2011.12.19 (Mon)

ある一つの時代

2011年12月18日、日曜日。

チェコ全土に悲報が伝わった。

IMG_1488.jpg

チェコ共和国初代大統領ヴァーツラフ・ハヴェルが75歳で人生の幕を閉じたのである。

国民はある意味、スタンディングオーベーションで、
「よくやってくれた!!」と、彼を見送ったに違いない。

激動期のチェコでチェコの歴史の一時代を築きあげた男なのだから。

IMG_1480.jpg

共産党時代は投獄も経験し、

IMG_1481.jpg

革命時は、「ハヴェルをプラハ城へ!」の合唱を受け、

IMG_1478.jpg

再婚で、「やはり若い女優がいいのか!」と痛烈に批判され、

IMG_1482.jpg

ř の発音ができないからとコケにされ、

IMG_1484.jpg

車に乗る時は必ず助手席に座り、

IMG_1487.jpg

「操り人形のような動きをする。」と笑われたけれども、

IMG_1489.jpg

チェコ国民は皆、あなたを愛していたのです。

IMG_1483.jpg

チェコ国民だけでなく、あなたを知る者はすべて、あなたを愛していたことでしょう。

IMG_1490.jpg

ヴァーツラフ・ハヴェルさん、75年の人生、終わってみたら楽しかったでしょ?

安らかにお眠りください。



関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
00:43  |  チェコネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

金の事かと思ったよ
 |  2011.12.19(月) 22:52 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

チェコにおりますゆえ、こちらになりました。



> 金の事かと思ったよ
細矢 |  2011.12.20(火) 00:06 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/116-8a47ad54

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |