2012.09.11 (Tue)

「あっ」っという間ジャポン 6

FBというサイトが今、様々な問題を生み出していると聞く。
特に元カレ、元カノと出会い浮気、不倫へ発展。
下世話ニュースの好きなネタである。
そもそも下世話ニュースは良い事を知らせはしない。
よろしい出来事があっても素知らぬ振り。
このFBというサイトが役に立ち、人を喜ばせる事があってもだ。
例えば小さいよろしい出来事として、旧友との再会。

今回はまさにその類。

16年ぶりぐらいに大学時代の友人と飲んだ。
私がチェコに来る時、その友人はカナダにいたから、もっとぶりかもしれない。
学生の頃は、飲むと言ったら池袋だったけれど、今回はここで待ち合わせた。

渋谷ハチ公前。

渋谷に来る事すら久しぶりなので、親父狩りに合わないか、
アグレッシブな若者にイチャモンつけられないかと、いささか緊張気味で待つ。
そして他にも多数の待ち人がいたため、気づかないのではないかと心配した。
しかし面白いものだ。
長い時を経ても、直ぐ気がついた。
お互いが中年になっている姿を見定め、嬉し、恥ずかしで再会を喜び、
友人の案内する飲み屋に移動。
「一軒目で行く店じゃないが。」
と前置きありで道玄坂を登る。

坂の途中にその店があった。
名前は忘れたが、興味深い店。


店に入るとまず問診を受ける。
次の検査に進むまで逃亡防止といって手錠をかけられる。
次の検査は空港にあるセキュリティチェックのような箱に立ち検査。
「ビッビッビッー」
サイレンが鳴り響く。
陽性と診断されて入院の認可がおり、個室へ移動。


病室でなく檻ではないか。

「用がありましたら、この鉄棒をガンガン叩いてください。
私かナースが直ぐ駆けつけます。」
と、写真の左に写っているヌンチャクの片一方の様な鉄棒ををガンガンと檻に叩きつけた。

「ガンガンガン」
「はい!」
「とりあえず生。」
「かしこまりました。」
やって来たのは・・・

シリンダーかい!
突き出しの柿ピーも小紙コップに入れられ、
まるで内服薬のようだ。

シリンダービールをあっという間に飲み干してしまうので、
次はピッチャーで注文することにした。
すると・・・


今度はなんと尿瓶じゃないか!

料理もエグい形で出てくるし、カクテルを頼むとこれまた超卑わい。
純な私は写真に収めることすらできなかった。
でも友人は私の恥ずかしい姿を写真に収めていたが…。
世に出ない事を祈る。


料理は格別に美味いと言う訳ではなくごく普通だけれど、
イベントもありかなり楽しめた。
女子も十分楽しめるチョイホラー居酒屋だ。

「じゃ、二軒目行くか。」
と店を出、渋谷を歩く。
歩いている2人が同時に立ち止まり、誘われるがままに入店。
980円で2時間飲み放題。

電影居酒屋、メイドリーミング。

メイド喫茶ならぬメイド居酒屋。
友人も私も初メイド。

「お帰りなさいませ、ご主人さま」
から始まり、店内ルール説明。
・メイドの写真を撮ってはいけない。
・メイドを呼ぶ時はニャンニャンと言う。
・料理がきたら美味しくなるおまじないをする。
例「おいしくなーれ、おいしくなーれ、ニャンニャン、バキューン」
・通貨単位は円でなくドリーミング。e.t.c

と言うことは飲み放題は980ドリーミングということになる。
店を見渡すと一画には男女入り混じり20名ほどの団体が饗宴を張っている。
聞き耳たてていたら、なんと送別会だと。
ニャンニャン、ニャンニャン、メイドを呼ぶ。
送別会の彼らは宴会コースを予約をしていたので、
ラッキーなことに?メイドのライブを見ることができた。

本日のメンバーで一番可愛いとされているメイドちゃんによるライブ。
AKB48の「ヘビーローテーション」を熱演。

ライブが始まると、すでにいた常連らしき三人が激しく振り付けダンスを熱舞する。
三人は友人ではなく、常連なだけに顔見知りらしい。
ライブが始まる前は会話もなく、他人行儀にしていた。
しかし踊り始めると三人の息はピッタリあっているではないか!
ある意味、恐怖を感じた。
友人と私は150ドリーミングで買ったケミカルライトを右に左に振りまくる。
いい親父が何をしているのか…。これも恐怖である。

一通り楽しみ、帰り際に300ドリーミング払ってハズレなしのくじを引く。
メイドプロマイドをゲットした。
500ドリーミング払えばチェキでメイドとツーショットが撮れたのだが、
2人ともさすがにそれは違うと思ったらしい。

メイドリングを出ても人の絶えない渋谷。
まだ帰宅には早すぎる。
その後、3軒目、4軒目に行ったことは特筆すべきではないだろう。

東京の夜は疲れを知らない。

つづく
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
23:23  |  日本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/282-a85c838b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |