2012.03.21 (Wed)

プラハを登る 6

プラハを登る第6弾

今回はプラハ短期滞在の方には是非上って頂きたい所。
長期滞在の方も一度は上っておいた方が良い所でもある。

そこはどこか?
それは...

旧市街市庁舎の塔
IMG_2773.jpg

14世紀にはすでに存在しており、市庁舎の中核を担っていた塔。
何度も何度も修復の手が入り、
「老朽化で倒れると危険だから取り壊せ。」
との声も上がるが、補修、補強が施され生き残り、
終戦直前に大ダメージを受けるが、それでも修復して立ち続けている塔。

プラハの歴史を知りつくし、プラハを見届けている塔だ。

その最上階が展望台になっている。
現在の高さ、約70m。
入場料105コルナ。

IMG_2774.jpg

塔への入り口は二つ隣の赤い建物。
奥まで入り右折するとエレベーターがある。
たまに、「おしくらまんじゅう的すり」が同乗するらしいので注意が必要だ。
もちろん階段でも行ける。
IMG_2640.jpg
3階に上がるエレベーター

3階に進むとチケットチェックがあるので、そこでチケットを提示。
チケットは塔の脇とこの3階で販売している。

チケットチェックを済ませ、さらに進むとエレベーターがある。
坂道を上って行くのも良いが、行きはエレベーターを使い、
帰りは坂道を下るのが良策と考えるがいかがか?

IMG_2637.jpg
展望台へのエレベーター

展望台からの景色はそれはもう美しい。
プラハの景色は天気に左右されず、いつでもきれいだ。
この日は曇天だったけどこの通り。
IMG_2623.jpg
プラハ城

IMG_2615.jpg
ティーン聖母教会

IMG_2613.jpg
手前のバロックの塔から聖ハヴェル教会、国立博物館、聖ルドミラ教会

IMG_2619.jpg
聖ミクラーシュ教会

奥に広がるレトナー公園には大分前に紹介したメトロノームが・・・
IMG_2621.jpg


塔から見下ろしてみると、ちょうど仕掛け時計が動く時間が近かったらしく、
塔の下に人が集結し始めていた。
IMG_2628.jpg

塔の前に人の流れがどんどん押し寄せてくる。
IMG_2630.jpg

仕掛け時計が始まったらしたの者どもはポカーンと口を開けて見上げるに違いない。

こんな感じで。
IMG_2631.jpg
その様子を上から見下ろすのも一興である。

仕掛けが終わるとトランペットで時報を奏でる。
IMG_2632.jpg

その様子をさらに見上げる下の人々。
IMG_2633.jpg

「あ~、おもしろい光景だ。」
でも、普段私もこう見られているんだな・・・

さあもう降りよう。
下りはエレベーターを使わずに降りた。
最初の階段の幅が細いので、信号機で規制している。
IMG_2634.jpg


IMG_2635.jpg

トランペット奏者演奏中。
塔の4面で時報としてトランペットを吹くのである。

壁の周りに坂道が設置されている。
IMG_2636.jpg
階段ではなく坂道を行くのだ。

IMG_2627.jpg

この塔からの景色はやはり良い。
これからどんどん混み合うけれど、お勧めの塔だ。

だ・け・ど・・・
景色は本当にきれいだから見惚れるのはわかるけれど、
貴重品には十分気を付けてくださいよ~。



関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
14:40  |  プラハを登る  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/174-effcbdba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |