多い。

舞浜で降りて行く彼らを見てふたりは言う。
「あそこは全然興味ないんだよねー。ねずみよりシャチだよ。」
生意気な奴らめ…。
そのうちねずみの術中にはまるからおぼえてろよ。

9:45ごろ現地に到着し、まずイルカの場所へ走らされる。
10時からのイルカショーを見るためだ。


イルカショー。




ベルーガショー。


アシカショー。




と無駄なくショーを見ていく。

そしてメインでもあるシャチショー。
ずぶ濡れ編だ。
ふたりは濡れたくて仕方がない。
ぼくも軽い飛沫ぐらいだったらかかっても良い。
意見は一致した。
そこでほぼ中央4列目に席を取った。
開演前に係員は脅す。
「一発でずぶ濡れになる人もいます。」
「カメラなど壊れることもあります。」
「ポンチョはお勧めです。」
まさかそこまで…と思っていたが、想像していた以上の水飛沫、飛沫と言うかそのまま水だ。
水の塊が飛んでくる。
迷っていたが係員のお勧め通り、300円のポンチョ様を買っておいて正解だった。
そして1発目のジャンプを見たぼくは怖気つき、水の塊のせいで高額携帯電話が壊れるのが嫌だったからジャンプシーンは撮影しなかった。


ふれあい体験のチケットは売り切れで買えなかったので、空いた時間に他の動物見学タイム。






そして14:00ごろ、遅めランチはシャチを見ながら唐揚げとパスタにした。
ちょうどショーの時間と合い、レストランからショーを見上げる。


食後にまた、他の動物見学タイム。






夕方に近付いてきた。
しかし、ふたりにはもうひとつ見るべきショーがあった。
夕陽のシャチショーである。
「夕陽があたる最後のシャチショーが見たい。」とふたりは来る前からずっと言っていた。
「その時間まで元気だったら見ても良いから、お前ら次第だ。」とぼくはずっと答えていた。
そうしたらふたりの元気キープ力は半端なく、夕方まで元気モリモリで見る気満々でいる。

見るしかない…。
てか実はぼくも見たい…。
よって始まるまでシャチショーブースで時間つぶし。




17:30この日最後のシャチショー。
夕陽は建物の陰に隠れてしまっていたが、ずぶ濡れ編では撮影できなかったジャンプシーンが撮れた。










帰りもガタゴト列車に揺られて、22:19に送り届けたという長い長い1日ではあったが、あっというまに過ぎていった。
ふたりよりぼくが楽しんだかもしれない。

しかし、世のお父さん、お母さん、子どもを連れて出掛けるのは大変ですね。
体力がないとやっていけない。


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
06:23  |  日本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |