2012.04.09 (Mon)

プラハを探す アブサンバー

プラハ旧市街地区を歩いていたら、最近この手の店が増えていることに気が付いた。

アブシネリエ
IMG_3032.jpg
アブサン専門バーだ。

アブサンとはニガヨモギをメインとしたハーブで作ったリキュール。
アルコール度数70%平均で高い物だともっと高い物もあり、
そのアルコール度数の高さから危険性が強いため、発売禁止になった国もあるほどだ。

ニガヨモギの学名がArtemisia absinthiumなので、そこからabsinthe アブサンと名づく。
IMG_3040.jpg
緑の液体がオーソドックス。

まだ若かりし頃はこのアブサンを良く飲んだな~。
角砂糖をアブサンで浸し、点火してアルコール分を飛ばし、消火してから飲む。
この方法が定番なのだが、その角砂糖をショットグラスに落としてしまい、
グラスが火の海となったこともあったな~。

あまりにも強すぎるから、居酒屋のドリンクメニューには、
「健康上の問題のため、一人2杯まで!」
と注意書きがあった店もあったね~。

最近全くと言っていいほど口にしなくなった。

先日、旧市街広場そばを歩いていたら、アブサンバーの存在に気付いた。
店の入口にある看板を見ると、アブサンカクテル、アブサンコーヒー、
アブサンスラッシュとあり、その中にアブサンアイスクリームなんて字を見つけ、
ものすごく興味を持ってしまったので、味見をすることにした。
IMG_3039.jpg

店内はちょっとオシャレ。
IMG_3042.jpg

アール・ヌーヴォーのポスターが貼られている店には似つかわしくない屈強な男が働いていた。
IMG_3036.jpg

そんな男がアイスを売り、これまたアール・ヌーヴォーが似合わない私がアイスを喰らう。
IMG_3038.jpg
あっ、ひと舐めした後の写真。
汚くて失礼。

アイスの模型が緑色していたから緑のアイスを期待したのだけどチョコ色。
だから、「チョコアイスだよ。」と言われればそんな気もするんだな~。
味は、チョコの苦みなのかハーブの苦みかわからないけど、
ちょっと苦みのある不思議な味。

本当にアブサンが入っていたのかな~?

試された方、ご意見ご感想を!

と4月9日にブログを更新したけれど後日談!!
ブログ更新の2日後、同じ店の前を歩いていると、
何やら興味をそそるアイスを食べている数名の女性を目撃した。
「もしや???」
その日の店員はアイスを売るのに相応しいかわいく、明るい女の子。
「アブサンアイスクリーム小を1つ下さい。」と私。
「OK!」と彼女。

渡されたアイス。
じゃーん
IMG_3065.jpg
これじゃん!
前回食べた茶色のアイスよりもさっぱり、苦みも少ない。
「あの男店員めっ、ふざけやがって!」

スモールサイズ29コルナ。



関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:58  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/185-bc8a70c1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |