2013.07.30 (Tue)

Vyšehrad ヴィシェフラド 2

ぐるりと城壁を回り、再び聖マルティン教会のあたりから歩き直す。
聖ペテロ・聖パウロ教会のほうへ進んでいくと、
公園の芝生の上に三本の石柱が寄り添うように立っているのを見つけることができる。


「悪魔の石」ないしは「悪魔の柱」と呼ばれている。

この石にまつわる伝説がある。
そのひとつを紹介しよう。

めちゃくちゃ信心深い司祭さんがおり、
全ての時間を教区を良くするのために費やしていた。

ある悪魔がその司祭について聞き知り、決意した。
「敬虔で信心深い者であればあるほど、
司祭の悪への心もより高い関心があるはずだ。
心を乗っ取ってやろう。」

ある日、司祭が近所の居酒屋のそばを歩いていると、
居酒屋にいた教区民から声をかけられた。
「ちょっと座らないか?」

司祭は断らずに居酒屋に腰を下ろした。
その居酒屋には悪魔がいるとも知らずに。

そして、カードゲームをしようと誘われた。

そのカードに悪魔が魔法をかけており、
司祭は前戦全勝。負けることを知らない。

完膚なきまでにやられた男は、「明日は打ちのめしてやる。」と、
翌日も司祭が居酒屋に来るよう誘そい、
完全勝利の司祭は明日も来ることを約束したのだ。

翌日、また悪魔はカードに魔法をか掛けており、
今度は司祭が負け続ける。
その司祭は、「次は取り戻すから、明日再選だ。」
とカードにはまっていく。

その後、司祭は勝つことはなく負け続け、
司祭は居酒屋にいた悪魔に助けを求めた。

悪魔は言う。
「よし、分かった。お前を助けてやろう。
ただし今日から3年だけだ。3年過ぎたらお前は地獄に落ちるのだ。
それでもいいか。」

藁にもすがりたい司祭は深く考えずに快諾してしまう。

しかし、そこから司祭の快進撃が始まり、カードでは向かうところ敵なし。
司祭の対戦相手は全て、ため息しか出てこなかった。

カードに熱中しすぎた司祭はミサもおろそかになり、
教会内はほこりにまみれ、蜘蛛の巣が張り巡らし、
さらにはミサ服を私服にする始末。
ミサに参加する信者もだんだんと教会から足が遠のいていく。

1年がたち、2年がたち、期限が近付いていることを知った司祭は、
悪魔と約束をしたちょうど3年目の朝、ミサが終わっても教会に残り、
聖ペトロに危機に陥っている自分を救ってもらうべく懇願した。

司祭を憐れんだ聖ペトロは、悪魔を呼んでくるようにと司祭に言う。

現れた悪魔に対し、聖ペトロはお願いをした。
「ローマのサンピエトロ寺院に立つ花崗岩の柱を運んできてくれないか。
司祭がヴィシェフラドの朝のミサを終わらせる前までに柱を運んできたら、
司祭は約束通り地獄に落ちるが、もし遅れた場合は司祭は地獄から救うが、どうだ?」

悪魔は「お安い御用。」と、声高らかに笑いながら、
真夜中の空を稲妻のごとくローマへ飛んでいった。

ローマに着いた悪魔は、どこの柱でも一緒だと考え、
サンピエトロ寺院の柱ではなく、ローマに入った一番最初の教会、
サンタマリア、トゥラステヴェレ教会の柱を引き抜き、
肩に担ぎ、再び稲妻のごとく飛んで帰る。

(ちなみに、サンタマリア、トゥラステヴェレ教会の列柱には柱が一本ないそうだ。)

聖ペトロとの約束ではない違う教会の柱を持ち帰る悪魔。
しかし、聖ペトロの目も節穴ではない。
すべてお見通しだ。

悪魔がヴェネチア上空を飛んでいる時に、
聖ぺトロは訝しげな顔をしながら、悪魔が担いでいる柱を海に落としてしまう。
柱は海の底深くまで沈み、悪魔は柱を拾い上げるのに手間がかかってしまった。
何とか海中から水面に柱を運び上げた悪魔だが、聖ペトロは再び柱を海に投げ落としてしまう。
3度同じことを繰り返す。

悪魔は柱を肩に担ぎ飛び立とうとした時、太陽が顔を出し始めた。
そしてヴィシェフラドにたどり着いたちょうどまさにその時、
教会での朝のミサが終了した。

悪魔は自分の敗北を知り、怒りにまかせ肩に担いでいた柱を地面に投げつけた。
その時、勢い余って柱が三本に折れてしまったのだ。

司祭はどうなったかというと、改心し、カードには二度と触れず、
居酒屋のまわりを歩いても、居酒屋ではなく違う場所を見ながら歩くようになったそうだ。



あくまでも伝説。
私たちからしたらとても都合のよい話。
信ずる者は…です。

この柱はマイルストーンではないかとも言われている。
プラハのどこからかの距離を示す柱だったのかもしれない。

「悪魔の柱」
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
13:34  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/485-44311f4b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |