2014.06.12 (Thu)

ドイツで食べよう ホワイトアスパラ

お隣ドイツ、春の味覚はシュパーゲル。
チェコではちょっと品のよろしいレストランにしかないけれど、
ドイツでは春になると、スーパーでも山積みされるし、
ドイツ料理屋に行ったらシーズン料理として大抵の店でおいている。
シュパーゲル・・・。
アスパラガスのことだ。
しかも緑ではなく白。

シュパーゲルが登場すると「春が来た!ほほほい!」と、
ドイツ人も大喜びなのだそうだ。
今月までがシーズンである。

シュパーゲルクリームスープ。


茹でシュパーゲル。


茹でシュパーゲルを付け合わせとしてシュニツェルや魚のフライを食べている人もいる。
私は純粋にシュパーゲルだけにした。
溶かしたバターかオランデーズソースで食べる。
オランデーズソースはバターと卵黄を使って作ったソース。
でもね・・・わたし思ったのだけれど・・・
しょう油マヨネーズで食べるのが最高だ・・・。

まだ間に合う。
ドイツに行ったらシュパーゲルを食べよう。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
15:56  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

*Comment

こんばんわー,じゃないな,そっちはこんにちわー,ですね♪
ドイツの市場で見た,山積みのシュパーゲルを思い出しました.
あたしは,水牛のモッツァレラと一緒にいただいたような…
けど,たしかに,しょうゆマヨが合うかもしれないですね♪
Eriko |  2014.06.13(金) 13:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/637-badd375a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |