2013.01.21 (Mon)

あっという間ジャポン チェコ人だったら…?

連日プラプラしている話を更新している。
いいおっさんが昼日中にひとり観光地でプラプラ、しかも笑みを浮かべながらプラプラ。
まずい、変質者よろしくだ。
職質にあうかもしれないな…。

そんなくだらないことを、7:03発の超特急車内で考えている。

でも、待て。
私は今、休暇中なんだぞ。
旅行者なんだ。
プラプラしてて何が悪い。
プラプラを肯定的に考え直した。

でも、さらに待て!
「プラハでもプラプラしているじゃないか!」
と自虐的なツッコミを自分自身に入れ、また笑みを浮かべる。
やばいな。

そんなこと考えていてはダメだ。
思考変換!
もしチェコ人が日本を旅行したらどう思うのだろう?
チェコ人なら…、チェコ人なら…、チェコ人なら…。

今日の早朝、またどこか行くため駅に行った。
急ぐ旅ではないのだが、「ラッシュアワー」と呼ばれている、
電車が超満員になる時間帯の移動を避けるために、早朝出発を選んだのだ。
早起きは苦にならない。

今回も目的地はすでに決まっているが、
私が持っているJRパスではのぞみとみずほには乗れないので、
移動手段を「おでかけネット」であらかじめ調べていた。
それによると目的地へはある駅で乗り換えて行くとあったが、
駅に着いて時刻表を見ると、おでかけネットで得た情報よりも早い時間であそこ行きがあったので、
緑の窓口で指定席を取り、あそこ行きの超特急に乗車することにした。

乗車前、駅でサンドイッチ3種類と缶コーヒー、お茶を購入した。
母国から移動中の食料としてハムやサラミを持参したのだが、
空港の税関で没収されてしまい、移動中の食料がなかったからである。
日本へは肉類の持ち込みが禁止されているなんて知らなかった。

別に食べなければ食べないで問題はないが、
日本では「腹がへっては戦はできぬ。」という諺があるらしい。
だから高いのは承知だが買ったのだ。
しめて1660円。
現在100円が22コルナほどだから、360コルナだ。
プラハの普通の居酒屋でグラーシュが3回食べられる。
イエジシ!
プラハの空港も飲食の値段はバカ高いから仕方ないとあきらめるしかない。

サンドイッチは確かに美味しい。
カツサンドは最高だ。
しかし、サイズは小さいし、パンが柔らかすぎる。
あの酸っぱい黒パン、もしくは亀パンかツノパンが恋しい。

私が乗車した超特急は日本が誇る列車で、
我が国のペンドリーノみたいなものだ。
ただ違う点があり、超特急専用の線路が敷かれ、その上を疾走する。

プラハーウィーンは約4時間半かかるけれど、
それとほぼ同じ距離の東京ー名古屋が約2時間。
もしのぞみに乗れば1時間半で着く。
めちゃくちゃ速い。

チェコ国鉄よ!頑張れ!
と言ってもそんな設備を作る予算がないか。

また超特急は清潔でとても快適。
座席は飛行機より広く、リクライニングをかなり倒しても、
後ろの席の人に迷惑がかからない。
さらに車掌の態度にも驚かされる。
素晴らしく良く、車両に入る時、出る時、それぞれにお辞儀をするのだ。
そこまでの丁寧さは必要なのだろうか?
甚だ疑問だし、会社から強制されているマニュアルかもしれない。
けれども丁寧さは日本人の性格の現れである。

おっ日本一の山が見えてきた。
高さ3776mある。
我が国のスニェシュカ(1602m)の倍以上もある。

日本は小さい島国だと聞くが、本州の長さはイタリアのそれと変わらないのだ。
それを考えたら大きな国ではないか。
我が国は北海道より小さい。

超特急は遅れることなく、きっちりと定刻通りあそこに到着。
きっちりしているのも日本人の性格の現れだ。

あそこの駅で乗り換える際、気が付いたのだが、
ホームに入線してくる列車の場所はあらかじめ決まっているようで、
ホームには列車名、号車数が記されている。
我が国では首都プラハの鉄道本駅でさえ、
列車の出発時間15分前になっても入線番号が確定しないというのに…。

さらにホーム上には乗客が並ぶべく線が引かれており、
列車を待つ乗客はこれまたきっちりと線に沿って並んでいる。
日本人の律儀さには感心するも、きっちり過ぎて、
ときに呆れてしまうこともある。
しかし、この律儀さも日本人の性格の現れなのだ。

そうこうしている間に二度目の乗り換え駅に到着。
無駄遣いはしたくないが、小腹がへったので、おにぎりなる物をトライしてみた。
腹がへっては…と言う諺もあるしね…。
おにぎりはご飯とノリで作られている。が、巻き寿司とはまた違う。
三角形に固められたごはんの中に、何かが入っている。
それにノリががまかれているのだ。
包み紙に、何が入っているか記されているのだが、
日本語が読めないから適当に買ってみた。
私に当たったのは、なんか赤くて辛い物。魚の卵か?
ちょっと苦手なものだった。
あぁ~、ローストポーク食いてえぇ~!クネドリーキ!

途中で寄り道もしたけれど、やっと夕方に目的地に到着。
列車も止まらず、遅れず快適な旅だった。
一日かけて、かなりの長距離移動。
約1200kmの移動だ。
プラハからだとモナコまで行ける。

明日の観光がとても楽しみだ!

と、チェコ人には成りきれていないけれど、
成り切ったつもりで書いてみた。
日本人にとってはなんの気にも止まらないこと、
あたりまえと思っていることだらけですけどね。

さて私はどこに来たでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
09:47  |  日本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/355-3f1f696b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |