2011.07.02 (Sat)

袖の下の男

今回もゴシックのユーモア。

前回紹介した「胸もむ男」のそばにあるので間髪いれず、新しい男を紹介する。
その名も「袖の下の男」。

「袖の下」とはいわゆる賄賂のことだから、昔から賄賂で財を成す者、
賄賂で出世する者、賄賂で罪を免れる者などがいたのであろう。

誰もが見知りする事のできる公の場所で、
堂々と「袖の下」の存在を後世に伝えているなんて・・・
石工は単に当時の状況を皮肉しただけで、
深い意味を持って造ったとは思えないけれど、
今となっては、「昔から変わらんな~。」と思わざるを得ない。

こんな方々はあなたの周りにはいないですよね~?


014.jpg

関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
09:07  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/33-e8ff959d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |