2013.04.07 (Sun)

プラハで買おう 8 ヨゼフ・ラダ

ヨゼフ・ラダ

彼の挿絵の入った絵本、小説を買おう。


日本でも日本語版が出版されている。
きつね物語
黒猫ミケシュの冒険
善良な兵士シュヴェイク

彼はいろんな絵本のイラスト、小説の挿絵、
チェコの風刺画、風物画などを描き、
現在でもそれら挿絵の入った本が出版されるし、
彼の絵のカレンダーは今でも大人気である。


もしチェコに来たら、いるなら・・・、
カレンダー、チェコ語版の絵本をお求め頂くのも一つの手である。
お店によっては絵ハガキもあるかもしれないな。
好きな人には格好のおみやげになるのではないだろうか。


ヨゼフ・ラダは私の好きなチェコの画家である。


1887年12月17日、プラハ郊外のフルシツェ村で、
靴職人の父ヨゼフと母マリエの間に生まれた。

4兄弟の末っ子である。


生後間もなく事故で右目を失明してしまう。
そのことにコンプレックスを持っていたのか、
肖像画のほとんどは右目が描かれていないアングルになっている。


それよりも12月17日生まれ。
なんと私と誕生日が同じなのだ。
それを知り、よりひいき目になってしまうのは否めない。


彼の作風はとても素朴かつコミカル。
見ていてほのぼのし、落ち着くのである。

私はペテル・ブリューゲル父が好きだから、
どことなく、なんとなく、似た感のある絵が好きなのだろう。
だから、サザエさんのコミック版のほうのスタイルも好きである。
サザエさんまで来ると離れすぎか…。

彼が生まれたフルシツェにはヨゼフ・ラダ記念館があり、
彼の作品が数多く展示されている。


彼を好きな私が見るからなのだろう。
展示室は少ないけれど、楽しくて仕方ない。


中でもこの絵が面白いし有名作品である。
「居酒屋でのケンカ」

残念ながら館内は写真撮影禁止なので、
記念館で購入した冊子の写真を掲載する。

この絵を描いた後、居酒屋のカード仲間から総スカンをくい、
カードの仲間に入れてもらえなくなったそうだ。


しかしこの絵が有名になると、手のひらを返したかのように、
誰もが皆この絵に描かれたことを自慢し始めたとのこと。


その居酒屋は今も残っている。


ここでグラーシュやスヴィチコヴァやスマジェニー・ジーゼクを食べたんだろうな。


今も人気のあるヨゼフ・ラダ。

彼の作品は本当にチェコらしい。
だから、チェコの記念にひとつどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
12:55  |  プラハで買おう  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  編集  |  Top↑

*Comment

こんにちは。ぶらさがる男の近くある、ピンク壁のお店の絵、かわいかったので写真を撮って帰ってきました。記事の絵の感じと似ている気がするのですが・・・??
fuu |  2013.04.09(火) 14:13 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

そこはホスポダ u svejkaですね。

svejk(シュベイク)はヤロスラフ・ハシェク作の善良な兵士シュベイクの主人公で、
挿絵をヨゼフ・ラダが描いたのです。

そのホスポダは今はチェーン店でシュベイクを店名にしたので、その絵があったのですよ。
細矢 |  2013.04.09(火) 20:18 |  URL |  【コメント編集】

わぁ。こんどプラハに行った時は、ヨゼフ・ラダめぐりもしてみたいです。かわいくて、プラハの街にぴったりだと思いました。
fuu |  2013.04.15(月) 15:04 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

チェコでは知らない人はいません。
好みは分かれるかもしれませんが、印象的なスタイルですよね。
細矢 |  2013.04.23(火) 07:33 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

北海道在住のあんずです。
ヨゼフ・ラダ カレンダーで検索してたら、こちらのページにたどり着きました。
カレンダーは日本で買えそうにありませんが、このブログに出会えたので、それでよしとします。 プラハは2度、訪れていて大好きになりました。主に定番の観光名所しか見てませんが、いつかヨゼフラダのふるさとに行ってみたいです。クラシックも大好きで市民会館の小ホールで聴いた弦楽合奏のコンサート、素晴らしくて美しい弦の響き、忘れられません。映画「アマデウス」「のだめカンタービレ」撮影の場所も行きたいです!また時々、こちらのページも拝見させていただきます。住んでいる方ならではのいろんなプラハ、チェコの情報を楽しみにしています!
あんず |  2013.10.16(水) 15:46 |  URL |  【コメント編集】

■Re: はじめまして

あんずさん

コメントありがとうございます。
ラダの絵はなんかいいですよね。
ぜひぜひまたプラハに来てチェコフェチになってください。
細矢 |  2013.10.27(日) 20:50 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

はじめまして。
「ヨゼフ・ラダ」で検索しましたら、こちらのページに辿りつきました。
ヨゼフ・ラダの故郷に行かれたとは、羨ましい限りです。私は1度もチェコを訪れたことが無い(そもそもヨーロッパ自体訪れたことが無い…)のですが、小学校低学年の頃から、早15~20年…ずっとヨゼフ・ラダのファンです。
児童書から入りまして、「きつねものがたり」「黒ねこミケシュのぼうけん」「おばけとかっぱ」等は物語としても大好きでした。
同じチェコで、割とコミカルな感じ?のヨゼフ・チャペックも、児童書の挿絵の出会い以降、ずっと好きですが、1番ヨゼフ・ラダが好きです。
個人的には、ヨゼフ・チャペックの絵の方が、ヨゼフ・ラダの絵よりも洗練されている気はしまして、ヨゼフ・ラダは、あの素朴で何となくのんびりしたくなる感じが大好きです。
日本で、ヨゼフ・ラダの本、作品集などを時々買いますが、勿論高いので、中々買えません…。
でも本当に、ヨゼフ・ラダの絵は眺めているだけで頬が緩みます。
また、細矢さんのブログを見まして、ラダの誕生日が12月17日だということを初めて知りました。ありがとうございます。
チェコは、絵本作家さん達で好きな人が多くいるので(カレル・スヴォリンスキー等)、いつかはチェコを訪れることは、夢の1つです。
また、チェコの色々な情報を楽しみにしています。
ありがとうございました。
長文、失礼致しました。
キタ |  2013.11.16(土) 20:34 |  URL |  【コメント編集】

■Re: はじめまして

キタさん

返信がだいぶ遅くなりましたが、コメントありがとうございます。

ヨゼフ・ラダ・・・
素朴で何か落ち着くタッチですよね。
私も大好きです。

チェコでは毎年ラダのカレンダーが売られており、
チェコ人にも人気のカレンダーになっています。
今度それもアップしますね。

それにしても小学生のころからラダを知っていたというのは何か通ですね。

機会がありましたらぜひチェコにいらっしゃってください。
今は寒いですが…。

今後ともよろしくお願いします。
細矢 |  2013.12.08(日) 08:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/412-7090a8fe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |