FC2ブログ

2015.01.30 (Fri)

bauhaus

バウハウスに行って来た。
去年の話である。
バウハウスと言ってもホームセンターではない。
1919年にドイツのワイマールに設立された美術・建築学校のバウハウスだ。
近代建築4巨匠に上げられるグロピウスが設立し初代校長になった。
ちなみに他の3人はライト、コルビュジェ、ローエである。
しかし、ワイマール校ではなくデッサウという町にある学校の方に行ったのだ。
バウハウスワイマール校は1925年にデッサウに移転し、
その校舎はモダニズム建築の代表作として世界中に紹介されている。


グロビウスはソ連(当時)からカンディンスキー、ハンガリーからラースロらを招聘した。
彼らは.時代の流れもあったであろうが、構成主義、合理主義、機能主義を提唱していたため、
バウハウスの教育方針も自然、それらの主義に傾いて行った。
学校のそばの通りはバウハウス通りだった。


合理主義、機能主義。
余計な物はいらない。
兎に角、機能性を追求している。
2代目の校長になったマイヤーは公然と共産主義者を語っていた。
1930年にマイヤーは解任され、ミース・ファン・デル・ローエが校長に就任する。
近代建築4巨匠のひとりのローエである。
チェコのブルノにモダニズム建築の住宅を設計した男だ。
トゥーゲンハット邸である。
ローエは政治色は継続しなかったが、
教育理念は引き続きマイヤー時代の理念を踏襲した。
このデッサウ校も1932年にベルリンに移転している。
しかし、バウハウスは1933年にナチスによって閉校させられてしまった。


デッサウ校の教授陣たちの家が建つ区域。


ロシア人のカンディンスキー、ハンガリー人のラースロ、マイヤーは共産主義者、
ローエはブルノにトゥーゲンハット邸を設計…。
なんだか、こっち側だなと思った。
のちに始まった東西冷戦時の東側だなと。
だからなのだろうか。
初めて見たはずなのに全く新鮮味がない。
プラハで見たことあるな。
チェコにも普通にあるな。
…と感じた。


特にインテリアだ。
私が今まで思っていた、「なんか昔だな。」と思っていたインテリア、
「これが共産チックなのだろうな。」と考えていたあのデザイン、
それら現存するインテリアはチェコスロヴァキア共産主義時代に造られたものではなく、
機能主義が主流だったバウハウス時代に造られた物がいまだに残り、使われているのか。
棚、机、椅子・・・
どうなのだろうか。


建物全体はシンプルでスッキリし、空間が多すぎる感はある。
好みは分かれるかもしれない。
でもシンプル・イズ・ザ・ベストだと思っている私には好きなデザインなのである。


エルベ川に出た。


川沿いには当時の機能主義デザインのレストランが残っている。


写真では分からないかもしれないが、
レストランから見えるエルベ川は大きく迂曲していて、初めて見ると息をのむ光景だ。
シンプルな建物の中からシンプルではない物を見るギャップが良い。


ここでサンデーを食べたが、サンデーも機能的デザインではなかった。


機能的。
建物の外観デザインはスッキリしすぎているけれど、
インテリアのデザインはやっぱり好きだなぁ。
広く、明るい空間。
なんか清潔感のある空間だ。


本来もっと難しくバウハウスの事を書こうと思っていたのだが、
デザイン、インテリア、建築を専門に勉強していなもんで書けんかった。
バウハウスについてもっと知りたい方は、
http://bauhaushistory.jimdo.com/さんのページへジャンプ!
と、勝手に紹介してしまいました。
関連記事
スポンサーサイト



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
14:49  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/709-582f2cb7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |