2012.04.05 (Thu)

プラハカフェ巡り vol.30

cafe louvre

vol.29に引き続きここも、
「やっとなんじゃないの。」
と声をあげる方のほうが多かろう。

私も五年ぶりぐらいに足を運んだ。
五年前に来た時、ここでコーヒーやケーキを注文したという覚えがないから、
間違いなくピヴォ(ビール)を注文していたはずだ。

後に得た情報では、ここはホットチョコレートとチーズケーキが美味しいんだそうだ。
だから本当はそれを注文したかったのだけれど、愚の骨頂、
昼食をたらふく食べた後に仕事の同僚と来てしまったのだ。
だから、ホットチョコレートを注文する余裕はなかった。

あまりの満腹のため、食後の落ち着きを得ようと、メニューの中から相応しい物を探す。
すると、「フレッシュジンジャーティー」とあったので注文した。
どれどれ楽しみに待っていると、来たのはなんと、生姜湯。
IMG_2996.jpg
なるほど・・・
寂・悲・侘・しいし、心中はほろ苦い。

同僚はカフェオレを頼んでいた。
IMG_2997.jpg
コーヒーはユリウス・マインル。
1862年、オーストリア、ウィーンでユリウス・マインルが食料品店を開いたのが始まり。
julius meinl
ロゴ。ホームページより。
見たことあるんじゃないかな?

お腹パンパンだったから、胃を落ち着かすために生姜湯を頼んだはずだった。
にもかかわらず、「デザートは別腹」という名言を信じ込んだ私は、
メニュー中でも比較的軽そうだったフルーツロールケーキを頼んでしまった。
IMG_2995.jpg
本来は生クリームが上にボテッと乗っているのだが生クリーム無しをリクエストした。
多少の融通は効くものなのだ。

美味しい。
もし中身がイチゴではなくバナナだったら、
昔よく食べていた「まるごとバナナ」に味が似ている。

例の名言は本当で、苦もなく平らげてしまった。

気になるお値段は?
生姜湯(フレッシュジンジャーティー)・・・42コルナ
フルーツロールケーキ・・・59コルナ
101コルナだったので110コルナを置きました。

安いですよ。
IMG_2999.jpg

1902年創業のカフェ・ルーヴルはいつも混んでいる。
この日も満員御礼だった。
IMG_2991.jpg
こうなると、人が多くて落ち着けないかもしれない。
でも試してみたい。
プラハ王道カフェの一店。
IMG_2992.jpg
1911年から1912年、アインシュタインのプラハ滞在中は、
フランツ・カフカと共に良く通っていたようだ。
IMG_2993.jpg
そして現在でも地元の人も通う人気カフェだ。

カフェ・ルーヴル
営業時間
月‐金:8:00‐23:30
土・日:9:00‐23:30
住所:Národní 22
WEB:http://www.cafelouvre.cz/

関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
20:43  |  カフェ巡り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/182-d3516c8c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |