2014.01.10 (Fri)

吐かせたろうをめざして レッスン25

2014年も吐かせたろうを目指す私です。

本日1月11日、2014年最初のレッスン。
1並びの日に最初のレッスンなんて…
なんか縁起がいいね~。

「そうね~、曲でもひこうかね~?」
「弾きね~弾きね~曲弾きね~!」
と師匠は言わなかったけれど…

昨年最後のレッスンから今日までに仕事の合間を縫って、
せねばならない練習をせず、好き勝手に自分なりに耳コピし、
なんとな~く弾いていた曲を披露してみた。

・キューティーハニー
・魔女っ子メグちゃん
・春よ、来い
の3曲。

キューティーハニーは倖田來未が歌っているから師匠も知っていたようで、
弾き始めたら師匠の触手もピクッっと動いてたみたいだけれど、
魔女っ子メグちゃんには全くの無反応だったので驚いた。

私の演奏が下手だから、魔女っ子メグちゃんに聞こえないのかな?と思い、
ジェネレーションギャップを確認する事になるかもしれないと不安を抱きつつも、
♪男だなんて~思おったら!大間違いよ~女の子♪
と歌ってみたらやっぱり知らなかった。

でも実際の歌詞は、
♪子供だなんて~思おったら!大間違いよ~女の子♪
だったんだね。
それにしても…
そんな歌詞の違いには関係なく師匠はメグちゃんを知らなかった。

でもさ、キューティーハニーも魔女っ子メグちゃんも実にカッコイイ曲だよね。

そして、春よ、来い。
これはユーミンの曲だ。
この曲は師匠にも思い入れがあったようで、
チラッっと弾いたら食らいついてきた。

私の感触ではA線のシから始めたほうが弾き易かったのでそれで弾き、
♪は~る~よ~まだ見ぬ春~♪の、
一番盛り上がる部分もその延長で弾いていたら、
それを聴いた師匠が同じように弾くと、私のそれとは全く違っていた。

もちろん違うのは承知。

でも、注意深く師匠の演奏を見ていると、
その最も盛り上がるそのパートは、
ファーストポジションではなくサードポジションだったのだ。

だから私もサードポジションで試してみた。
しかし、ポジションチェンジは難しいし、良い音が出ないから苦労していると、
師匠はなに~げなく、「じゃあこの音から始めてみたら…」と言い、D線のファから弾き始めた。

♪淡きひかり立つにわか雨~♪

そこから始めるとなんだっけ、♪ひかり立つにわか雨♪のツとメで、それぞれソとドのシャープ?シャープだったよね?
それが出てきて、そのために、弦をうまく抑えられなくなる。

師匠は何気なく言う。
「この音はラルゴで必要だからね…」

その言葉を聞いた私は、師匠の言葉の真意が以下のようだと推測した。
「春よ来いは実際D線からは始まらないけれど、
D線から始めれば途中、ラルゴで必要な音が出てきて、
ダメ弟子のためのラルゴの練習になることは間違いない!だから、これを使って指慣らしさせよう。」と…。
まず間違いないと思う。
さすがだ。

だって、レッスン後、youtubeでユーミンの動画を見たら、
私の耳コピが正しいかどうかはわからないけれど、
ユーミンの歌い始めの音はA線開放弦ラ
から始まると分かったからだ。
多分、当たっているはずだ。
どうだろう???

でもラルゴに必要ならば練習せねば!
そこからイ長調の抑え方の練習をし、
どうすれば正確な音を取り易いかのヒントを受け試すも、弦を抑える左手が旨く開かない。
特に中指と薬指の開きが悪すぎ、苛立つ。

すでに今日のレッスンでは、右手首の柔軟性でも出来なさ過ぎて苛立っていたし、
レッスン最後に「狩人の合唱」なんて言う曲が登場し、余りにも弾けず苛立った。
初回からショックショーであったのだ。

まだまだ先は長い!
いつかは演奏会と思いつつも、地道に練習していかなければ!

吐かせたろうはまだ遠い。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
23:23  |  吐かせたろうをめざして  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/578-05bb3f5d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |