2013.08.30 (Fri)

吐かせたろうをめざして レッスン19

八月末日。
一週間あいてのレッスン。

先週宿題に出た「子供と子ぶた」の楽譜を見て試し弾きした際、感じた。
「やばっ、ムズイ!」

練習しても指の動きがぎこちなさ過ぎだし、弓の動きもデタラメである。
「これは、ヤバイ。」

私はより良く弾けるようにすべく、まずメロディの音階を暗記することにした。
ラシドレミミミララファ
ミドド シラシドラ…

そして指の動きを指達におぼえさせた。
0123000331
42210120…

さらに弓の動きを右手に覚えさせた。
↓スラー↑↓↑↓↑↓↑↓
↑↓↑↓スラー↑↓↑…

地下鉄で、トラムで、バスで、そして歩いている時も、トイレにいる時も、
音階を口ずさみながら、右手の指で弓の動きに合わせパンツをなぞりながら、
そして左手の指を順次に折りながら、カラダで覚えるようにした。

すると不思議なことにある程度弾けるようになった。
自分に感心し、あの有名な顔本という自分のページのカバー写真とプロフィール写真を、
「さも長くバイオリンをやってて結構な腕前ですよ!」
ばりの写真に変更したのだ。

あぁーおバカさん…。
「身の程をしれ!このタコ!」
と書くとタコに失礼だが、あっという間にボロがでた。

今日のレッスンで、まだレッスンが始まる前に、
師匠に意気揚揚と「子供と子ぶた」を弾いて見せた。

弾き終わると、すかさず師匠が言う。
「弦を抑える時、ゆっくりでいいから指だけを、
おいでおいでするように回してから弦を抑えてみて。」

「肘から手首は真っ直ぐに保って。」

「手のひらをネックに向けるように持って。」

「今はまだ音符をなぞっているだけ。音楽ではない。」

音符をなぞってるのみ…か…。
ぐうの音もでない。

それぞれに矯正が始まった。

おいでおいでの指の動きは指を柔軟にして柔らかく弦を抑えるため。

肘を真っ直ぐキープするのは各弦での指の位置を安定させるため。
手のひらもたぶん同じだと思う。
そう理解している。

でもそのお陰があって、各弦をつかみ易くなったし、
そこそこ安定して指の位置を保てるようになった。
そしてなによりも、左手のシステマチックな動き基本形を理解できた気がする。

他にも、子どもに教える時に使う方法だけど、
と前置きありで表現力アップ方も教わった。

「メロディに合わせてタイトルをイメージした歌詞を作って、
その歌詞をイメージしながら演奏する。」

確かに…。

充実したレッスンだった。

次回は弓の操作法を徹底的に改善していくことが宣言されている。

レッスン後、最後の部分は師匠の受け売りだけど歌詞を考えた。

♪子ぶたのマリちゃん遊びましょ
今日は遊べない

子ぶたのマリちゃん遊びましょ
今日も遊べない

いじけちゃうよ すねちゃうよ
早く遊びましょ

子ぶたのマリちゃん遊びましょ
今日は屠殺場♪

世界中のマリちゃんに深謝。
m(__)m

吐かせたろうをめざして。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
21:10  |  吐かせたろうをめざして  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/508-53cb8ad6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |