2011.05.27 (Fri)

何のくくり

IMAG0172-1.jpg

雨上がり決死隊の蛍原さんならアメトークのように、
「皆さんは何のくくりですか?」
と尋ねるだろうか。
「僕たちは・・・」
何と答えるのだろう?

皆一様に天を仰ぎ、両腕を上げ、
さも神が降臨してくるのを畏れ魅入っているかのごとく、
手前の少年を見ると、完全にとりつかれているようだ。

まさか20世紀少年の「ともだち」でもいるのか。
でも誰一人”Oh! friend!!”と呟いている様子も見受けられない。

それとも天候ミサイルが打ち上がるこの時代に雨乞いでもしているのか・・・

ただ良く見てみると手にはカメラが・・・
デジカメのコマーシャル撮影なのか?

一体全体、この人たちは何をしているのだろうか???

実は、これはプラハの観光名所のひとつ、旧市街広場にある市庁舎の塔に設置されている仕掛け時計を必死に見ている様子なのだ。ポカ~ンと見上げているツーリストの姿はいかにも滑稽である。
しかし、この人だかりでスリが仕事をしているのだと思うと、滑稽ではなく恐怖すら感じる。

「皆さん!夢中になって見入っているのは良いですが、十分気をつけてくださいよ!」
と声をかけても誰も気が付かない。
だって、夢中なんだもん。

市庁舎の時計

市庁舎の塔の時計盤が設置されている部分。
下の円盤はカレンダー、上の円盤は天文時計。
天文時計の両側にいる計4対の人形と、天文時計の上にある青い窓の中にいる使徒の人形が仕掛け時計。毎時0分に動き出す。どう動くのかは次回にします。




関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
21:44  |  チェコネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/25-5548fef8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |