2013.06.28 (Fri)

吐かせたろうをめざして レッスン13

前回のレッスンからちょうど1週間。

この1週間、吐かせたろうをめざしている私は、
毎日バイオリンを触りながら、弓を握りながら、
それぞれの指の動き、手首の動き、肘の動き、
そしてそれぞれの位置を確認していた。
完全に確認作業である。

教本にある曲の練習もしたが、
曲をスムーズに弾く練習よりも、
手指の動きに重点を置いていた。

弓を持つ手と弦に置く指の正確な動きを単発ではなく、
連発で安定して動かせるべく、反復練習をしていたのだ。

今週は2度もクラシック音楽のコンサートを聴くチャンスがあり、
それを見て、「正確な動きをコンスタントにできなければだめだ。」
と気付かされたのである。

まず、チェコ人女性のチェロ奏者の動きを見てそう思った。
チェロの弓の動かし方はバイオリンのそれとは全然違うけれど、
弓を持つ手、弓を動かす指や肘の動きは機械のように正確に動くのである。

ため息をつきながらもチェロ奏者の動きを観察し、
初心者ながらにバイオリンの動きに置き換え、
イメージトレーニングをしていた。

ところでチェロの音ってなんであんなにセクシーなのか…。
惚れる。

そして次に、わが師匠が所属するオケのコンサートを再び見て、
コンバス、チェロ、ビオラ、バイオリンと弦楽器奏者の動きを観察。
師匠の動きはまたまた大柄チェコ人の間に埋もれ、よく見れなかったが、
弦楽器奏者の動きを見て正確な手指の動きに見惚れた。

でも弦楽器奏者だけでないんだ。
管楽器も打楽器もみんな動きは滑らかで機械的、
ものすごく正確に動いているのである。

それらコンサートを見て悟った。
「曲が弾ける云々より、まずは正確な動きを!」

前回の宿題でもあった「みつばち」と「セレナーデより」で、
正確な音が出る場所を覚え、動きを身体に覚えさせた。

前回出された宿題で「毎日100回やりなさい!」
と言われた「みつばち」のパート、
♪ぶんぶんぶん ハチがとぶ
お池のまわりにのばらが咲いたよ…♪の、
♪お池のまわりにのばらが咲いたよ♪のパートを、
ゆっくりでも正確に音を出せるよう徹底させるべく努めた。

セレナーデでもゆっくり反復。

そして宿題にはなかったけれど、
「別れ」を弾けるようにしておこうと考え、
正確な動きに重点を置きつつ練習をしていた。


そして今日のレッスンの前も、「みつばち」、「セレナーデ」、
「別れ」を練習し、レッスンに臨んだ。

練習の甲斐あってか弾けるには弾けるけれど、
肝心な所で音がずれる。

師匠は「みつばち」を弾いている私を見た後、
♪お池のまわりにのばらが咲いたよ♪
のパートで弦を抑える指の動きを指摘。

「別れ」を弾いた後、改善へつなげる特訓方法を提案。

その提案して頂いた特訓方法をトライすると目からウロコ。
独学では絶対に気付くことのない上達方法だと理解する。

「さすが師匠!」と大手を振って喜びたいのだが、
その提案して頂いた特訓方法たるや、またまた筋トレよりも辛い。
レッスン始めたばかりの2月に味わった辛さとはまた違った辛さである。

しかしさらに幅広い動くができるようになるためには特訓しかない。

その特訓のほかに、感情こめて弾くため音の強弱を出すよう指示され、
コツの一つを教わり、さらにイ長調もレッスンに入ってきたんだ。

イ長調って???
そういうのも勉強せねば。

今後も「吐かせたろうシリーズ」では、
新たな課題の話と「がんばらねば!」
と言う話しか出てこないんだろうな…。

でも楽しいから良しとしよう。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
23:34  |  吐かせたろうをめざして  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/471-4f4c9a7f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |