2013.07.21 (Sun)

吐かせたろうをめざして レッスン15

レッスン14から少し間があいてしまったが、
本日7月20日レッスン15。

レッスンがあいていた間、プラハにいなかった日以外のほぼ毎日、
朝起きてからと帰宅してから「別れ」と「カントリーロード」を練習していた。
練習と言えるような練習だったか?
でも、プラハにいる時はほぼ毎日バイオリンを触り、音を奏でていたのは確かだ。

前回の宿題で「別れ」を暗譜しないといけなかったから、
まず曲の流れを覚え、一応は暗譜で弾けるようになった。
でも、ただ弾いているだけだ。
しっとりした別れ、感慨深い別れ、表現するのは本当に難しい。

カントリーロードも頭で覚えているメロディと楽譜のメロディが異なるため困惑し、
楽譜を見て指で音符を追いながらハミングでメロディの確認をとる。

♪どんな挫けそうな時だって
決して涙は見せないで
心なしか歩調が速くなっていく
思いで消すため♪

のパートを何度目で追っても読み取れず悪戦苦闘する。

YOUTUBEという便利なサイトで曲を聴き、楽譜を目で追い、リズムは覚えた。
しかし、弓のアップダウンの順番が楽譜に記されているのとは逆になったり、
楽譜の通り弾こうとするとリズムが狂ったりとで、困難極まりないのである。

今回のレッスン15では、
まず基本の全弓の練習で弓を持つ右手の親指をチェックし修正。

イ長調の音階練習と三拍子の練習。
この三拍子がまたなんか厄介。
ズンチャッチャッ、ズンチャッチャッで弾いているはずなのにバラバラ。
ズンチャッチャ、ズンチャッチャと尻切れになっているようだ。
練習練習だ。

そして「別れ」をお披露目。
一回目、
「そんなんじゃ別れられへん。行くなら早よ行けって感じです。」

二回目、
「ゆっくり引くのは大事だけど、
ただゆっくり引いているだけではしっとり感は伝わりません。」

三回目、
「その曲の一番高い音のパートが聴かせ所だから、
そのパートに向かってフォルテで!」

フォルテで弾くと弓がブレブレ。
弓をコントロールする技術がまだ未熟だからぶれるのだ。

そこで、弓を強く引いてもぶれないようにするための訓練方法を教授して頂く。
なるほど…

そして新しい曲に入った。
「雨だれ」チェコ民謡なんだとさ。


今度はしっとりとした「別れ」と異なり、
テンポよく歯切れよく、雨水のしずくがはじけるように弾く。
弓も大きい動きと細かい動きとを使い分けねばならない。

ここでも弓の動かし方のポイントを教授して頂く。
目からウロコ…

教授して頂いたポイントを今後日常的に練習していかねばならない。

そういえば、師匠は新しいバイオリンケースを買ってご満悦。
そしてそれを引っ提げて修行に出ていってしまう。
だから、次のレッスンまでしばらく間が空いてしまうけど、
私は私でそのポイントを押さえながら地道に練習しておかねば!

師匠がさらにレベルアップして帰ってくるころには、
私も少なからずともレベルアップしていないといけないぞ!

レッスン15
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
11:05  |  吐かせたろうをめざして  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■はじめまして

はじめまして。ヨシと申します。
9月にはじめてのプラハ旅行を計画しており、
色々検索しているうちに、こちらのブログに行き当たりました。

現地のリアルな情報がたくさん詰まっていてとてもワクワクしました!
大いに参考にさせていただきます。
これからも更新楽しみにしております。
ヨシ |  2013.07.24(水) 12:47 |  URL |  【コメント編集】

■Re: はじめまして

コメントありがとうございます。

9月はとてもいい季節です。
計画も練りに練って楽しい旅行を作ってください。
細矢 |  2013.07.26(金) 10:03 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/491-e4485565

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |