2013.06.24 (Mon)

プラハで食べる vol.39 コレノ

なぜだか急に無性に食べたくなった。

先日までのような30度越えの気候だったら、
まず食べたくなることはなかっただろう。

再び涼しく、と言うか肌寒くなり、
こんなボリューミーなものを欲したのやもしれぬ。

ここはチェコメシ屋。

ナーロドニー・アヴェニュのトラム停そばにある。
U Brejšku
http://www.ubrejsku.cz/

「善良な兵士シュベイク」の絵が飾られている廊下を抜け、


「ハシェクのレストランは下」ということで階段を下りる。


地下がレストラン。


ここはその昔、作家のヤロスラフ・ハシェクが、
下宿代と食事代のために働いていたそうだ。
すぐにジャーナリストが集うレストランになったようである。

今もジャーナリストが集まるかどうかは知らぬが、
チェコ人客が多く、ランチ時は合い席常套である。


あっ、レストランの紹介はほどほどにして、
その急に食べたくなったボリューミーな物たるや?
そう、ズバリにくっ!

Vepřové koleno
豚のヒザだ!
1000gもあるが、これで159コルナ。
900円ぐらいである。

食べやすくするために、まず解体作業。
肉が柔らかく、簡単にナイフも通り、
すぐ骨から肉をそぎ落とすことができる。


肉の味も美味しく、脂身が平気な人は絶対好きになると思う。

コラーゲンたっぷりでお肌ツルツル。
さらに肉たっぷりでお腹ブルブル。

これらをマスタードかホースラディシュに付けると食べやすい。


完食。


完食はしたが…
美味しかったが…
ひとりコレノはやっぱりキツイ。

もうしばらく見なくていいし、食べなくてもよい。

そして何より今はちょっと気持ち悪くなってきた…。
美味しかったのに~。
やはりほどほどが重要だ。

コレノ
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
17:19  |  プラハで食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/466-fefc11e0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |