FC2ブログ

2018.09.20 (Thu)

パワースポット 未完成教会

あなたはパワースポットを信じますか?
そこに行けば、ポジティブ エネルギーを得ることが出来、心身共に健やかになり前向きになれる。そんな場所をあなたは信じますか?
実はチェコにもそんなパワースポットがあるのです。


パワースポットはプラハから北西約50kmの所にあるPanenský Týnecという小さな町に建つ教会です。
教会の名はその名もズバリ、未完成教会と言います。
チェコ語からの直訳だと未構築教会の方が正しいかもしれませんが、とにかく未完成の教会がパワースポットなのです。


この教会は1316年に着工されるも、1382年の火災で工事が中断し、その後も工事が再開される事なく未完成のままで現在に至っているのです。
門をくぐり抜けると教会身廊部に入ります。


すると、もともと小さな町なので教会の外も静かではあるのですが、なんだか外部より静かな感じがし、そして目を閉じて立ち止まると何かを感じられる気分になったような気がします。


教会の壁には瞑想の場、医療の場、エネルギーの中心など、どこに立てばより効果的か表記されています。


表記に従い身廊を内陣の方に進みます。
エネルギーの中心から医療の場を歩き瞑想の場まで進むのです。
ハトの鳴き声が聞こえますが、それ以外は私の歩く足音だけしか聞こえません。
そして奥に進むにつれ、より静寂さが増すのです。


不思議な気持ちで瞑想の場に立ち止まると、頭上から足下からさらには側面から、なにか分からないパワーを感じます。
なんだろう?
本当に見えない、しかも柔らかいパワーが身体を包み込んでいくのです。
そしてそのパワーが体内に浸透し、自分自身がパワーで漲っている、そんな感じがするではありませんか。


なんなのだ。これは!
不思議な気持ちになり、パワーを得た勇者よろしく、フフフとほくそ笑んでいる自分がいます。
でもその裏には、この未完成教会の建築構造上の関係で教会内外の大気がこの瞑想部に集まってきているのではないか?などと現実めいた事を考えている21世紀の自分もいます。


いずれにせよ、見えない何かを感じ得る事の出来る場所には間違いありません。
これをパワースポットと言うのでしょうか。


またパワーを求めに来てみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
13:45  |  ボヘミア地方  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/1035-d45f77fc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |