2012.01.19 (Thu)

プラハカフェ巡り vol.8

カフェ第8弾でついに来ました!
王道中の王道。

市民会館カフェ!!

IMG_1795.jpg
市民会館。

ここはもう・・・説明する必要がないくらい、どのガイドブックにも載っている。
王道中の王道だ。

市民会館はプラハを代表するアール・ヌーヴォー建築である。
1905年から1912年にかけてアントニーン・バルシャーネックとオズワルド・ポリーフカの設計で建てられ、
1912年11月22日に晴れて開館となった。資金はプラハ市が出している。

内装、外装の装飾を手掛けた芸術家は当時チェコで活躍していた芸術家で、
チェコ代表するアール・ヌーヴォーの画家、アルフォンス・ムハ(ミュシャ)も参加している。
彼は市長の間のデザインを手掛けた。しかも無償で!!

こんなエピソードがある。
当時すでに売れっ子だったムハは、内装のデザインを全て自分が担当したかったそうだが、
他の芸術家たちから総スカンを喰らったという。

そりゃ当然だろう。

市長の間の外に設置されているバルコニーが、正面玄関の上のバルコニーで、
ここでは1918年10月28日にハプスブルグからの独立宣言を行ったバルコニーだ。

IMG_1796.jpg

この独立宣言後のチェコスロヴァキアは民主主義を勧めていったので、
共産党時代は共産党幹部にとってこの建物は煙たがれ、あまり使われなかった。
ために、市民会館は共産党時代に荒廃してしまった。

だから民主化後、1994年から1997年にかけて大修復が行われている。
その大修復では、建築当時の資料を基にそっくりそのまま再現しているので、
当時の姿を現在でも見れるわけだ。
一ヶ所、半地下にあるインフォメーションセンターは新しいけれど・・・

バルコニーの上には、カレル・シュピラル作のモザイク画「プラハの寓意」で、
プラハ(玉座に座る女性)、伝説的な人物と出来事、芸術、哲学、学問がイメージされている。

IMG_1797.jpg

市民会館の中で最も広いホールがかの有名な「スメタナホール」だ。
そのホールは毎年5月12日から開催される、「プラハの春」の開幕の演奏が行われる。
5月12日はスメタナの命日。
その日にスメタナホールで、スメタナが作曲した交響詩「我が祖国」で開幕。
スメタナの偉業がわかる。

おっと、今回は市民会館の案内ではないのだから、早速カフェらなければいけない。

IMG_1782.jpg

ここのカフェはプラハで最もきれいな内装であるとよく言われている。
確かに美しい内装だ。

IMG_1783.jpg
落ち着いた明かりを灯すが、ゴージャスなシャンデリア。

IMG_1784.jpg
小さな噴水まである。

2階にも席がある。
IMG_1794.jpg
2階席。

そこから見下ろす眺めもゴージャスで良い。
IMG_1789.jpg
優雅な気分になれる。

IMG_1790.jpg
2階からカフェ全体を写した。

IMG_1787.jpg
2階の窓の装飾もシンプルな色合いで落ち着く。
緑は落ち着く色ですね。

さあ写真ばかり撮っていられない。注文しなければ。

IMG_1871.jpg  
メニューにはアルフォンス・ムハ作の「果物」が。
おしゃれ。

IMG_1880.jpg
ムハのサインと市民会館のロゴが入っている。

ドリンクは何を頼むか決まっているから、最初にケーキをチョイス。
ケーキはウェイターさんがケーキの入ったカートを押してカフェ内をまわるので、
テーブルのそばに来た時に選ぶことができる。

IMG_1785.jpg
ムハの「果物」を見た私は、いつの間にか、フルーツケーキを頼んでいた。

IMG_1873.jpg
これといった特徴はないけれど、さっぱりとしたケーキだ。

飲み物は当然コーヒー。
IMG_1877.jpg
コーヒはアルフレッド社のコーヒーを使用。
1866年創業。ドイツのハンブルグが本拠地。

にがかった。

ミルク入れを見ると、旧市街のマークが付いていた。
IMG_1879.jpg
塔3本と城門から剣を持った左腕が特徴。

IMG_1881.jpg
ナプキンには市民会館のロゴが・・・

気になるお値段は?
ケーキ・・・100コルナ
コーヒー・・・58コルナ

妥当でしょう。

営業時間
毎日:7:30-23:00
住所:Náměstí Republiky 5
WEB:www.kavarnaod.cz

IMG_1875.jpg

IMG_1874.jpg
やはり綺麗な内装。

「プラハ滞在が短期だけど、どうしてもプラハのカフェに行きたい!」
と言う方、やはりここでしょう。

なぜなら王道中の王道だから。



関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
12:40  |  カフェ巡り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/124-32e22e1d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |