FC2ブログ

2014.08.28 (Thu)

新たな拷問博物館

なぜに欧州人はこんなに好きなのであろうか…?

拷問…。

チェスキークルムロフにまた新たな拷問博物館がオープンしていた。


その博物館はお城の敷地内にあるのだが、あまりツーリストは歩かない場所にひっそりとオープンしているために、なかなか探しにくいかもだけれど、私は前々から「ここの場所にできるのは何か?」と興味があったのだ。
が、まさかに拷問博物館になるとはね…。


ヨーロッパ最大の展示だそうだ。
マジかな?
騙されても良いから中に入ってみた。
入場料は60コルナ。


城の石像博物館も兼ねているようで、石像がいろんな拷問道具に埋まる感じで並んでいる。
拷問道具を見ていると、「芸術品か!」と思わせる立派な牛の置物が牛的仁王立ちで展示されていた。


しかし、タイトルは愚かな牛。
胴体に蓋があり、そこに罪人を入れる拷問道具のようだ。


他にはドリルとかペンチみたいなやつや万力みたいなやつ。
さらに…


辱めの靴


辱めのマスク


スペインのブーツ


辱めのマスクたち


通路を進む。


トゲトゲ閉じ込め箱


トゲトゲの椅子


他にもいろんな道具があった。
でもヨーロッパ最大というのは…
正直違うんじゃないかなと思う。
2展示室しかなかったし…。


拷問博物館。


いつ見ても痛そうだ。
関連記事
スポンサーサイト



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
17:35  |  チェスクロ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/663-7cca3024

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |