2013.07.10 (Wed)

キャプテン・フランタ

キャプテン・フランタがライセンスを取得しすでに一年が過ぎた。
私は彼がライセンスを取得して3カ月後に同乗している。
彼にとって3人目の同乗者だ。

その後、キャプテン・フランタは月に二回は操縦していたそうだ。
そして先日久しぶりに誘われ、二度目の飛行に行ってきた。

格納庫に向かうキャプテンフランタと空港関係者。


今回乗る飛行機。


前回の飛行機とはまた違う。


操縦室。
さまざまな計器が並ぶ。


早速、離陸。


この日、もともと計画していた方面に雨雲があったため、予定を変更。


まず旋回後、一度、近所の空港に着陸。


ホームエアポートの滑走路は芝なのだが、ここはアスファルト。


そしてすぐ加速して離陸。


雨が多かったこともあり、緑が鮮やかだ。

と、キャプテン・フランタは言っていた。

時速は140~160kmほど。


前回もこのお城の上空を飛んだ。
ハーゼンブルク城。


揺れもなく快適なフライトである。


ドレスデン方面に延びる工事中の高速道路。
この道路は洪水の原因ともなった雨の被害を受けた。

工事中の道路にそった山が崩れ、
土砂が道路上に流れ込んでしまったのだ。

あぁ~これで工事もまた遅れる。

エルベ川沿いの町、ロヴォシツェが見えてきた。


この町には日系企業が工場を持っている。
「しっかり働いているか~。」
と声をかけても答えはない。
この日、チェコは祝日だったんだ。


遠くに山脈が見える。

次回天気の良い日はクルコノシェ山脈まで行こうとお誘いがあった。
それはとても楽しみなお誘いだ。


さあ、ホームエアポートに向けて着陸体制。


1時間ほどの空の旅。
楽しかった。

どなたか乗りたい人はいませんか?
キャプテン・フランタと空の旅をしませんか?
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
06:00  |  チェコネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/478-6acf2609

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |