2012.01.31 (Tue)

プラハを登る 3

プラハを登る。3回目。

今回もきれいな景色を望めそうで、期待値大。
場所はカレル橋旧市街塔。

IMG_2044.jpg

1380年、カレル4世の息子ヴァーツラフ4世の時代に完成。

IMG_2051.jpg

ヴァーツラフ4世のシンボルマークはカワセミ。

IMG_2052.jpg
カワセミが装飾されている。

塔の真下から見上げると王冠が。
IMG_2048.jpg
この真下でカップルがキスをすると永遠の幸せを得られるとか!?

"Signate, signate, mere me tangis et angis."
"Roma, tibi subito motibus ibit amor."
というラテン語の回文が修復の時に見つかったり。
魔除けのための魔法の呪文だとか・・・

結構小ネタを持つ塔だ。

他にも、14世紀当時の風習で工事の安全を願って、土台に猫の死体を埋めたとか・・・こわっ。

塔の旧市街側の面は地上、月、太陽、天の領域に分かれているとか。

〈解説〉
地上の領域
塔の角に付くコンソールの彫刻の所。
かなり前に紹介した「袖の下の男」、「胸もぬ男」など、現世を表現。

月の領域
塔のアーチになっている所。
アーチの淵に28個のコブコブが付いている。
28日間を表す。これは月の周期だ。

太陽の領域
塔中央部のカレル4世、ヴァーツラフ4世、聖ヴィートの彫刻がある所。
よく見ると彼らを三角形が囲んでいるのだが、そこに24個のコブコブが付いている。
左右12個づつ。24時間を表すと共に、12か月と12星座を表している。

天の領域
聖ヴォイチェフ、聖ジクムンドの彫刻がある所。
建設当時はすでに亡くなっていたチェコの守護聖人。
ボヘミアのライオンも付いている。

わかり辛いね。

などなど、他にもいろいろ小ネタがあるのです。
しかし、今回はネタ紹介ではない。
とにかく上からの景色を見て頂くため、早速のぼってみよう。

まず入り口へ向かう。
IMG_2053.jpg
塔への入り口。

IMG_2055.jpg
階段を昇り始めると、良い景色が窓から見えてくる。
これは本当に期待できそうだ。

138段のぼりきると、このような景色を見ることができる。
IMG_2057.jpg
カレル橋を見下ろせ、プラハ城も見える。美しい。

以下は景色をごらん下され。

IMG_2059.jpg
カレル橋、小地区、プラハ城。

IMG_2060.jpg
小地区。

IMG_2068.jpg
アッシジのフランチェスコ教会(左緑ドーム)とサルバトーレ教会(正面)。

IMG_2069.jpg
カレル4世像。
大学創立500周年を記念して立てられた。

IMG_2065.jpg
フランチェスコ教会。
ドームの右には旧市街のシンボルとして立つ塔が見える。

IMG_2067.jpg
旧市街市庁舎の塔と火薬塔。

IMG_2072.jpg
火薬塔とヤン・ジシカ像(写真奥の丘の上に立つ騎馬像)。

IMG_2077.jpg
ヴルタヴァ川。

IMG_2076.jpg
国民劇場。

IMG_2070.jpg
国立博物館。右にルドミラ教会。
どちらも「のだめカンタービレ」のロケ地。

IMG_2071.jpg
プラハ本駅とテレビ塔。

IMG_2061.jpg
再びプラハ城とカレル橋。
カレル橋の影が水面に映る。

IMG_2078.jpg
カレル橋を渡る巨人兵の影。
ラピュタの撮影は行なわれていないけどな・・・?

IMG_2062.jpg
やはりこの塔からはこの景色が一番良い。

入場料75コルナ。

高さ47mの場所から見れる景色。
それほど高くはないけれど、ここものぼる価値ある。


関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
11:50  |  プラハを登る  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/141-fe749597

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |