2016.06.28 (Tue)

SKアマテラス BBQ

我らはSKアマテラス。
チェコ在留邦人によるサッカーチームである。

サッカーだけでなく美食家の集まりだ。


そしてアウトドア系の活動も好きである。
今日はBBQ。


あっ、肝心な肉を撮影するのを忘れた。


アマテラスは酒呑みの集まりだ。
でも運転手はノンアルコールビールで我慢できる。
モラルとエチケットには厳しいのだ。


アマテラスは芸術活動にも関心がある。
何気に知識人、文化人の集まりだ。


さらにアマテラスは子供に優しいチームである。


仕事は関係無しに和気あいあいと楽しめるイベントが続く。
こういう活動に快く参加できるのはご家族、特に奥様方の理解が得られてからこそである。


アマテラス女子に感謝しなくてはならない。
分かっているのかなぁ?バカ男子諸君…。


分かっていないかなぁ。
いや分かっているよね。


と、こんな素晴らしい仲間たちがいるSKアマテラス。


プラハの思い出をたくさんの提供します!




スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:07  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.06.26 (Sun)

アカツキファイブ

アカツキファイブって呼ぶみたいです。
バスケットボール日本代表の事をです。
その女子チームがプラハに来るという情報を友人から得て、彼女たちの勇姿を見に行きました。
6月22日カナダ戦。


カナダチームはBチームだったそうですが、圧勝でした。


ちなみにバスケットボールの試合を生で観るのは初めてでした。


6月23日はチェコ戦。


チェコチームはFIBAランキング5位ですが、試合に出たチームは若手主体でした。
しかし大柄のチェコ人にも負けず圧勝でした。


2試合観て、選手の名前と顔もほぼほぼ一致するようになり、観ていて楽しくなります。


ただコートネームなるものがあり、コート上ではそのコートネームで呼ぶのだそうです。
そのコートネームまでは覚えきれませんでした。


チェコ戦後は記念写真にも応じてくれました。
選手下段左から
本川さん、吉田さん、三好さん、近藤さん、町田さん
上段左から
長岡さん、王さん、宮澤さん、栗原さん、高田さん、間宮さん
最上段で日の丸持つおっさんがぼく。


1番小さい子が町田さんで161cm、1番大きい子が王さんで189cm、本当は192cmの渡嘉敷さんが代表にいるのですが、彼女はチェコ遠征には来ていませんでした。

6月24日はスロバキア戦。
相手チームはU20ぐらいの若手チームだったので楽勝でした。


さて、8月からはリオオリンピックが始まります。
アカツキ女子は12年ぶりにオリンピックに出場するのです。
そして今チームは歴代の日本代表でも最強と呼び声が高いようです。
オリンピックには12か国参加しA,Bのグループに分かれリーグ戦を行い、上位4チームがベスト8として決勝トーナメントに上がれ、そこからベスト4、決勝と進みます。
我らがアカツキ女子はグループAに入り、フランス、ブラジル、オーストラリア、ベラルーシ、トルコと同組になりました。
ちなみにBはカナダ、スペイン、セネガル、セルビア、中国、USAです。

まず頑張ってベスト8、欲を言えばベスト4、さらに欲を言えばメダルを!って感じですね。
ガンバレニッポン!
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
08:35  |  プラハで観る  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.06.18 (Sat)

プラハ古時計

手巻き700コルナ。
電池350コルナ。
今のレートで日本円に換算すると3500円と1750円になる。
なにが?


プラハ古時計である。
プラハオールドタイマーってなってるけれど、
プラハ古時計の方が格好が良くないですか?
聖ヴィート大聖堂の薔薇窓、
旧市街市庁舎の天文時計、
市民会館のアールヌーボーの3パターンあり、
サイズも直径約5cm、3cmとあった。


私は腕時計が苦手なので時計持ちではない。
時間を見る時はいつもスマフォ時計だ。
あくまでも私の主観になりますが、仕事中、
人前でスマフォ時計を見る姿はあまり格好が良い姿とは言えない。
だからひとつ手巻き時計を買ってみた。
3cmサイズで、見にくいのは承知だけれど黒の文字盤にした。


これならズボンのポケットに入れてもかさばらない。
スマフォもカバンに入れておけるから、必要な時だけ見れば良い。
だからやたらネット、メール、Facebook、LINEチェックもしなくなるはずである。


ちなみにフタの装飾は聖ヴィート大聖堂の薔薇窓タイプにしてみた。
結構お気に入りだ。


高額ではないからお土産に2、3個いかがですか?
1番分かりやすい販売所は旧市街市庁舎の塔の3階です。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
21:09  |  プラハで買おう  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.06.07 (Tue)

modrotisk 藍染

モラビアのStrážniceストゥラージュニツェに行ってきた。
モラビアの藍染を見るためだ。


1906年、ここストゥラージュニツェにチリル・ヨフさんが引っ越して来て、
藍染を始めた。


その後、息子のフランティシェク・ヨフ、その同名の息子フランティシェク・ヨフと続き、
今は5代目が活躍している。


そもそも企業として青染色の製造を始めたのはオランダのアムステルダムで、時は1678年。
その技法がドイツ、ボヘミア、モラビア、スロバキアへと広がったのだ。
1736年にはスロバキアのシャシュティンで製造されるようになった。


ヨーロッパで藍染?と首を傾げるかもしれないが、
ヨーロッパでも、と先入観を改める必要があるな。


現在、ストゥラージュニツェの工房はArimoという会社経営になっており、
建物の1階が工房、販売店、食堂などとして使われている。
その工房を入場料30コルナで見学ができるから、見学しない手はない。


工房に入ると、5代目だと紹介された美人染色師が白い生地に丁寧に型をあてていた。
完全なる手作業だ。


その生地を染色する。
5分浸して乾燥、これを5回行ってから、洗濯機で洗い乾燥させる、と言っていた。


そして完全に乾いたら生地のまま販売したり、手提げ袋やデーブルクロス、
ランチョンマット、エプロン、ネクタイなどを作り販売している。


ちなみにチェーン展開している雑貨店マニファクトゥラでも、
全店舗ではないが、ここの製品が販売されている。
ただ当然ではあるが直営店の方がお安い。


私はTシャツが欲しかったけれど残念ながらそれは無く、
ネクタイと思ったけど結構薄くてペラペラだったので、
無難に、手提げ袋とランチョンマット、65cm x 65cmの小さいデーブルクロスを買いました。


日本にはないチェコ、いや、モラビアらしいデザインの品々。
手作りだから同じデザインでも多少のバラツキがあるがそれも乙があって良い。
皆さんもおひとついかがですか。

↓ARIMOのウェブページ
http://www.arimo-modrotisk.cz/

メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
16:47  |  モラビア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.06.05 (Sun)

ある週末のできごと

ぼくはアマテラスのメンバーだ。
アマテラスはチェコ在留邦人のサッカーチームである。
昨日、チェコ人チームとの親善試合があったので参加してきた。


8番がぼくだけれど、若い時は巧かったんだよな~。
足は遅かったけれど、自我自賛で本当に巧かった。
ドリブルもパス出しも本当にセンスあったんだよな~。
でも今は動きが遅いし視野も狭くなった。
年のせいとは言われたくない。
改善策はあるはずだ。
それはダイエット。
せめてあと9kgは体重を落とさないといけないな。
それには石のようなかたい意志を持たないといけないけれど、
医師の声が無いと意思できないかもしれないな。
難しいね、ダイエットは。
またもそう感じた6月4日土曜日午後。


ぼくはガストンのメンバーだ。
ガストンはソフトボールのチームである。
年に1回、日本人会主催のソフトボール大会があるのだけれど、
その大会に参加しており、過去には2度優勝し、準優勝3回の古豪チームなのだ。
今日6月5日の午前は強豪PASTAさんと練習試合があったので参加してきた。
ヨーロッパなのに立派な野球&ソフトボールのグランドがあるんだよね。


その後、6月5日の午後はサッカーのチェコ代表と韓国代表の親善試合を観戦。
アマテラスのメンバーでもありガストンのメンバーでもある紳士と出掛けた。
ロシツキーとチェフを生で見れたのが良かった。


あ~楽しい時間を過ごせました。
明日からも頑張ります。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
22:09  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |