2014.01.23 (Thu)

プラハを探す 砂利箱

暖冬…である。
嬉しいけれど寂しい。
仕事がら外を歩いていることがほとんどなので、
しんしんと冷える外を歩かなくて良いのはありがたいことだけれど、
寒くないプラハはなんかプラハらしくない。
もちろん寒かったら寒かったで文句を言うことは間違いないけれど、
やはりプラハの冬は寒くないと越冬している気がしない。

ひゅーるりーひゅーるりららーと越冬するのではなく、
ぶーるりーぶーるりーららーと震えながら越冬しないと気分がでないのである。

初めてチェコで越冬するみなさん、チェコ冬はこんなんではないのですよ。
と忠告をしておきます。

暖冬なだけに雪もない。
もともと降雪量は少ないプラハだけれど、
雪化粧のプラハを見れないのもなんだか寂しい。
雪の結晶がそのまま舞い降り、感動を覚えることもあるのだ。
もちろん降ったら降ったで雪掻きをせねばならぬから生活面では厄介な代物なのだが、
美的面で考えると雪化粧でないプラハの冬はなんだか残念である。

雪が降ると、そう、滑る。
毎年ツアー客から骨折者が出るという話も聞く。
4年前私のお客さんは滑って地面に両手を付き、
そのまま両手を骨折した。
最悪である。

市では雪が降ると滑り止めとして砂利や砂をまく。
だから冬になるとこんな箱が街中に設置される。
砂利が入っているのだ。


今年は使う機会があるかな?という思いで、こんなネタ書いたら雪が降った。


あちゃ。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
00:24  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/580-e2131f01

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |