2012.09.10 (Mon)

「あっ」っという間ジャポン 4

失敗した。
もっと日数をとっておけば良かった。
地獄巡り、湯布院、あぁー!
嘆いていても始まらぬ。
すでに今夜の宿は予約済みでキャンセルは効かない。
やむを得ん。移動だ。

「べっぷぅぅぅ、べっぷぅぅぅ」
の心癒される構内アナウンスにうしろ髪ひかれながら、ソニック号に乗車。
まずは小倉に戻る。
未知なる山陰の景色を拝みながら目的の地へ向かうべくまず山口まで進む。

乗り換えで時間があったので山口市内を散策。
ガイドブックなど持ち合わせがなかったので、駅の観光マップを見ると、
他にも見所があるのだろうが、真っ先にここに目が行ってしまった。

「ザビエル記念館」

プラハに架かるカレル橋を渡る際、橋に立つザビエル像を毎回見ているため、
観光マップを見るとすぐ目に入ったのであろう。

写真 12-08-27 4 56 56
ザビエル記念館の前に立つザビエル像。

ちなみにザビエル記念館のそばに山口天使幼稚園があり、
この夏、日本に感動を与えたヒロインが卒園している。
卓球銀メダリスト石川佳純さんだ。

幼稚園には「銀メダルおめでとう」の垂れ幕が飾ってあった。

再び駅に戻り、目的地へ向けて移動。
山陰の海沿いを走りながら出雲市に到着。

今回のメインイベントのひとつ、「神頼み」である。

出雲には神在月に全国各地の神様が一堂に会すという出雲大社が建ち、
その出雲大社は縁結びでお馴染だ。

日本各地から良縁を求めた参拝者がやって来る。
だから出雲さまだってお忙しいだろう。
私のような一見さんはお断りかもしれない。
でも私は出雲さまのお力が必要なのである。

「どうかひとつ!!」

出雲市駅からタクシーに乗り込み出雲大社まで移動する。
運転手は出雲にまつわる国引き神話を語り、
写真 12-08-27 10 37 42

旧JR出雲大社駅は重要文化財だということで駅に立ち寄り、
写真 12-08-27 11 04 16

大鳥居の高さは23mで出雲大社と彫ってある額は畳6畳分あると語り、
写真 12-08-27 10 55 14

竹内まりやさんの生家がここだ指さし、
沢田研二と田中裕子も出雲で結婚し、
「私は見ていないけどたまにジュリーは出雲に来るそうだ。」
と無念がり、

日本一大きい日の丸が掲揚されるけど、今はないな~と残念そうに旗竿を見上げ、
写真 12-08-27 10 30 01

神楽殿の大注連縄は重さ5トンあって周囲9mもあると自慢げで、
写真 12-08-27 10 08 36

最後に参拝方法を教示してくれた。
しめて2600円。
高いか安いかは分からないけれど、
いろいろ教わったので3000円払いそのまま降車する。

敷地に入るとなぜか神妙な気持ちになり、参拝する。
しかし平成の大遷宮により御本殿が来年の五月まで御修造のため、
御仮殿での参拝と相成った。

二拝四拍手一拝で拝礼し、
「出雲さま!どうかひとつ!!なにとぞ!!!」
出雲さまを拝み倒す勢いであった。

お守りを買い、おみくじを引き、参拝という一仕事終え、
帰りは中井貴一の主演映画「Railways」でも使われた一畑電車で出雲市駅まで戻り、
割子そばを食べて床に就いた。

おみくじには結構嬉しい事が書いてあったんだな~。
今年の運気は上昇で、結婚よし、方角南、旅はよし、
でも気になったことが一点、
「病:重いけどなおる」
むむっ・・・なんだろう?

つづく
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
06:02  |  日本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/280-79036139

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |