2012.01.30 (Mon)

プラハカフェ巡り vol.13

だんだんとカフェ巡りも楽しくなってきている。

以前は、「一人でカフェなんて行けるかいっ!」と思っていたのだけれど、
今はぜんぜん違和感がない。
ひょっとしたら、ぼくのキャラに合っていたのだろう。

今回も旧市街のカフェを紹介する。

その場所にはすでに、ゴシック期に建物が建っていた。
ルネサンス期に改築、その後、バロック、古典主義へとスタイルが変わっている。

1898年11月16日、ここでチェコの有名な画家Jan・Bauch(ヤン・バウフ)が生まれた。

1911年、当時の企業家Josef・Waltner(ヨゼフ・ヴァルトゥナー)が、
キャバレーとダンスホールカフェ、「オリンピエ」を始める。

翌年1912年から、新オーナーが違う名前に変えた。
するとすぐ人気が集まり、チェコの芸術家、画家、作家、音楽家が多数、集うようになる。

今回紹介するカフェはそのカフェ。

「カフェ・モンマルトル」
IMG_2020.jpg
ピンクの壁だけれど、すっきりとした装飾の建物。

IMG_2019.jpg
入り口には小さく店名が。

IMG_2018.jpg
ここで芸術論・文化論などを話し、時には口論もしていたのだろう。

IMG_2015.jpg
メニューがテーブルの上に置いてあり、
メニューには昔の常連さんの名前が紹介されている。

IMG_2016.jpg
どれだけの人をご存知ですかな?

IMG_2014.jpg
ここの常連さんの中の芸術家が、内装を手掛けたということだ。

ではいつものように注文をしよう。

コーヒーはここもラヴァッサ。
IMG_2011.jpg
このブランドは人気ありますね~。
仕入れ値が安いのかな?

お察しの通り、味はにがい。

デザートはホームメード・アップルパイ。
IMG_2012.jpg
バーカウンターの方から、「チンッ」という音が聞こえた。
おかげでアツアツのアップルパイ。
今まで食べたアップルパイの中で一番甘い気がした。

気になるお値段は?
コーヒー・・・38コルナ。
アップルパイ・・・35コルナ。
合計73コルナだったので、80コルナ払いました。

旧市街なのに安-い。

IMG_2010.jpg

昼前で空いていたけれど、ふだんは結構混んでます。
客層としては学生さんが多い。

IMG_2008.jpg
アンティーク調で落ち着く店内。

営業時間
月-金:10:00-23:00
土・日:12:00-23:00
住所:Řetězová 7

IMG_2013.jpg
繁華街から道を一本裏手に入ると、静かで、ゆっくりとお茶ができますよ。




関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
11:31  |  カフェ巡り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/139-2c3d2e60

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |