FC2ブログ

2013.04.18 (Thu)

プラハで観る プラハ交響楽団

ただただミーハーからの理由ではあったけれど聴いてきた。


ベートーベンの交響曲2番と7番。

番号で言われてもよく分からない人のために案内すると、
7番はクラッシックを題材にしたあの人気ドラマ、
「のだめカンタービレ」の主題曲である。
2番はよく知らない。

だから、2番と7番と言うよりは7番を聴きに来たわけだ。
これで、ミーハーからの理由の意味がお察し頂けたかと思う。

どうしてもあの曲をCDやPC動画ではなく、
生の音で聞いてみたかったのだ。

場所はプラハ交響楽団の本拠地、
市民会館内のスメタナホール。


演奏はプラハ交響楽団である。
今シーズン、Fokはベートーベンをメインで演奏会を行ってきており、
かなりの人気で、チケットも毎回完売状態だったのだが、
Fokの日本人団員の方からチケットを3枚も譲って頂けたおかげで、
幸運にも聴くことができたのである。

ありがとうございました。

そう、プラハ交響楽団はFokと呼ばれているのだ。
ホームページによるとFilm-Opera-Koncertの省略読みである。
設立は1934年。


オーケストラは久しぶりに聴く。
結構前、何年前かすでに忘れたがドヴォルザークホールで、
コバケン指揮によるチェコフィルを聴いた以来。
ケンコバではないからくれぐれも読み違えのないように!

久しぶりのオーケストラで、のだめということもあり、
わくわく度は最高潮に達し会場へ入る。

スメタナホールはコンサート会場として作られたわけではない。
ダンス会場、パーティー会場、レセプションホールなど、
多目的に使用されている。
だから、一階はひな壇ではなくフラットである。
指揮者の動きや演奏者の動きをしっかり見たいという方は、
やはり、前部座席のほうが良いだろう。

しかし、スメタナホールの音響は抜群なので、
音だけで十分という方は後部座席でも全く問題ない。

贅沢言えば、ひとつ上の階のバルコニーがベストの席だ。

指揮者入場前。会場は満席。

まず2番を演奏する。
約40分。
自然と曲に引き込まれ、吸い込まれていく。
プロだから当たり前だけど、よく音がまとまるもんだ。

そして、趣味で始めたヴァイオリンもあってか、
目はヴァイオリン奏者の動きに釘づけである。
頭の中に入っている師匠の教えを思い起こし、
遠目ではあったが奏者の手元に視点を集中していた。

ため息ものである。
柔らかくしなやかな動き、シャープな指づかい、
どれもこれも格好良過ぎだ。


休憩を挟み、7番。

私の中のミーハー神の登場だ。
聞き知っているメロディーになると鳥肌がたち、
不思議と目頭があつくなる。

4楽章に至っては鳥肌たちまくりであった。

終わった瞬間、会場は観客の感嘆のどよめきと拍手で溢れんばかりであった。
私はと言うと、拍手をしながら、同行して頂いた音楽留学生二名にばれぬよう、
目もとの雫をふき取り、そして、拍手を続け、感動にふけていた。

感動にふけながらも、ふと思った。
日本で聴いたらいかほどになるのだろうか?
いやいや、それは下世話すぎる。

「いい夕べだった。」
それだけで十分だ。
関連記事
スポンサーサイト



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
14:19  |  プラハで観る  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

*Comment

こんちには!
こういうの、行きたいんですが、一個ミュージカルを見に行く予定がすでに入っており、あきらめてはいるんですけど、夜だったら行きたいなって思ったりもして。

細矢さんの読んで、あきらめきれない衝動が(笑)

ちなみに、おいくらくらい名でしょうか。

こんなに豪華でなくても教会などでもやっていると、何かで読んだことがあるのですが。

まどか |  2013.04.19(金) 04:23 |  URL |  【コメント編集】

■中欧のセールスガールです

お久しぶりです。細矢さんにガイドをしていただいてから一年が経ちました。セールスガール、頑張っています!来月は、86歳の知人がお一人でそちら方面のツアーに参加されます。ガイドが細矢さんだといいなと思います♪その際は、宜しくお願い申し上げますm(__)m
み~ |  2013.04.20(土) 05:58 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

今回のようなオーケストラ、そしてオペラは7月からシーズンオフになってしまうのです。
観光地でもあるので、観光用のオペラやコンサートはありますが、
チェコフィル、プラハ交響楽団などは残念ながらご覧なれないと思います。

しかしながら、教会コンサート、スメタナホールでも何らかの催しがあるはずですから、
がんばれば見れないこともないかもしれません。

ただ時間との戦いですが…
細矢 |  2013.04.23(火) 07:36 |  URL |  【コメント編集】

■Re: 中欧のセールスガールです

昨シーズンは御社からのグループは本当に多かったです。
ありがとうございました。

86歳!と驚きたい所ですが、結構80代の方はいらっしゃっているんですよ~。
いたって元気なのがすごいです。というか、元気だから来れるのかな。

今後ともよろしくお願いします。
細矢 |  2013.04.23(火) 07:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/420-eb9b6244

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |