2012.03.08 (Thu)

プラハカフェ巡り vol.25

Book shop cafe

プラハ城の北門のそばには、ジャン・バプティステ・マテイのデザインで、
1694年から1695年にかけ建てられた乗馬学校がある。

フランス人建築家で、カレル橋そばのアッシジのフランチェスコ教会や、
プラハ城そばのトスカーナ宮殿、郊外に建つトロヤ城などを設計している。
バロック最盛期の時代の建築家だ。

IMG_2426.jpg

乗馬学校は現在展示会会場として使われているけれど、
証として入口の上にはしっかりと馬の彫刻が付いている。

IMG_2425.jpg

そして、この建物の中にブックショップとカフェが入っているので、
建物の前にカフェの看板が立ち、お客を誘っている。
「大聖堂の眺め」が売りらしい。

IMG_2424.jpg

看板の写真にあるような景色が見えるわけだ。

IMG_2423.jpg

もうひとつ別の看板を見るとメニューが書いてあった。
しかしチェコ語で書かれたメニューはたった一つしかない。
プラハ城に来る者のほとんどが外国人観光客だからなのだろうか・・・

看板に書かれている HOT WINE のすぐ下の単語がそれだ。
「ホットワイン」のチェコ語訳である。

話はちょっぴり変わるが、以前、プラハ城内の別の店では、
写真と同様の看板に日本語でメニューを記していた。
冬季は日本語で「ホットワイン」も書かれていたのだが、
よく見ると、残念なことになっていた。

「ホットワイ

本当に残念。

さて本題のカフェへと移ろうではないか。
上の写真でも見えるように、右奥の階段を上るとテラスになっている。

IMG_2422.jpg

テラスに面した1階がカフェだ。

IMG_2419.jpg

テラスから聖ヴィート大聖堂がきれいに見える。
看板の写真に嘘偽りはなかった。

景色も良いけれど、カフェイン切れだったので、まずコーヒーを飲むことに。

IMG_2415.jpg

おなじみのilly社
だから味は・・・
にがい

気になるお値段は?
コーヒー・・・55コルナ
まあ60コルナ払っておきました。


コーヒーを一口飲み、多少落ち着いたので店内をよ~く見ると、
店の奥行きはあるが幅がとても狭い。

IMG_2413.jpg

そして私が腰掛けた席の窓からは聖ヴィート大聖堂が見えた。

IMG_2411.jpg

おっと・・・カフェの字が邪魔をした。

IMG_2412.jpg

この窓側がベストポジションだ。

IMG_2416.jpg
店のずーっと奥にガイドブックなどを扱っている本屋さんがある。
だから、「ブックショップカフェ」という名なのだ

でも本当に店の幅が狭いな。

IMG_2524.jpg

建物側面にある別の入口。

見上げると・・・

IMG_2523.jpg

「う~わっ、幅、せまっ!」

あの窓の所に座っていたんだ。
ベストポジションはたったの一か所のみである。

プラハ城にいて、疲れたら、のどが乾いたらどうぞお立ち寄りください。



関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
23:55  |  カフェ巡り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/164-44ee0bea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |