FC2ブログ

2018.04.27 (Fri)

プラハで世界料理紀行 A

さあプラハで世界料理紀行と言うタイトルで新コーナーが始まりました。
これは、アルファベット順にAからZまで英語で表記された国の料理を食べに行く、と言うのがテーマです。
もちろんWやXで始まる国は無いですし、プラハにその国の料理店が存在しない場合もありますが、可能な限り探し出したいと思います。
当然の事ながら記念すべき第1回目はAです。
アルメニア、アゼルバイジャン、アルジェリア、オーストラリア、オーストリア、アルゼンチンなどありましたが、Aからは行くに行けないアフガニスタンに決まりました。
レストラン名はKabulカブール。
カブールとはアフガニスタンの首都です。
言語はパシュトー語とダリー語を話しています。
初めて聞きました。
パシュトー語のこんにちははサラム、ありがとうはマナナ、ダリー語だとこんにちはは同じですが、ありがとうはタシャコルと言います。


さて店内に入ると異国に来た感満載です。
メニューを見るとケバブとかピザなど分かりやすい物もあれば、全く想像出来ない料理名もあります。
あとラムを使った料理も多いですね。


よく分からないので店員さんに典型的なアフガニスタン料理を教えてもらうと、ケバブが真っ先に上がりましたが、ケバブ気分では無かったので別の物をお願いすると、はい、これが良いと言われました。
チャーハンやないかーい。


これはアフガニスタン料理のピラフでカベリと言います。
長粒米がパラパラとなるまでオリーブオイルで炒めます。レーズンも入りあまり塩気はありませんでしたが、ボリュームは満点でした。

次回はB国を訪れます。
関連記事
スポンサーサイト



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:22  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/1004-3b50f822

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |