2012.01.15 (Sun)

プラハを登る

「百塔の街」と呼ばれるプラハ。

教会の塔、住宅の塔、見張り塔、塔にも色々ある。
1891年に博覧会が開催された時、プラハ市は塔の数を数えた。
1891年当時490本もの塔が立っていたという。
さすが百塔の街だ。

その塔には展望台として一般開放されている塔もあり、
ツーリストは物見遊山で塔に登り、プラハ展望を満喫している。

今日、私は久しぶりにある塔に登った。

それは・・・プラハ城内に建つ、聖ヴィート大聖堂の大塔だ。

IMG_1062.jpg
聖ヴィート大聖堂。

大塔の高さ約99m。
塔には上下に1つづつ、2つ時計が付く。
どちらの時計も針が一本しかない。

上の時計が短針(時間)、下の時計が長針(分)を指している時計だ。

大塔の天辺には風見鶏ならぬ風見獅子が・・・
「ボヘミアのライオン」ボヘミアの紋章である。

IMG_0464.jpg

このライオンの高さは、なんと、3m。
でかい。
しかもしっかり動き、風向きを知らせている。

緑の銅板屋根のすぐ下は展望台。
150コルナ支払い、287段の階段を昇ると、プラハを一望できる。

暗夜行路、いや、エンヤコーラ、せっせと287段昇る。
(くだらない冗談は、漫画「湘南爆走族」のパクリ。)

すると本当に最高の景色を拝むことができる。

その写真が以下の通り。

IMG_1841.jpg
展望台から教会を見下ろす。

IMG_1839.jpg
教会西側の正面壁の塔。

IMG_1840.jpg
フラッチャニ地区。

IMG_1832.jpg
聖イジー教会。

IMG_1831.jpg
小地区。

IMG_1835.jpg
カレル橋。

IMG_1834.jpg
ティーン聖母教会と火薬塔。

IMG_1833.jpg
一望した景色。

最高の景色だ。

健脚商売だ。
でも昇る価値はある。
150コルナ、安いものだ!




関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
23:10  |  プラハを登る  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/129-193d2c23

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |