2014.09.30 (Tue)

プラハを探す トロヤ城のメインホールの天井画

プラハの中心地からだと北。
カレル橋の下を流れたヴルタヴァ川がグニャッと曲がって東へ流れ、
その後、Uターンのごとくグルゥゥ~っと弧を描いて流れが西向きに変わり、
で、また90度曲がって北に行くぞ!って辺りの川沿いにバロックの城が建つ。


城の名はトロヤ城。
もともと普通の村で、あんまり有名でない貴族のアルジュベタ・ポリクセナ・デンブリンスカーが、
羊小屋とかトロイ戦争のモチーフの装飾がある館を持っていた。
1669年、デンブリンスカーさんは破格の値段でシュテルンベルク家に売却し、
1678年、ヴァーツラフ・ヴォイチェフ・シュテルンベルクが夏の居城として建てた。

今は美術館になっているのだけれど、メインホールの天井フレスコ画が圧倒される。
テーマはハプスブルグ家の「ウィーン近郊でのトルコ軍への勝利」で、
1683年にトルコ軍によってウィーンが包囲された、
いわゆる「第2次ウィーン包囲」でのハプスブルグ家の勝利についての絵である。
絵の内容については当ホールに行くと説明書きがあるので、
それを読んで理解してもらことにして、ここではご案内しない。
なぜなら、今回はもっと子供騙し的な事をお伝えしたかったからだ。

このフレスコ画は天井に描かれているのだが、
ホールに入ったら真上ではなく、壁よりのフレスコ画を見ながら歩いてみよう。


天井は船底を逆さまにした変形丸天井だから・・・
描かれている柱が曲がっているではないか!


ホールの中央に来ると柱は直立している。


そしてゆっくり進んで行くと…


また柱が曲がり始めた!


グニャ。
なんか気持ち悪くなってきた。


って、こんな子供騙しでした。
機会があったら見てみてくださいな。

近くにはプラハ動物園もありますよ~。
関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
10:31  |  プラハを探す  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/676-60ac508c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |