2013.03.30 (Sat)

吐かせたろうをめざして レッスン5

3月29日
吐かせたろうをめざしている私のレッスン5回目。

レッスン4から二週間以上あいてしまったが、
彼女を好きになっている私は、
できるだけ上手に彼女を操りたいという思いから、
ほぼ毎日彼女を触っていた。

指で弾いたり、弓でまさぐったり、
毎日毎日彼女に触れていた。

しかし、彼女はなかなか言うことを聞いてくれない。
もちろん私のテクニックが未熟だから仕方がないが、
彼女の扱いは本当に難しい。
決してじゃじゃ馬ではないから乗りこなせないわけではないが、
繊細すぎるのである。

それでも毎日触っていたら、彼女も多少心を許してくれ、
何曲か有名な癒し系の曲をピッチカートで奏でてくれるようになった。

それに気をよくした私は、「では弓で。」と彼女に弓をあててみる。
すると途端に彼女は意地悪になる。

でも彼女はメリーさんとアマリリス以外の曲を奏でてくれるようになったのだ。

それを踏まえて今回5回目のレッスン。

レッスンの初めにまず師匠に驚いて頂こうと、
彼女が奏でてくれるようになった癒し系曲を2曲を披露した。

しかし、人前で奏でるのは初めてだったので、
詰まりまくり、音外しまくりだ。

あぁ~っ、もっと上手く奏でるはずだったのに…。
彼女には悪いことをしたと反省する。

師匠は褒めてはくれたが、鼻笑いだったろうな…。

そして、本日のレッスンに入る。
まずボーイング。
いつものように全、半、元、中、先弓をまっすぐひく練習をし、
その後に移弦(弦を移動しての弓引き)で音がダブらない練習にうつる。

弓をまっすぐ上下する時に、油断すると肘で弓を上下してしまうため、
まっすぐ上下運動ができなくなっているようで、
手首を上手く使うことで上下の動きが楽になるとアドバイスをいただく。

なるほど、すると確かに上下運動が楽になった気がする。

そしてさらに、指の屈伸運動でより弓をコントロールしやすくなるということで、
指弓なる技?を教えてくれた。

この指弓たるや…。

まだレッスン5の私には上手く文章で説明できない。
興味あるかたはインターネットで、指弓、バイオリンと検索してくだされ。

しかし、この指弓を試してみて、
いかに手を、そして指を楽して使っていたかという事と、
この指弓が今後の課題となることを実感する。

とにかく各指の関節が硬すぎて、弓の舵取りもなにもあったもんではない。
綺麗なフォームで弓を持てているようだが、ただ弓を持っているにすぎなかったのだ。

指の関節が柔らかくなるように矯正しなくてはいけない。
左手同様に、右手の矯正ポイントも明確になったから、
日々、奇抜な動きで手、指を矯正していかなねばならない。

今後、もしそんな奇抜な動きをしている私を見かけたら、
心暖かい目で見守って頂きたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

さあ、さらに腕をあげていかねば!
伸びしろのあるうちは楽しくて仕方ないぞ!
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
11:38  |  吐かせたろうをめざして  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/406-76c381a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |