2013.04.08 (Mon)

プラハでピヴォ vol.6

今年の春は遅い。
去年の今頃は花も咲き始めていたのに、今年はまだレンギョウすら咲かない。
コブシ咲くあの丘北国のあぁ北国の春はいつくるのか?

しかし本日、四月八日、久しぶり良い天気だったので昼過ぎから夕方にかけて散歩に出掛けた。
今日の午後?
今日って平日、しかも月曜だぞ。
と疑問を投げかけないで欲しい。
ある意味、自営業の強味なのだから。

バス、地下鉄、トラムを乗り継ぎ、プラハ城のそばブルスニツェでトラムを降り、四月から十月末日まで開放されているイェレニープシコプまで行く。

鹿の谷とも呼ばれるこの場所はプラハ城の北に面して伸びる谷である。


ここは別の機会に紹介するとして、ここからベルデベーレを経由し、綺麗な景色を見ながらレトナー公園へ。




こんな景色や、


メトロノームを見ながら散歩。


メトロノームの真下で写真を撮っているとチェコ人女子高生に「もしもし」と日本語で声かけられる。

もしもしはアホイと同じ意味と思っていたようだ。
正しいと言えば正しいけど…。
若い子に声を掛けられ久びさにドキッとした。


そのままレトナー公園を歩いていると、そろそろ休憩したくなった。

そうだ。
ここにはピヴォを売っているスタンドがあったはずだ。
十年ぐらい前、ここで当時プラハで生活していた邦人たちとローラーブレードをしていて、終わるとここで飲んでたっけ。
まだそのスタンドはあるはずだ。

そこに行くとまだありました。

ピヴォを購入。
ガンブリヌスで500mlが35コルナ。
当時は20コルナぐらいだった記憶ごあるが、それでもまだだいぶ安い。

まだピヴォには寒いけれど、スタンドでピヴォを買う客は絶えない。

もう少し暖かくなれば最高なんだよな。

外ピヴォ。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
08:26  |  プラハでピヴォ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/413-df966c04

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |