2015.02.08 (Sun)

ZIMA ズィマ 寒

2月8日日曜日朝5:30。
窓の外では吹き付ける風の音の中に混じる物音。
雨?
まさか、こんな寒いのに。
雨の降る寒さではないのだ。
窓の外を見る。
吹雪!
イェジシ!

7:04のバスに乗る。
強風なれど降雪なし。
7:30、グループが宿泊しているホテルに着く。
今日は35名参加の北海道のグループだ。
添乗員さんとの打ち合わせ中、確認するかのように尋ねた。
「北海道だから寒さは平気でしょう。」
すると添乗員さんは言う。
「実は北海道の人は寒さに弱いんですよ。」
へ~っ、面白いことを聞いた。

8:00、観光スタート。
ホテルを出発し、大型バスでプラハ城へ向かう。
中心地に近づくにつれ厚い雲が空を覆っていく。
朝霧も出ており外は真っ白で車窓からの景色は全く見えない。
川沿いから見えるはずのカレル橋も見えないのだ。

プラハ城に到着。
バスを降りると外は吹雪。
プラハ城は風の通り道なので他の場所よりも寒く感じるのに、
強風だけでなくさらに吹雪だなんて。
イェジシ!


吹雪の中、コートの襟を立て、下を向き、口を一文字に歩くグループ。
風をよける場所もなく、立ち止まって案内をすることもできない。
いや、私は立ち止まって案内しても良いけれど、
吹雪に打たれ案内を聞いているお客さん達の顔がこう物語っているのだ。
「ねっ、後生だから早く行きましょう。」
そりゃそうだ。

8:50、プラハ城東門に到着。
雲が流れ快晴。
お客さんの顔にも笑顔が見えてくる。
「よっ、青空!」である。


そのままカレル橋へ移動。
カレル橋上で吹雪れては最悪だったが、ラッキーなことに快晴が保たれた。
しかも風もない。


カレル橋を渡り切り旧市街に入ったのが9:45。
多少迷路のようなカルロヴァ通りを歩き、
旧市街広場に到着したのが10時2~3分前。
11時のからくり時計を見る予定だったのに、吹雪の影響で進行も早く、
想定外で10時のからくり時計を見る事ができた。
からくり時計が終わって15分後ぐらいか、また突然の吹雪。
超イェジシ。


しかしその5分後。
雲は流れ、「よっ、青空!」である。


なんだかなぁ。
変な天気でズィマだった。
ディヴニーポチャシーで寒かった。
ZIMA・・・
チェコ語では「寒い」も「冬」もZIMAって言うんだ。

20:00の旧市街広場。


とにかく今日はズィマだったんだよ。


関連記事
スポンサーサイト
メガネカメラ秋葉原/ウォルマートカード/ハピタス/●link/
23:05  |  くだらないけど・・・の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gambrinus.blog45.fc2.com/tb.php/735-12016dd8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |