2013.01.24 (Thu)

あっという間ジャポン 気休め

昨日、東京に戻った後、SGDシルバーグレーダンディさんらに夕食をご馳走して頂いた。
日本橋宝町にあるあなご専門店、玉ゐであなご三昧。

写真は締めのあなご重。

あなご重は大中小とサイズがあったが、勧められるままに大サイズ。
あなご重に限らず、全てがまいう~である。

ごちそうさまでした!

でも日本漫遊していて食べてばかりだ。
最初は体重のことを考えて、量や内容を気にしていたのに!
結局は食欲に負けた。
これではダメだ。
食べるなら動かないと!
ということで、歩くことにした。
たとえそれが気休めでも。
しかし、歩くといってもただ歩くだけではつまらん。
だからここにやって来た。
新宿からJR中央線と京王線を乗り継いでやって来た。

高尾山!

歩くとはこのことでした。
軽登山。
リフトやケーブルカーで中腹まで登れるが、それでは意味がない。
下からひたすら登る。

ちょうど正午を少しすぎた所で登山開始。
上りルート約3.8km、
下りルート約3.1km。

対したことないと高を括っていたが、
開始早々に急勾配だ。
登り始め10分ほどで汗ばんで来たし、息が上がる。

鼻で呼吸を整えながら登る。

途中の展望。


しばらく登って行くと残雪が。
ここも降ったんですね。

登山開始から約1時間で登頂。

頂上からの眺め。


頂上からの眺め2。

下りは違うルートを選ぶ。
残雪と雪解けの関係でできた泥で滑りやすいと注意書きがあった。
実際、頂上付近はかなりドロドロである。滑らぬよう気を付けねばならぬ。

下りルートは尾根伝いに進むのがおおい。

ある程度降りてくるとドロドロもましになった。

すると頭上を見上げる余裕もでてくる。

自然はおいしい。
農協牛乳のキャッチコピーだ。
マイナスイオンの中とてもすがすがしい。

しかし、今まさに自然と共存している所にこのような景色が目に入ると興醒めだな~。


泥のせいで一度ズルってしまったが、無事下山。

参道を歩き、お腹が空いたのでおそばを頂く。

なめこおろし、おくらいりそば。

メニューにはなかったが、さらにこれにとろろ追加のリクエストをしたら、
厨房から、
「とろろを入れるのは問題ないけど、美味しいかどうか保証しないよ。」
と聞こえて来た。
そりゃそうだ。
美味しければメニューにあるよな。
よってノーマルで注文。
でも個人的には、とろろを追加しても美味しいと思うんだよな。

今日はただひたすら歩く。
いい運動だった。
私は歩くのが大好きなんだね。

都心に戻り、仲間とスペインバーで飲む。
うまい!

あと二日になりました。
今回のように、気休めに歩くのも満喫に入るでしょう。
今の私のモットーは満喫です。

まずは楽しみましょう!
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
07:57  |  日本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/358-510ecb52

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |