2011.06.14 (Tue)

暦(カレンダー)

そう言えば、せっかく市庁舎の塔にある仕掛け時計を紹介したのだから、
円盤も紹介してしまおう。
今一度画像をご覧あれ。
市庁舎の時計

下の円盤は一年で一周するカレンダーである。
チェコ代表する画家ヨゼフ・マーネス作で、1866年8月16日に除幕式が行われた。
設置されて20年も経たない1885年にコピーに取り替えられ、
オリジナルはプラハ市博物館に展示されている。

IMAG0282.jpg 
中心にプラハ旧市街の紋章、その周りの小さな円の中に12星座、
その外側の大きな円の中には農家の仕事内容が、さらに大外に365日間の刻み、
日付、A曜日からG曜日、その日の聖人名、お祭り名が記されている。
探してみたけど2月29日はなかった。

円盤の両側に立つ人形は大天使以外ターバンのようなものを巻いているので、
トルコ人と見られているが、他にも、以下のような見られ方もされている。
左から、
右手にペン、左手に羊皮紙を持つ歴史記録家。
大天使ミカエル。彼の持つ指し棒がもとは日付をさしていた。今は違う。
市民1。望遠鏡が付けられ占星学者となる。
市民2。年代記作家。
大天使ミカエルの人形は昔は時の神クロノスだったそうだ。

IMAG0285.jpg カレンダーをちょっと拡大した画像。

旧市街の紋章の真下右手に長い角を持った山羊の絵があるのがお分かりだろうか。
山羊座である。
山羊座の月(12月終わり)から3月にかけて豚の屠殺期間なので、
良く見ると山羊座の絵の下にある大きめの円の中には、
黄金の豚が屠殺されている様子が描かれている。
わかるかな~

関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
17:39  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

*Comment

覚えられないけど、意外な発見がある解説ですね~。豚屠殺シーンなんて知らなかったです。去年の600年記念のビデオマッピング、8~9月中やるそうで生で見るのが楽しみです。
コリン星人 |  2011.06.22(水) 23:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/27-2f14b607

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |