2013.01.22 (Tue)

あっという間ジャポン 温泉

東京より西方約1200km。
湯の街に再びやって来た。
夏以来半年振りである。

ザ 温泉地 。
別府。

夏来た時は全く時間がなく、観光と言った観光ができず、
悔しい思いをしたので、リベンジと言えばリベンジだ。

別府で観光。
地獄巡り!

鉄輪地域に8の地獄があり、
その内6地獄が近所にあるのでその6地獄を回った。
8地獄共通チケットは2000円。

1

湯の色が海のようだからだとか。

涼しそうな色に見えるけれど、摂氏98度ある。

2

灰色の熱泥が球状に沸騰する。

それが坊主頭のように見えるからだ。


3

山のいたる所から噴気が上がっているから。


ここは小動物園。

バカ

フラミンゴ。
1本足で立っているのはたった1羽。

4、かまど地獄

















5

鬼山という地名に由来。


立ち昇る湯気が雲になっているようだ。

ここにはワニがいる。


6


ちなみに7は血の池、8は竜巻。
この二つはちょっと離れているので行かず、バスで別府駅に戻り、大分駅経由でここに来た。

ゆふウィーン!

車寅次郎さんはウィーンを由布院と聞き間違え、ウィーンに行くことに。
初海外である。マドンナは竹下景子さん。

まず、昼ご飯。

大分名物、だんご汁。


味噌仕立ての汁に極太きしめんのようなだんごが入っている。
旨い!

その後、町を散策。






機会があったら次は由布院に泊まるのもいいな。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:50  |  日本  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■そば屋の前

別府でか、博多でか、記憶が定かではないのですが、〈ゆふいんの森号〉の入線案内で、

「え~、乗車口は、(立ち食い)そば屋の前あたりで~す」

というのを聞いて、笑ってしまった覚えがあります。
でも、わかりやすい!

そのくらい、ユルく生きてゆきたいものです。
yokokubo |  2013.03.20(水) 02:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/356-c4972644

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |