FC2ブログ

2015.01.19 (Mon)

4泊5日オーストリアと少しドイツの旅 1

日本から旅行社で働いている旅行者がプラハに来た。
プラハでは会う時間はなかったけれど、
プラハ滞在の後にオーストリアを巡ると約束していたので行程を考えた。
日程は4泊5日である。
旅行社の旅行者はメルクとザルツブルグ、ザルツカンマーグートは外せないと言う。
私は過去に一度だけ行ったことのあるインスブルックに行きたい。
それならば、こんなのはどうだろう。
プラハ–メルク–ザルツブルグ–ザルツカンマーグート–インスブルック–ミュンヘン
相談した結果、移動に無駄もなく、
そこまで長時間移動もないのでこのルートに決まった。

1月12日AM10:30、ちょっと遅めの出発。
プラハから直接メルクに行くのは初めてだったので、
国境を越えた後に走る道も新鮮だった。
オーストリアに入りしばらく走ると、木々が落葉樹から針葉樹に変わり、
チェコ移動中ではあまり見かけなかった雪も残っている。
坂を登った記憶はないのだが標高が高いのかと訝しがっていると突然、
日光のいろは坂ほどカーブ数は多くないが、それに近いクネクネ山道が現れた。
「オイオイマジか…。」
プランを立てている時にロードマップで下見もしておらず、
心の準備もないまま突如そんな道が現れたものだからかなり焦った。
目的地のメルクがバッハウ渓谷にあるので山を下ることは知っていたのに…。
山の斜面に作られ、一部雪の残るそのクネクネ山道を慎重に下って行く。
その坂道を下りきるとメルクまではもうすぐだ。
つまり渓谷を下って来た事になる。
運転中だったため撮影できず、写真でお伝えできないのが残念でならないが、
Myまた通ってみたい道にランクインした。

メルクはドナウ河沿いに建つ修道院で有名だ。
メルク修道院である。


歴史的な案内などはネットでチャチャっと調べられるので、
いちいちここでは書かないが、見所は綺麗な図書館である。
しかしながら、今回も入場時間が過ぎてしまっていたため中を見れなかった。
今回で3回目のメルク修道院訪問になるのに、まだその図書館を見ていない。
縁がないのかもしれない。


外観だけを見て、修道院の下にある町を歩く。
ヤンネポが洪水から町を守るべく立っていた。
プラハのカレル橋から投げ捨てられた御仁である。


ドナウ河沿いに立ち、下から修道院を見上げる。
壁に夕陽があたりテレジアンイエローが映える。


図書館にはいつかは入れるだろうから本日の宿泊地へ移動。
宿泊地はザルツブルグだ。。


つづく

関連記事
スポンサーサイト



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
00:32  |  オーストリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/725-2dbc3d4e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |