2016.11.30 (Wed)

YUNIKU 焼肉

ナーメステーミールに最近オープンした。
https://m.facebook.com/Yuniku-Charcoal-BBQ-833558723447766/
YUNIKUという焼肉屋さん。
アドレスはslezská3番地だ。
すでに出掛けられた方も多く、いいね!の声が半端ない。


炭火でじっくり焼く。


煙はこいつが吸い取ってくれる。


準備万端だ。


付け合わせ。


肉。


肉と野菜。
あとホタテも追加。


焼く。


完食で満腹。


11月はオープン記念で30%割引だったので、4人で2100コルナとナイスな値段。
仮に30%プラスしても2800コルナほどだ。
これはありだ!
しかも煙吸い取りシステムで臭くならない。
ぜひお試しあれ。
ただ要予約だ。

スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
00:13  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.11.23 (Wed)

イヴァナ ゼルニーチュコヴァ

ある女性のご紹介です。
その女性は1949年2月20日、モラビアはズリーンにて誕生しました。
ですから現在67歳です。
彼女が産まれた当時、街の名前はズリーンではなくてゴッドヴァルドフでしたので、ゴッドヴァルドフ出身と言う者もいます。
彼女の名はイヴァナ ゼルニーチュコヴァ。

共産党政権下による東西冷戦、しかも19歳の時は1968年でプラハの春事件も起こります。
幸せな青春時代を過ごせたかどうかは疑問ですね。
そんな時代に生きた彼女はカレル大学で学びます。
また、幼少期からスキーを習っており、1972年にはチェコスロバキアオリンピックチームの補欠に選出されました。
札幌オリンピックの年ですねぇ。
代表チーム選出のお陰で西側諸国へ旅することが可能となり、最終的に米国へ亡命しました。
当時たくさんの亡命者いたのです。

代表チームに選出されるほどですからイヴァナは身体能力も高かったのでしょう。
身長は182cmと記録されています。
その長身と抜群のスタイルで、亡命先の米国ではモデルとして活躍しました。
モデルとして活躍できた訳ですから、かなりの美人だったようで、イヴァナは現在まで3回結婚をしています。

最初の相手はオーストリア人スキーヤーでしたが2年で離婚し、亡命後の1977年にある実業家と2回目の結婚をします。
1992年にその実業家の浮気がもとで離婚する事になりますが、3人の子供を授かり、良き母、そしてビジネスでも成功を収めました。
3人の子供は長男ドナルド、長女イヴァンカ、次男エリックと名付けられました。
長男は父のファーストネーム、長女は母のファーストネームです。
ちなみファミリーネームはトランプ。

と言うことは、長男はドナルド トランプとなります。
お気づきでしょうか。
お気づきでしょうね。
長男は第45代米国大統領に選出されたあのドナルド トランプのジュニアで、長女イヴァンカは最近なにかとニュースに登場しているあの美女なのです。

そして今回ざっとではありますが紹介しましたイヴァナ ゼルニーチュコヴァは元トランプ夫人、ドナルド トランプの初めての奥様だったのでした。

ちゃんちゃん。



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
17:27  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.11.20 (Sun)

チキン食うモンク

モンクが隠れてチキンを食べています。
そんな彫刻を見たことがありますか?
こんなんです。


美味しそうに、でも気まずそうに、召し上がっている姿はなんか微笑ましいですね。

どこで食べているかと言うと、火薬塔の一部で食べています。
でも下から見ても見つかりません。
ひょっとしたら、あれ、あれかなぁ。ぐらいで見つけられるかもしれませんが、そこそこ高い位置に腰掛けているから、下からだとはっきり見えないはずです。

彼を真正面から見たければ、火薬塔に隣接する市民会館のガイドツアーに参加するしかありません。
オリエンタルの間、もしくはセルビアの間と呼ばれている部屋に行けば窓越しに彼を見る事ができますよ。


美味しそうに、でも気まずそうに、召し上がっております。
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
14:37  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.11.13 (Sun)

キャプテン フランタ 2016年11月

久しぶりにキャプテン フランタからお声が掛かった。
と言うか、9月も10月も声が掛かっていたけど、タイミングが合わないでいたんだ。



キャプテン フランタとはそう、セスナ操縦のライセンスを取得しているチェコ人の友人で、
これまでに何度か彼の操縦によるチェコ空の旅を満喫させてもらっている。



過去の空の旅は当ブログで遡ることができる。



今までは2人乗りの飛行機だったのだけれど、今年に入ってキャプテンはレベルアップし、
なんと、4人乗りの飛行機を操縦できるようになった。



そこで今回は、フライトに興味あるメンバーを誘って複数人で空の旅を楽しもうと相成り、
キャプテン フランタ、新メンバーとなる私の友人、そして私の3人で晩秋、いや初冬のチェコの空に飛び立った。



空港はムラダーホワレスラフで、そこからイチーン、チェスキーラーイ、リベレツと周り、
再びムラダーホワレスラフの空港に戻るというルートで、約90分の空の旅である。



飛び立ってしばらくは黄葉残る林や農地の上空を飛んでいたが、
少しすると雪かぶるクルコノシェ山地が前方に見えてくる。



イチーンに着くと機首を8時の方向に向け、リベレツ方面に進路を変える。
トロイスキ城跡やチェスキーラーイの巨岩を上空から見下ろす。



そしてリベレツ郊外のイェシュテェドに到着。
辺りより標高が高いため、木々も落葉樹から針葉樹になり、さらに雪も残り寒々しさが増す。



遠くにはポーランドにある火力発電所からの白煙がもくもく立ち上がっているのも見えた。



イェシュテェド上空を2周して、ムラダーホワレスラフ空港に戻った。



キャプテン フランタは楽しい空の旅を提供しています。



気象条件でフライトできない時もありますが、空の旅を楽しみたい方は私か、
もしくは直接キャプテンにご連絡、そしてご相談ください。



キャプテンの連絡先は↓メールアドレスです。
fhavlicek@me.com



ちなみにキャプテンとの連絡は日本語で問題ありませんよ。



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
20:40  |  プラハ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.11.06 (Sun)

V TOWER PRAHA

プラセレ(プラハセレブ)の住むエリアになるか?
それとも単に金持ち外国人だけが住むことになるのか?
超豪華なビルが来年10月に誕生する。
高さ104mの30階建で130戸の高層マンションビルだ。
その名もV TOWER。


ヨーロッパ初のLEEDプラチナ獲得を目指し、すでにプラチナレベルでの事前認証を受けている。
LEEDプラチナのLEEDとはleadership in energy&enviromental designの頭文字だ。
これは、米国グリーンビルディング協会が環境などに配慮した建物や地域開発の認識システムで、標準、シルバー、ゴールド、プラチナと4段階に格付けしている。
日本ではYKK80ビルが新築テナントビル部門でプラチナ認証を取得した。


vtowerpragueで検索したら一発で調べられるから、プラセレ(プラハセレブ)になりたい方はチェックしてみてはどうだろう。
WEBを見ているだけでセレブ感に浸れる。
イメージ写真を見ると、部屋からプラハ城を始め街を一望できるのである。
でもね、プラハ城から見たらこんな感じ…。


人口たった120万人ぐらいの街。
どれほどの人が住むのだろう?
チェコ人が購入して、超高い家賃で金持ち外国人に賃貸するかもしれないな。
良いのか悪いのか…。
ウヴィディーメ、様子見ですね。


メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
20:50  |  プラハ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |