FC2ブログ

2015.01.20 (Tue)

4泊5日オーストリアと少しドイツの旅 3-A

ザルツカンマーグート観光に時間が掛かり過ぎ、
ザルツブルクに到着したら間も無く暗くなってきた。
冬は日没も早いため明るいうちに行動できる時間が短いのが残念だが、
冬至時期と比べればだいぶ日も長くなってきたからまあ良しとするしかない。

ザルツブルクと言う街名の意味は超が付くほど有名だから、
ここであえて紹介するほどの事ではないけれど一応紹介しておこう。
「塩の城」という意味である。
昔から岩塩で栄えた街なのである。
そしてモーツァルトが産まれた街であることも超が付くほど有名な話だ。
さらにレッドブルの街であることも超は付かないけれど有名だ。


街を歩くとここにもヤンネポがいる。


ザルツァッハ川に架かるシュターツ橋を旧市街から対岸に渡っていると、
対岸の建物の最上階にレストランらしき明かりを見つけた。
その建物に向かってみるとそれはホテルで、
入口には19ユーロビュッフェの看板があった。
フロントに確認するとやはり最上階はレストランで、
様子見だけでもOKだと言うのでエレベーターで最上階まで進んだ。
旅行社の旅行者がビュッフェの内容をチェックしている間に私は夜景の撮影。
想像通り綺麗な景色が見えたが、結局ここのレストランでは食事を取らなかった。


翌朝、ホーエンザルツブルクにケーブルカーで登りパノラマを望んだ。
山サイド。


街サイド。


ホーエンザルツブルク城は1077年に建築が始まり、何度も増改装が繰り返されたが、
最も大規模に改築した大司教の紋章には野菜のカブが入っていたため、
現在でも砦を探すとカブ入りの紋章が見つかる。


最後にお塩を買った。
試食をしたがガーリック入り塩がやばいぐらい美味しい。


さあインスブルックに移動だ。

つづく

関連記事
スポンサーサイト



メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
19:18  |  オーストリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/728-723bf79b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |